IMG_1114-1
肉ひもかわうどん・茄子のコチュジャン炒め・ニラとごぼ天の卵とじ・いか大根・卵豆腐









昨日の晩ごはんは。
IMG_1129-1
/ひもかわうどん\



今年は例年に比べて気温も高く、

なかなか秋がこないな~。なーんて思ってたのに、

いきなり秋が来たかと思えば、秋を通り越したような寒さがやってきて。

ノースリーブはおろか、長袖でも寒くて、

毛布かけて布団までかけて寒さを凌いだ昨日。




なんかもう、いろんな意味で焦ったよね。

あたしなんて、タイヤ交換したばっかりなのに。

この日に。

え。
IMG_1137-1
よって、晩ごはんはほかほかのひもかわうどん。



茹でたてのペラッペラ~な一反木綿を、

ほっかほかのかつお出汁に浮かべて。





お肉、どーん。
IMG_1118-1
肉のレシピはここ→肉うどんの肉





うちの一反木綿↓↓↓

ザルでもかけでもウマイ。







ひもかわうどんって、見てのとーり、一本がすごい太いんだけど、

昨日、ふと、乾麺1本何グラムぐらいあるんだろうなって思って、

計ってみたら、8gだった。
IMG_1135-1
大抵、1人100gぐらいが一食分の量だと思うんだけど、

1本8gを一食に100g食べるとしたら、

ひもかわうどんは12.5本しか食べれないワケで、

12回半しかすすれないのか。と、思ったら、

ものすごい貴重なものに思えてきて。



思わず、一本一本を大切に食べたわ。

ぎゅっと噛みしめて。








そんなひもかわうどんに添えた薬味たち。
IMG_1124-1
ネギと七味、そして、揚げ玉の三種の神器。





薬味なので、

「お好みに合わせて好きなだけのせてくださいませ。」の、

スタイルなのだけれど。
IMG_1142-1
もちろん、全部のっけ。





揚げ玉はがふっと。

ネギはもさっと。

七味はどさっと。
IMG_1143-1
サクサク。(揚げ玉)

ペラペラ。(ひもかわ)



あー、超うっまい。








そして、麺ご飯の時は、他のおかずをどうするか、毎度、すっごい迷うんだけど。

実際、麺ご飯の日は、おかずがなくとも主食はすすむワケで、

「かけ」ならともかく、肉までのってる麺なワケで、

ここで主食+主菜の役割も果たしているワケで、

絶対なくてもいいよネ!

って思うのに、

心のどこかでおかずが必要だと思う自分もいる。





よって、ちょいちょい盛りのおかず達。

これはいか大根。
IMG_1122-1
まぁ、なんだ。

朝ご飯の残り的な。





これは、ニラとごぼ天の卵とじ。
IMG_1123-1
まぁ、そうだ。

昼ご飯の残り的な。





これは、卵豆腐。
IMG_1121-1
まぁ、あれだ。

パックからスライド的な。





うん。

冷蔵庫にあったものを出しただけのちょいちょいおかず達なんだけど、

これは違うよ。

これはちゃんと炒めてるよ!
IMG_1140-1
茄子のコチュジャン炒め。



こちらは、まぎれもなく、晩ごはん前にあたしが炒めた茄子となります。

なんか、残り物ばっかりじゃ悪いかなって思って。










と、若干の気づかいを見せた、茄子炒めをすべて残された時。
IMG_1134-2
二度と作るか。って思いました。












で。












例えば。

治療中の病気があったとして、

それは毎月、経過を診せに病院へ行かねばならないのだけれど、

病院の診療時間は平日の9:00~17:30だし、

日曜・祝日はお休み。

そら、しょうがない。

誰にだって休日が必要なように、先生だって休日は必要。



だけれども、

人の体というものは、実に巧妙にできていて、

こちらの希望通りにコトが進むワケではないし、

具合の悪さに待ったはないワケで、

例えば、連休中に「あ、ちょっとヤバイ感じ・・・?」と、なることもあれば、

それが予想以上に一気に悪くなることもあるワケです。



そういう場合は救急を利用するのも手なのだけれど、

救急で完全に診てもらえるかって言われたら、

やっぱりそうではないし、

救急はあくまで救急であって、緊急を要するものにのみ、応急処置をしてくれるもの。

完全な治療には至らないけれど、

そら、しょうがないよね。

だって救急だもの。



例えば、個人的には救急を要するけど、救急ではどうにもできない場合なんかは、

処方された痛み止めを飲みつつ、

ひたすら休日があけるのを待ち、

火曜日の朝は、光の速度で行きつけの病院に電話をするのだけれど、

予約をしようと思っても、予約がいっぱいだった時は、

とりあえず、受付に電話をして、事情を話してみるよね。

例えば、ね。



一応、そこの病院にかかっている旨を伝え、

治療中の病気があることも伝え、

こういう場合は「はやく来い」と言われている旨も伝え、

1から100まですべて説明してみるけど、

「本日は予約がいっぱいなので。」

と、言われたら、すこし悲しい気分にはなるけど、

個人的に緊急性を要する場合は、もうちょっと頑張ってみるよね。



いや、それが他の病院でどうにかできるものなら、どうにかするのも手だと思うけど、

まずは「検査」となると、

その検査結果がでるのに一週間はかかるワケで、

そうなると、結局は応急処置しかしてもらえないワケで、

もう、こちらとて痛み止めは間に合っているワケで、

必要なのは治療なんです。

治療。



例えば、そんな状況に陥った時、

頼るべきは、行きつけの病院しかないワケで、

すがるべきは、行きつけの病院の先生と受付のお姉さんなワケで、

必死に懇願して、本気で涙とか出ちゃってるのに、

「本日は予約がいっぱいなので、明日の朝9:00にお越しくださいっ!」

って言われたら、

こちらとしても、もう、出せるカードがないワケで、

さらに一晩耐え、水曜日の朝を待つよね。

枕を濡らして。





そして、きたる水曜日の朝。

ようやくお会いできた先生に、









「もっと早く来ないとダメだから!」










って怒られた時。





「すみませんでした。」





と謝る自分が世界一腑に落ちなかった。









ご清聴ありがとうございます。

それは腑に落ちない。と、思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






例えば、の話です。

例えば。












\リアルタイムで更新情報が届きます/