IMG_6491
冷製トマトクリームスパ・バゲット・コンフィチュール3種・キャロットラペ・木苺とチョコミントのムースケーキ










今日は、先週、8年ぶりに後輩夫婦が遊びに来た時のランチ&お話を♡
IMG_6495-1
くま「おかーさーん!お久しぶりですー!」





あたし「くまー!久しぶりだねっけー!」





新登場「くま」。

こちらもいっしー&いっかー同様、あたしのディーラー時代の後輩なんだけど、

あのね、あたしとくま出会いには、長い長い経緯があるので、聞いてくれる?

っていうか、聞いてもらうね。

(自 分 勝 手)






あたしね、23歳でひなを産んで、25歳の時に職探しをはじめたんだけど、

これが、まったくといって取り柄がないもんだから、笑えるくらい職がなくて。



で、あんまりにも取り柄がないもんだから、

職安の人に紹介されて半年ばかり職訓のお世話になって、ワードだのエクセルだのの機能を身に着けて、

再び職探しをしてたんだよね。



でも、あの当時って、結構な不況でね。

正社員自体の募集がないうえ、あっても「子持ち」ってだけで面接すらしてもらえなくて。

あたしも日々打ちひしがれ、世間の波にももまれ、家に居場所もなくて、

そのうち職安に行くのも嫌になってきて、

友達に紹介されて、派遣を始めたんだ。



正社員という安定を求めるあたしにとって、派遣社員という位置は不安定以外のなにものでもなかったけど、

国家試験の採点から、ボーダフォン(今のソフトバンク)ガール、イベントのお手伝い、子供の子守等々・・・

と、やってみれば面白かったし、

普段見れないようなものが体験できたことは、今でも良い思い出。



その派遣先の中で、1ケ月契約のディーラー勤務ってのがあって。

そこで出会ったのが、くま。

(あたし=ディーラーに派遣された派遣社員、くま=ディーラーの正社員様)



あたしも、結婚するまでディーラー勤務だったから仕事の内容が分かってたってのもあるけど、

派遣されたお店のスタッフが全員優しくて、

社内もすっごい穏やかで、

仕事もほぼなくて。

(毎日10時と3時と5時には店長とお茶を飲んで談話。的な)

ディーラー特有のカツカツした感じもなければ、男尊女卑もない。



もうね、素晴らしい店だと思った。

できることなら、永久にお世話になりたいと思った。

そして、店長にも毎日言った。

「このままあたしを買い取ってくださーい。」って。





でも、こちらとて、期間限定の派遣という身分。

1ケ月の契約期間は、あっという間だし、

店長は首を縦にふらない。



もうね、寂しくて、寂しくて、

店長こんにゃろうと思って。



最終日、店長にプレゼントをあげたんだ。

「あたしの履歴書」というプレゼント。



「寂しくなったら電話くださーい。そして買い取ってくださーい。」つって。

冗談半分&心の本気度200%で。






アホかと思うでしょう。

アホだと思ったよ。

でも、アホほど強いものってないんだよね。






派遣終了日から1ケ月後。

本当に店長から電話がきて、あたしはそのままお買取り。

夢の正社員という座をGET。




やってみるもんだわぁ。と、大喜びだったけど、

ただ、あたしの予定とちょっと違ったのが、

配属された店が派遣でお世話になってたお店じゃなく、全然違う店で。

それでも同じ会社なら・・・と、思ったのもつかの間。

これが同じ会社かな。って思うくらい、まぁ、素晴らしいお店で。




その素晴らしさを少しだけ語らせていただくと、

派遣でお世話になってたお店は、

1:営業時間の5分前出社&お茶を飲んでから就業開始

2:昼休み1時間の他、店長とのお茶と談話の時間有(なんなら一日中お茶の日もあり)

3:残業なしの定時あがり

の、好待遇。



あたしが配属されたお店は、

1:営業時間の50分前には出社&就業開始(無給)

2:昼休みは1分たりともなし&座る暇ではなく、止まる暇もない、なんならトイレに行く暇もない(無休で無給)

3:残業は夜中まで延々に(無給)

の、真っ黒待遇。



いや、この素晴らしき待遇については、書き出すとキリがないんだけど、

本当に悪夢に悪夢を重ねたような店舗で。

まぁ、そこでいっしー&いっかーという宝物には出会えるんだけど、

ありえないことが多すぎて、乗り越えられない困難も多すぎて、

最終的に体を壊して退職し、

今に至るワケです。





まぁね、あたしも派遣とかバイトとかでいろんな会社を見てきたけど、

未だにこの会社を超える会社を見たことがない。












どんなブラックも白く見える。













という、長い長い経緯があって。

いっしー&いっかー&新登場「くま」とつながるワケです。



まぁ、元を正せば、あたしはくまから仕事を教えてもらっていたので、後輩ではなく「先輩」なんだけど。

くまはあたしの5歳年下だけど、先輩。

おかーさんって呼ばれてるけど、あたしが後輩。

中途で入社すると、こういう現象、起きるよね。

この際どっちでもいいよね。
IMG_6500-1
くま「おかーさん、全然変わらないですねー!」





あたし「そんなことないよー。シワもできたし、シミもできた。」





ついでに言えば、

スケートリンクのような平面さを誇っていたお腹には、見事な階段ができた。

もう、真央ちゃんだって滑れまい。





くま「いや、でも、何年ぶりですかね。すっごい久しぶりじゃないですか?」





あたし「ああ、それね、

くまが結婚して、引っ越しが終わって、ちょうど片付けも終わった頃、

くまとかずきんぐ(くまの旦那)が喧嘩して。

それも、キレたくまが包丁を持ってかずきんぐを追いかけ回すという超大喧嘩で。

もちろん、命に危険を感じたかずきんぐは玄関から裸足で飛び出しして逃げるんだけど、

くまがかずきんぐを追いかけたところ、いきなりかずきんぐの姿が見えなくなって。

あれ?と、思ったら、かずきんぐが溝にハマってた。

っていう次の日以来だわ。」





くま「うわー!懐かしい!そんなことありましたわー。」





かずきんぐ「おかーさん、よく覚えてますね・・・」





元々物覚えはいいほうじゃないけど、

後にも先にも夫婦喧嘩で包丁がでた話を聞いたのはこれだけだし、

とんだ喧嘩の結末が旦那が溝にハマって終了とか、ドリフすぎて。

(落ちるではなく、すっぽりハマってたらしい。ジャストサイズで)

もう永久に忘れられない。





あたし「多分これね、あたしの中で永遠に残る記憶。」





かずきんぐ「最悪の記憶じゃないですか・・・」





いや、でもね。

うちもワリと派手な喧嘩をするけど、

どんなに掃除機が活用されても、

流血事件に発展しても、

自宅のリビングが壊れても、

あたしはまだかわいいほうだな。って思える強さを与えてくれてる。
IMG_6501-1
くま「でも、あたし達もおかーさんの思い出があるんですよねー。」





あたし「え、なになに?いい先輩だった。的な?」





くま「いや、あのディーラー時代、温泉でミーティングをするっていう、社内の一大イベントがあったじゃないですか。」





暗黒のディーラー時代、

会社内スタッフ&その他もろもろのスタッフを収集して、温泉の大広間を貸し切って、ミーティングをし、

その後、

宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→宴会→朝まで宴会。

という、ミーティングが主なのか、宴会が主なのかよく分からないビッグイベントがあった。





あたし「ああ、あったね。あの朝まで延々に飲むヤツね。」





で、次の日の朝、スタッフ全員が目の下にクマつくって、超酒臭いのに、それでも飲むヤツね。





くま「そうそう!あたし、あのミーティングで旦那に声をかけられたんですけど、それが超しつこくて!

あまりのしつこさに、「すごいしつこく声かけてくる人がいるんですけどー。」って、おかーさんに相談したんですよね。」





あたし「へえ!」





くま「そしたら、おかーさんが、

「ご飯ぐれえ食わせてもらえばいいねっけ!どーせ奢ってもらえるんだっけ、ケチケチしねで行ってきなせや!」って。

ものすごい新潟弁であたしの背中を押してくれて。」





あたし「ねえ、あたし・・・酔ってなかった?」





くま「酔ってました。」





あたし「ちょっとフラついてなかった?」





くま「フラついてました。」





あたし「適当に言ってなかった?」





くま「ワリと適当でした。」





あたし「でも、従ったんだ?」





くま「従いました。」





あたし「ご飯、奢ってもらったんだ?」





くま「奢ってもらいました。」





あたし「で、結婚したんだ?」
IMG_6502-1
くま「御礼に結婚です。」







ご飯の御礼に結婚して、

夫婦喧嘩には包丁が出て、

逃げる旦那は溝にハマって。



どんだけ伝説を与えてくれるの、この夫婦は。





あたし「でも、こういうのを運命っていうのかもねー。」





酔っぱらったあたしの適当すぎる一言がきっかけとなって結婚。

ある意味、あたしはキューピッド。





あたし「あの時・・・適当に言ってごめんね・・・」





今となっては遅いけど、

結婚とか、そんな重大なことに発展するなら、

後輩として、いや、人生の先輩として。

もっとそれらしい言葉をかけてあげればよかったなって、心底思う。





くま「うん、いいんです。絶対適当に言ってたって分かってますから。」





あたし「せめて新潟弁じゃなく、標準語で言えばよかった・・・」





くま「ううん、いいんです。いいんです。

今はうまくいってるからおかーさんがキューピットに見えるけど、

うまくいかなくなったら、全部おかーさんのせいにする気ですから。」
IMG_6499-1
10年前のあたし、今すぐ言い直せ。








と、たくさんの思い出と若干の悔いを感じながら、

ランチ会はじまりはじまり。
IMG_6498-1
あたし「まずは、パンでございまーす!」





相変わらず不格好だけど、

ランチ会で喜ばれるものNo.1、焼きたてパン。





くま「ここんち入った瞬間からすっごいいい香りがして、何かなって思ってたんですけど、パンだったか!」





焼きたてパンの良さは、まず、「香り」で魅せられること。

多少不格好でも、この「香り」がどうにかしてくれる。





あたし「まずはそのままかじって、焼きたての美味しさ(香り)を味わって。

お次は、このコンフィチュールを添えてどーぞ♡」
IMG_6497-1
手前から、ストロベリー、マンゴー、ミックスベリー。

いずれも冷凍フルーツをレンチーンで。

3分でできるヤツ。





くま「わ。あたしこれ、食べたい、食べたい。すごい食べたい。」





あたし「食べなさい、好きなだけ♡」





くま「すっごい美味しそうなんですけど。なんですか、これ。」





あたし「コンフィチュールだよー。」





くま「コンフィチュールね!コンフィチュール、コンフィチュール!

あたし、このマンゴーのヤツ、パンにのせよーっと♡」





と、マンゴーのコンフィチュールをのせて、パンを食して、

コンフィチュール美味しい。美味しいと連呼して、

それから3分後。





くま「次はこのブルーベリーにしよかな。えと、このコン・・・コンコンコン・・・なんでしたっけ?」





あたし「コンフィチュールだよー。」





くま「そう、コンフィチュール!」





で、ブルーベリーのコンフィチュールをパンにのせて、食して、

コンフィチュール美味しい。美味しいと連呼して、

それから3分後。





くま「次はいちごの・・・コン・・・コンコンコン・・・?」





あたし「うん、コンフィチュール。ね。」





くま「そう!コンフィチュール!」





というやりとりをカレコレ10回以上繰り返したんだけど、

くまは「コンフィチュール」が覚えられただろうか。
IMG_6507-1
で、パスタは冷製トマトクリームスパ。


 


くま「うわぁ、このパスタも超美味しい!!!

あたしもこんなのが作ってみたいけど、ここに入れるようないい材料も買えないしなー・・・」





あたし「え?これ、何にも入ってないよ?」





くま「えっ?!」





あたし「入れた具が、トマトと玉ねぎ、にんにくくらいなもんで、メインらしい具は何も入れてないよ。」





くま「ベーコンとか?ハムとか?何もなし?」





あたし「うん、トマト、玉ねぎ、にんにくだけ。

まぁ、生クリームはいるけど、4人分作っても200円とか250円とか、そのくらい。」





くま「え、じゃ、仕込みは?仕込みにかかる時間はどのくらいですか?」





あたし「えー・・・切ってさっと火を通すだけだから・・・5分くらい?」





くま「え?!5分?!5分でできんるんですか?!?!?!」





あたし「うん、5分で作って、あとは冷蔵庫で冷やしておけば。」





くま「教えてください。レシピ、教えて。」





あたし「OKOK~!じゃ、あとで書いておくね。」





くま「・・・・・あ、ちょっと待った。」





あたし「ん?紙よりラインのほうがいい?」





くま「やっぱ、旦那に教えてもらっていいですか?」





あたし「え、かずきんぐに?」





くま「うち、あたしより旦那のほうが上手なんで!」





かずきんぐ「ええ、俺が作ります。」
IMG_6504-1
かずきんぐ、レシピここだから→冷製トマトクリームスパ








くま「いやー、パスタも美味しいけど、サラダも美味しい!」
IMG_6503-1
あたし「そうそう。うちのラペね、ちょっと美味しくて、みんな喜んでくれるだー。」





くま「ホント!全然人参の味がしない!すっごいフルーティー!」





あたし「これも家にあるものでできるけど・・・レシピ、教えておこうか?」








くま「ええ。うちの旦那に。旦那に。お願いします。」
IMG_6490-1
くまは、作る気がない。と。




かずきんぐ、レシピここだからー!→キャロットラペ











と、後輩夫婦との食事を楽しみ、

懐かしいアレコレに想いを馳せたランチ会。



8年ぶりの再会だったけど、

何気にご近所在住だったし、

くまも平日は暇みたいだし、

お休みもあたしとよく合うみたいだし、

なんならかずきんぐはブログの読者でコメントまでくれてるし。



またランチ会しよう。

今度はいっしー&いっかーも呼んで、みーんなでランチ会しよう♡







ご清聴ありがとうございます。

その場合、うすら一升のご飯を炊くであろうあたしへの応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






パンなら小麦2kg・・・いや、3kgかな・・・











\リアルタイムで更新情報が届きます/