IMG_8363-1
3年はあっという間だよ。

とは言うけれど、

本当に風のように過ぎ去った3年間。








入学前からやらかして、猛ダッシュした日のこと。

おかげで人一倍お高い制服を買うハメになったこと。

ギリギリに到着した制服に初めて袖を通した日のこと。

大きくなることを想定して買った制服が今でも大きいこと。

全然かわいくも何ともなかったけど、忘れられない思い出を生んだ魔性の紺プリ。



制服一枚だって、思い出いっぱい。
IMG_8362-1
人数は違えど、あたしもひなをも育ててくれた学び舎。

奇遇にもあたしが20数年前にお世話になった教室をひなが使い、

奇遇にも同じ席を使っていたこと。



実は、あの席の下には5cmほどの傷があって、

それは、20数年前のあたしが残した傷で、

奇跡的にもその傷がまだ残ってたこと。



ごめんなさい。

あれは20数年前のあたしが彫刻刀でつけた、

「傷」ではなく「彫った跡」だったり。

(だって細野先生が記念に彫っとけって)
IMG_8360-1
ちょうどいい」を想定して入った初めての部活のこと。

「ちょうどいい」予定の部活は、早出、残業、休日出勤、ブラック中のブラックだったこと。

「全然ちょうどよくねえ。」と文句を垂れながら作り続けた弁当のこと。

雨も日も負けず、風の日も負けず、雪の日にも負けなかったけど、実力社会には負けたこと。

それでも、文句を言わずに通い続け、最後のコンクールには出場できたこと。

結果が残せなくても満足そうだったあの日のこと。

そして、引退前の演奏会で小さなソロを奏でたこと。

嬉しくて、最前列でわんわん泣いて、もう来ないで。って言われたあの日のこと。



平成の「月月火水木金金」とも言われた部活だったけど、

中学校の思い出ほとんどが部活だったこと。



あたしもひなもたくさんのことを学んだ吹奏楽部。

これは一生忘れられない思い出。(特に紺プリの件)
IMG_8361-1
ありがとう、中学校。

ひなにとってはもちろんのこと、

あたし達、親にとっても、小学校とは違ったものを学ばせてくれた3年間。

あたしの中では、小学校より身近に感じられた中学生活だった。








3年という思い出を刻んだ中学校最後の日。
IMG_8363-1
ひな、中学校卒業しました!










ご清聴ありがとうございます。

卒業おめでとう!のお祝いはこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






あとは明後日の頂に挑むのみ・・・!













\リアルタイムで更新情報が届きます/