IMG_7391-2
ツナと塩昆布の冷製パスタ・キャロットラペ・コールスローサラダ・大根の冷製ポタージュ・フルーツトマト・プリン










8月1日、月曜日。

一言だけ、言いたいことがある。



新潟を代表して、

いや、日本を代表して、言いたい。

























暑い。






もー、暑い。

ホント、暑い。

フォント100じゃ伝えきれないこの暑さ。

日本どころか、世界を代表して言いたい。

あっちーよ!







でもさ。

悔しいけど。

認めたくないけど。

今って、夏なんだよね。



いつの間にか全国的に梅雨も明けたみたいだし。

真夏日も毎日更新されてる。

山梨県なぞ38.8度まででてる。(大丈夫ですか、山梨県)



NASAも史上最強を謳ってた夏なワケですから。

そこはまぁ、仕方ないと思うんだけど。










ご飯、作りたくない。







うん。

これ、絶対、あたしだけじゃない。

日本中の主婦、みんな、そう思ってる。



だって、

この暑さの最中、「キッチンに立つ」とかいう行為のレベルの高さといったら、もう。



包丁も握りたくないし、

野菜も切りたくない!
IMG_7384-1
という、貴方に朗報です。



包丁も握らず、

野菜も切らずにできるパスタ。



その名も。




\ツナと塩昆布の冷製パスタ/
IMG_7383-1
ええ、ええ、まんますぎるネーミングですが。



ツナは最初から割かれてますし、

塩昆布なぞ千切りにまでなってますからね。






混ぜるだけ。






レシピとか書くほどでもないと思うんですが、

混ぜる速度とか分からない方がいらっしゃるかもしれないので、

一応、載せときます。






レシピツナと塩昆布の冷製パスタ


【材料】3~4人分
パスタ(できればカッペリーニなどの細麺)・・・・・300~320g
塩昆布・・・・・12g
ツナ缶(オイル漬けのもの)・・・・・1缶
醤油・・・・・大さじ1
ごま油・・・・・大さじ2


【作り方】

1:ボウルにツナ缶をあけ(オイルごと)、塩昆布、ごま油を入れ、冷蔵庫へ。
IMG_7359-1
この後、ここにパスタが入るんで、ボウルは大き目のものを!


2:パスタは塩茹でし、冷水で洗い、水気を切る。
IMG_7365-1
塩の量は、お湯1Lに対し、10g(分量外)。


 3:1のボウルにパスタを入れ、醤油を加えて混ぜる。
IMG_7366-1
混ぜる速度=知らんがな。



ツナと塩昆布の冷製パスタできあがり。
IMG_7382-1
ツナと塩昆布だけだと、

妙にのっぺりして、かわいらしさの欠片も見られなかったので、

トップに大葉と炒り胡麻をのせてみましたが、

あってもヨイですし、

無視しても大丈夫です。





なにせ、暑いんで。
IMG_7381-1
そして、このレシピ、

パスタ300~320gの、3~4人分になってます。



パスタ400gで4人分にすることもできるんですが、

ツナ缶1缶×パスタ400gだと、

具が少なくて、ショボイ感じが否めず。



家族だけで食べるランチ程度なら、

ツナ缶1缶×パスタ400gの4人分でも許されると思うんですが、

(その場合、ちょっとお醤油多めで)

個人的には、ツナ缶1缶×パスタ300gぐらいがちょうどヨイかな。と。
IMG_7392-1
これ↑ツナ缶1缶で麺300gの例です。

具の量、だいたい、このくらい。





レモン汁をかけて食べても美味しかったので、

多分これ、ポン酢でもイケる。
IMG_7394-1
皿をキンッキンに冷やしてお召し上がりくださいましー。






 


冷製パスタの他には。
IMG_7372-1
大根のポタージュ。

パスタに続き、こちらも冷えっ冷えで。



えーと、これもいつだったかに作って、感動するほど美味しかったので、

後でUPするね。とか言いつつ、完全に忘れているという、

UPするする詐欺シリーズなんですが、

ようやく写真を撮ったので、

レシピは、えーっと・・・2週間後くらい?






まぁ、気長に生きようか。

今日も暑いし。
IMG_7385-1
で、サラダとフルーツトマト。





サラダはキャロットラペと、コールスロー。
IMG_7388-1
ラペのレシピはここ、ね。→キャロットラペ







ラペが入ってるスクエアのガラス鉢は、栗原はるみさんの。

これ、先月のマラソンセールで買ったんだけど、6cm×6cmというサイズ感もちょうどよく、

何よりガラスの薄さが上品で、何を入れても美味しそうに見えるのに、耐熱性という素晴らしさ。

すんごい気に入ってます。








そして、デザートにはプリン。
IMG_7379-1
また。プリン。



スが入らなくなるまで作るよー。

懲りないよー。









という、ALL冷え冷えだったこの日のランチは、

先週、ねねこ(叔母)と、なな(従妹)が遊びに来た時、作ったもの。
IMG_7376-1
実は我が家、つい先月、はるか様の第二子が生まれたばっかりなんですけど、

実は、1月に従弟(ななの弟)の子が誕生してて、

5月には、なな(従妹)の子が誕生してて、

そして、7月にはるか様の子が誕生。と。

出産ブームが起きてたんですねー。





そして、登場人物が多すぎて、家族関係がごっちゃになってると思うんで、軽くご説明しますと、

ねねこは、あたしの叔母で、

ななは、ねねこの子供。

1月に子供が生まれた従弟は、ななの弟。

よって、ねねこは、一気に2人の孫持ち。





夢のおばあちゃんデビューを果たし、

かわいい孫を見せに、

わざわざ新潟まで。

来てくれたというワケです。
IMG_7396-1
あたし「わ、赤ちゃん、旦那さんそっくりじゃん!」





初めてみるなな赤ちゃんは、

旦那さんそっくりな男の子。





あたし「どう?初めての子育ては。」








なな「うん。すっごく。大変。」









という、ななの目元には立派なクマができており、

ああ、2ケ月って、クマも定着する時期だよなぁ。ということを思い出した。





うちの一番娘は、今でこそ手のかからない良い子だけれど、

子供の頃は、

昼寝はしないし(赤ちゃんって1年くらいは昼寝するって聞いてたんですけどね)、

物音には敏感だし(猫が「ニャー」って鳴いただけで泣いてましたけどね)、

人見知りは半端ないし(玄関のインターホンが鳴っただけで泣いてましたけどね)、

夜泣きの女王だし(小学校入学まで泣いてましたけどね)。





ほんっとーに。 手のかかる子で。





なんなら、小児科の先生に憐れまれるくらい(小児科の先生「・・・こりゃお母さんも大変だわ・・・」って・・・)

よく泣く子だった。





なな「ワリとよく泣く子でね・・・あんまり寝てくれないんだ・・・」





あたし「うん・・・分かるよ・・・そのツラさ、分かるから・・・!」





当たり前の話だけれど、

赤ちゃんが寝ている間しかお母さんは寝れない。

しかし、お母さんには「家事」というお仕事もある。



「そんなのは俺がやるから。君は寝なさい。」

と言ってくれる素敵な旦那さんも世の中にはいるかもしれないけど、

そんなのは天然記念物みたいなもので、あたしはお目にかかったことがない。

(さぶろー山「おかめ、ファイト!」←応援だけ)



結婚して何年も経っていれば、手を抜くコツも覚えるけれど、

結婚したばっかりだと、コツも分からなければ、

妻としての使命感にも駆られるワケで。



しかし、赤ちゃんが寝てくれないと家事も進まないワケで。

お母さんはつらい。

本当につらい。





あたし「あたしも祈るような気持ちで寝かしつけてたよ・・・」





あたしは、生まれてからの6年間。



寝ることだけを夢みて。過ごした。





(多分、今のあたしが異常なほど寝るのは、あの時の睡眠を取り戻そうとしてるんだと思う)

(絶対、そう)





あたし「でも、赤ちゃんも成長するから・・・きっと、楽になる時がくるよ・・・!」
IMG_7401-1
と、月並みな意見を述べてみたけど、

事実あたしは、「睡眠」というものをとれるまで6年かかったし、

それまでは、3時間とか4時間とか、なんなら1時間の睡眠で生きてた。





いや、最後のほうとか、生きてなかった。

半死人だった。

(さぶろー山「ファイト!」←妻がヨレヨレでも応援だけ)
IMG_7400-1
頼むから寝てください。と、星にすら祈った日々を懐かしく思い、

あたしは今日も寝る。







6年分の睡眠を取り戻すために。


寝ます。








ご清聴ありがとうございます。

寝てもいいと思う方、どうぞこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。寝ます。






6年分の睡眠を取り戻すためにかかる時間は・・・

えーと、60年くらい?











\リアルタイムで更新情報が届きます/