毎年恒例の盆旅行記をUPしてます。

どうでもいいような我が家の旅にお付き合いくださり、ありがとうございます。



美味しいアレコレと、おすすめスポット、旅に来てまで喧嘩したアホ話等々、

長い語りとなりますが、ゆる~くお付き合いいただけますと幸いです。



その①がまだの方はこちらから→盆の旅①~出発までの道のり~

その②がまだの方はこちらから→盆の旅②~那須どうぶつ王国でみる世界一のペンギン達~

その③がまだの方はこちらから→盆の旅③~那須どうぶつ王国でみる世界一かわいい犬~

その④がまだの方はこちらから→盆の旅④~これがお肉の生きる道~

その⑤がまだの方はこちらから→盆の旅⑤~喧嘩のタネはこうしてできるのです~

個人的には、その②のペンギンとその④の替え歌を見て欲しい。












さて、さて。

どうぶつ王国を後にし、

あたし達は温泉を探すべく、那須塩原方面へと車を走らせることに。





あたし「じゃあ、温泉方面に向かうから、さぶろー山はあいふぉーんで温泉を探して。

ついでにあたし、行きたい雑貨屋さんがあるから、そこに寄って行くね。」





さぶろー山「りょうかーい!」





5分ほど車を走らせた頃かな。





ひな「あれ・・・?カピパラの湯は・・・?」





と、ひなが口を開いた。





あたし「ああ、カピパラの湯ね。最初はそこに行こうと思ってたんだけど、パパが他の温泉がいいみたいで。

他のところにしたんだー。」





ひな「ええっ?!」





と、声を荒げるひな。

その声を聞いて、「これは、マジでカピパラの湯に行きたかったパターンか・・・?」とも思ったけれど、

車はすでに走っている。

そしてあたしは運転中である。





さぶろー山「パパ、あんまり具合良くなくて。ゆっくりどっぷり入れる温泉に行きたいんだー。」





と、さぶろー山が説明をするもものの、





ひな「えー・・・・・・・・・」





一瞬にして重くなる車内の空気。
IMG_9381-1
あのね。

あたし、O型なの。

それも、半分B交じりのO型だから、

適当に輪をかけたような適当人間。

何をするにもこだわりがなく、何に縛られることもなく、「根に持つ」という意味すら分からない残念な人。

ただ、言い換えれば、大抵のことは難なく受け入れられるし、大抵のことは一晩で忘れられる。

なんなら、3分で忘れるときもある。

そして、気は人より長め。



でもね。

さぶろー山、A型なの。

体の面積は広めだけど、どちらかと言えばケツの穴が小さいというか、器が狭いというか、

少しのこともうじうじ悩んで、それもいつまでもうじうじ悩んで、度量が狭いというか、

もう、いつのことを悩んでるんですか?ってくらい悩んじゃうタイプ。

まぁ、悩むくらいいろんなことを考えてくれてるんだろうけど、

そこ、あたしとは一生相容れないよね。

そのうえ、気は短め。ティファールも負ける瞬間湯沸かし器。そして強情。頑固。いこじ。



で、うちの一番娘については、

血液検査をしたことがないので、未だ血液不明なんだけど、

どちらかと言えば、ちょっとのことでうじうじするうえ、

一度うじうじしたものは一晩寝ても忘れないし、二晩寝ても忘れないし、

なんなら「いつの話してんの?」ってくらい根に持つタイプ。

悔しいけれど、そんなところがさぶろー山にそっくりで、

血液検査をせずとも分かる、まごうことなき、A型。(強情、頑固、いこじ付タイプのうえ思春期付)
IMG_9381-1
よって我が家は、

「何も考えないただのバカ&瞬間湯沸かし器&うじうじ悩みたいお年頃」

で、形成されているのだけれど。





ひな「ひな・・・カピパラの湯に行きたかったのに・・・・・・・・・・」





親のあたしから見ても、ひなのうじうじは、結構と、くどい。

さぶろー山なんか同じタイプなんだから分かってやればいいものを、

瞬間湯沸かし器という運命を背負っているがゆえ、

ひなのうじうじに耐えられず、さぶろー山がキレ、そして喧嘩になるパターンが多いワケです。





ひな「あーあ・・・・・・・」





とは言え、こちらとて、旅に来てまで喧嘩なぞしたいワケがない。





あたし「でも、本物の温泉だよ。ひなの大好きな硫黄の匂いとぬめぬめお湯でゆったりコースだよ~!」





母さん、精一杯、頑張ります。





あたし「それに、温泉の途中にジェラート屋さんがあるみたいだから、そこに寄ってから行こうか!」





精一杯、機嫌も取ります。





あたし「しかも、そこのジェラート、何十種類もあるんだって!

きっと、見たことも食べたこともないようなジェラートがあるよ~♡」




ホント、必死。





あたし「どんなのがあるんだろうなぁ。定番チョコミントはもちろんあるだろうけど、何十種類もあるからなぁ。

パピコ風ジェラートとか、赤城ブラックバー風ジェラートとかあるかもしれないね!」




マジで、必死。





あたし「ママはチョコミントにしよっかなぁ。でも、夏だしなぁ。ソルベも捨てがたいし、那須のジャージー牛乳も味わっておきたいよねー。」





ぶっちゃけ。

チョコよりソルベよりジャージーより、



お前たちの機嫌だよ。



聞いてっか、オイ。







ひな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





さぶろー山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」






ハイ、聞いていません。
IMG_9379-1
道中、一人でしゃべり倒し、

やってきたのは「ロッシ」さん。





那須ICより車で10分の場所にある、雑貨とジェラートのお店。
IMG_9380-1
どうぶつ王国のほうじゃなく、あたし達が「いかにも那須」と呼ぶ道路の近くにあるんですけど、

まぁ、すぐに分かると思います。

グーグル先生さえいれば。





あたし「よしよし、みんなで美味しいジェラートを食べよー!」





と、一人で盛り上がって、店内に入ると。
IMG_9372-1
所狭しと並ぶジェラート!





ジェラート!
IMG_9374-1
ジェラートの嵐!





あたし「すごっ・・・こんなにたくさんのジェラート、初めて見た・・・!」





それもそのはず。

ロッシさんのこの日のジェラート、
IMG_9371-1
34種類\





通常、ジェラート屋さんのジェラートって、10~15種類くらい。

20種類あれば品揃えがいいほうなのに、

それを、まさかの、34種類!





あたし「すごいね!34種類もあるよ!選びたい放題だね!」





さぶろー山「俺、チョコミント。」





ひな「ひなは夏ナッツココナッツ。」





嗚呼、迷いなしですか。
IMG_9376-1
悔しいので、一人で迷いに迷いまくって、

俺のチョコミントとひなの夏ナッツココナッツを、

2フレーバーと、3フレーバーに盛り込んでやった。





こちらは、俺の生チョコミントとチーズ&バニラ↓
IMG_9375-1
ちなみにこちらのジェラート、カップの大きさはどれも同じっぽいんだけど、

ワンフレーバーなら360円。

ツーフレーバーなら400円。

スリーフレーバーなら450円という値段設定。





こちらは、生チョコバナナと生ティラミス、そしてひな様のナッツ夏ココナッツ。
IMG_9378-1
ひなとさぶろー山の機嫌がイマイチで、あまり乗り気じゃなかったこともあり、

2カップを3人で回し食いをしたのだけれど。





さぶろー山「うまっ・・・!」





一口食べたさぶろー山、思わず吠える。





さぶろー山「このチョコミント・・・すっげえうまい・・・!」





さぶろー山セレクトの生チョコミント。

生がつくだけあって、他所のチョコミントとは全く違う味わい。





さぶろー山「なにこのミント感・・・今まで食べたことのない味。味わったことのない感動・・・!」
IMG_9375-1
通常、チョコミントっていうと、ミント味のジェラートにチョコチップが入ってるだけなんだけど、

ロッシさんの生チョコミントは、ミントのジェラートとチョコレートのジェラートがミックスされてて、

そこにチョコチップの食感もしっかり。





さぶろー山「これはお取り寄せしたいレベルでうまい・・・!」





ジェラート自体も、ミント部分はミントの清涼感がしっかり。

チョコレート部分はもんのすごい濃厚。

チョコチップもいいチョコレートを使っているようで、単体で食べてもうまい!





さぶろー山「俺・・・おかわりしてくる・・・!」
IMG_9384-1
生チョコミントの美味さに感動したさぶろー山は、

猛ダッシュでお店に入って「おかわりください」と言い、

店員さんに笑われたそう。





さぶろー山「いや、でも、これはおかわり必須な美味さ。俺、ジェラート屋さんごと新潟に持って帰りたい・・・!」





そんなに?と、思うかもしれないけど、

ほんっとーにジェラートが美味しくて。

特に生チョコミントと生チョコバナナの美味しさは格別で、

これはここでしか食べれない味だと思う。





さぶろー山「あー、マジでうまかった。ジェラート屋さんまで来てよかった。また来年も来ようなー。」





美味しいジェラートのおかげで、随分機嫌のよくなったさぶろー山。





あたし「それはよかった!ひなもどう?夏ナッツココナッツ、美味しかった?」





ひな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まぁ・・・普通に・・・・・」





そして、ジェラートくらいでは機嫌が取れない15歳(思春期)。





さぶろー山「え?ひな、まだ怒ってんの?」





ひな「・・・・・・・・・・・・・・・別に・・・・・・・・・・・・・・」





あたし「いやいやいやいや、そんなことないない!次は温泉だ!さぁ温泉だ。やれ温泉だ。Go温泉だ!」





お願い、せっかく軽くなったこの空気を重くしないで。

頼むから平穏無事に帰らせてくれ。

母さん、必死だよ。





さぶろー山「じゃ、俺、帰りの運転があるから、温泉に着くまで少し寝るね。」





あたし「OKOK。じゃ、このまま温泉に向かうねー。」





うんうん、お前は眠れ。

明日まで眠れ。





あたし「じゃ、しゅっぱつしんこー!」





ひな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





本当はこの近くに行きたい雑貨屋さんがあったのだけれど、

もうね、雑貨屋さんの夢は諦めた。





あたし「よーし。温泉入ったら、今度はコーヒー牛乳で乾杯しよっか!」





一刻も早く温泉にぶち込み、一刻も早く洗い流したい。





ひな「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」








すべてを。洗い流したい。














が、しかし。





あたし「湯上りソフトクリームもいいけど、いっそ、パフェとか食べちゃう?超ゴージャスー♡ママ、チョコパー♡」





と、あたしが頑張っても。





ひな「はー・・・・・・・」





あたし「温泉着いたら、トリートメントとか買っちゃおうか!髪の毛ツヤッツヤにして、すべっすべにして、天使の輪、5重くらいに作っちゃう?」





と、あたしが頑張っても。





ひな「はー・・・・・・」





あたし「ああ、あと、アカスリもいいね~!アカスリあるかな~。あれ、すっごいすべっすべになるんだよ!アカスリがあったらアカスリオプションもつけちゃおうか!」





と、あたしが頑張っても。








ひな「はー・・・・・・」








ため息おんりー。





あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





まぁ、この時点で嫌な予感はしてましたけど。









さぶろー山「いつまでうじうじしてるんじゃああああーーーー!!!!!」





ハイ。

瞬間湯沸かし器、沸騰しました。










ご清聴ありがとうございます。

続きが気になる方はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






次号は、これがさらに大喧嘩へと発展します。












\リアルタイムで更新情報が届きます/