毎年恒例の盆旅行記をUPしてます。

どうでもいいような我が家の旅にお付き合いくださり、ありがとうございます。



美味しいアレコレと、おすすめスポット、旅に来てまで喧嘩したアホ話等々、

長い語りとなりますが、ゆる~くお付き合いいただけますと幸いです。



その①がまだの方はこちらから→盆の旅①~出発までの道のり~

その②がまだの方はこちらから→盆の旅②~那須どうぶつ王国でみる世界一のペンギン達~

個人的には、その②のペンギンを見て欲しい。











さてさて。

世界一のペンギンを堪能したら。
IMG_9136-1
あたし「次は王国ファームに行きまーす!」





東京ドーム10個分の広さを持つ那須どうぶつ王国は、

小動物や水辺の生き物が住む(犬とか猫とかペンギンとかカピパラとか)王国タウンと、

広大なドッグランと牧場が広がる(羊とか馬とかアルパカとか鳥とか)王国ファーム、

の、2つのゾーンに分かれてまして、

それらを繋いでくれるのが、

このわんにゃんバス。
IMG_9201-1
犬や猫をモチーフにしたかわいらしい装いに、

出発時には「ワンワン」や「にゃんにゃん」の鳴き声もかわいらしいわんにゃんバス。





ひな「わぁ・・・!」





には乗らず。
IMG_9160-1
あたし「こっちです。こっち。」





わんこ連れは、このかわいらしさの欠片もない、にくげなバスに乗ります。





ひな「そっか・・・そうだったよね・・・かわいいバスには乗れないんだよね・・・」





そうそう。

一昨年も同じことを言って、しょんぼりしてた一番娘ですが、

バスの中も一昨年同様、失われた座席のオプションがついてて↓
IMG_9161-1
(本来なら4席並んであるはずの後部座席のうち、2席がない犬連れ専用バス。

それも、元々なかったというよりは、無理矢理もいだ系の座席のなさで、

こちらの席に当たった人は、もれなく、体育座り(もしくは立席)というオプション付)





あたし「うん。安定のクオリティーだね。」
IMG_9159-1
そんな安定のクオリティーに揺られること、5分。







\王国ファーム到着/
IMG_9195-1
ひな「羊サーン!」





王国ファームに到着すると、まず、いい面構えをした羊さんが迎えてくれます。





あとね、馬もいます。
IMG_9163-1
まぁ、これは動けないタイプのお馬さんですが、動くタイプもいますし、

課金すれば乗せてもらうこともできます。





あと、お食事ができるフードコート的な場所も。
IMG_9164-1
あたし「じゃ、どうしよっか。どこから見る?」





さぶろー山「なんかさ・・・俺、ちょっと具合が悪いみたいで・・・」





あたし「え?どうした?」





さぶろー山「なんだろう・・・フラフラする・・・」





見れば、額にはじんわりと汗が浮かび、

顔色も悪いような、いいような、地黒すぎて分からないような色のさぶろー山。





あたし「えと・・・暑さにあたったのかな。」





さぶろー山「うーん・・・分かんないけど、あんまり動きたくないからタマと日陰にいる。お前とひなで回ってきていいよ。」
IMG_9202-1
あら残念。





あたし「じゃ、ひなとバードショー見てきてもいい?」





さぶろー山「いいよいいよ。行ってきな。俺、ここで待ってるから。」





あたし「おっけー!じゃ、ひな行こう!」





ひな「ワーイ!」





那須どうぶつ王国に来たら、見ておきたいものアワード堂々の一位は、ペンギンのランチタイムですが、

こちらのショーもなかなかおすすめなんですわ。
IMG_9170-1
/バードパフォーマンスショー\





鷲やミミズク、コンドルやハヤブサなどなど、

なんかこう、すごそうな鳥たち繰り広げるバードパフォーマンスショー。
IMG_9169-1
開始10分前だというのに、観覧席はすでに満員で、

立見席ですら埋まっちゃうほどの人気っぷり。





ひな「これ、一昨年見た時、面白かったんだよね!」





確かこのショー、

小さいワンちゃんは獲物と勘違いされる恐れがあるとかで、

一昨年は遠くからタマと見てたような気がする。(→やっぱり遠くから見てた





ひな「じゃ、ママは初めてだね。すごいんだよ。鳥さんが飛んで、飛んで、飛びまくるの!」





あたし「へえ。」





ひな「ほら、見て見て!頭上スレスレのところを飛ぶんだよ!」
IMG_9181-1
確かに、ひなの解説通り、観客の頭上スレスレのところを飛んでいたのですが、

飛ぶ鳥を撮るというレベルが高すぎたので、

鳥が分かるよう、丸で囲っておきました。





ひな「鳥さんが司会のお姉さんと受け取り係のお姉さんの間を行ったり来たりしてね、すっごい近くまで来てくれるの!」
IMG_9180-1
確かに、司会のお姉さんも受け取り係のお姉さんも、草原を走り回って、

すごい近距離まで来てくれてた。





ひな「でもね、身の安全は各自で守らないといけないんだよ。」





あたし「なんで?」





ひな「鳥さんはお姉さんの言うことを聞いてくれないから。」
IMG_9178-1
これは、本来、鳥さんを受け取る予定だったお姉さんを、鳥さんが軽くスルーし、

慌てたお姉さんが猛ダッシュで鳥さんを捕獲してる図。





あたし「なるほど。これは面白い。」





イマイチ言うことを聞かない鳥と、司会のお姉さんの掛け合いも面白く、

これは一見の価値あり。(ちなみに、ショーの閲覧は無料です)





そんなバードパフォーマンスショーを半分ほど堪能し、

ふと、さぶろー山の存在を思い出したあたし。





あたし「ママ、ちょっとパパの様子見てきていい?」





ひな「うん!ひな、ここで見てるから!」





あたし「おけー!じゃ、ここで見ててね。」





と、さぶろー山の待つ場所に行くと、

適度に水分を補給したからか、

いささか顔色もよくなったような、悪くなったような、地黒すぎて分からないような。





あたし「えと・・・あたし、半分までショーを堪能したから、さぶろー山も見て来たら?留守番代わるよ?」





と、声をかけたところ。





さぶろー山「じゃ、そうしよっかな。」





という答えが返ってきたので、

地黒すぎて色の分からない顔色は、良くなっていた模様。





あたし「あの木の下あたりにひながいるから、そこまで行ってあげて。」





さぶろー山「分かったー。じゃ、行ってくるねー。」





ってことで、選手交代。





あたし「ささ、タマちゃんはおかーしゃんとお留守番ですよー。抱っこしましょうねー。」
IMG_9191-1
と抱っこをすれば、安心した顔ですやすやと眠るタマ。

あたしの抱っこで眠るとか、ホント、かわいすぎて、もう。





あたし「タマは本当にかわいいわんわんでちゅねー♡」





タマ「わふーん♡」





と、二人でラブラブなひととき。





10分ほどすると、さぶろー山が戻ってきて、





さぶろー山「おかめー、俺、留守番代わるからもう一回見ておいで。」





珍しく優しさを頂戴した。





さぶろー山「ささ、タマおいでー。」





と、タマを抱こうとした時のタマの顔が。
IMG_9194-1
タマ「邪魔すんじゃねーよ。」





ええ、ええ。

もちろん、留守番を買って出ました。










ご清聴ありがとうございます。

タマかわいい・・・!と、思ったらこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






タマは世界一あたしが好き。











\リアルタイムで更新情報が届きます/