どもー

るぅです



本日の晩ご飯
るぅのおいしいうちごはん 芋煮・うどん・ぜんまい煮・冷やしトマト・梨・さぶろー山の越乃寒梅


え?

また芋煮?


しかも今日のメイン?


なんでー?


なんでー??



ま。

そのワケは巻末にて。


で。



本日ご紹介するのはこちら。
るぅのおいしいうちごはん芋煮



山形が本場らしいんだけど、東北地方では、秋になると川原や公園なんかで「芋煮会」なるものがBBQ感覚で行われるんですよー。


おにぎり片手にでっかい鍋でコトコトコトコト芋を煮る庶民の会です。


地方で多少味が違ったり、具が違ったりするんだけど、これが実に美味い。


あたしは生まれが会津なんで、芋煮って故郷の味。


豚汁に似てるんだけど、豚汁とは違った美味さがあるんだよなぁ♪




* * 芋煮 * *

るぅのおいしいうちごはん 【材料】4人分

里芋・・・・・8個(必須)

薄切り牛肉・・・・・200g(豚肉でも可)

蒟蒻・・・・・1/2枚(必須)

しらたき・・・・・1/2袋(なくても可)

人参・・・・・1本(なくても可)

ごぼう・・・・・1/2本(必須)

なめこ・・・・・1袋

しめじ・・・・・1/2パック(きのこは好みのものでOK)

まいたけ・・・・・1/2パック

長葱・・・・・1本(必須)

水・・・・・4.5カップ

醤油・・・・・大5

酒・・・・・大2

みりん・・・・・大2

ざらめ・・・・・大1/2

うどん・・・・・2~3玉


【作り方】
1:ごぼうは包丁の背で皮をこそげとり、ささがきにして水にさらしてアクをぬく


2:里芋は皮をむき、塩少々をふってもみ、水でぬめりを洗い流す


3:鍋に水、乱切りの人参、里芋を入れ火にかける。


4:沸騰したら手で1口大にちぎった蒟蒻と食べやすい長さに切ったしらたき、1のごぼうを加え、酒・みりん・ざらめと1口大に切った牛肉を加え煮る

蓋をするとふきこぼれるので火加減に注意!

アクがでるので丁寧に取り除く


5:里芋が柔らかくなったら小房に分けたしめじと水で洗ったなめこ、醤油を加え、きのこに火がとおるまで煮る


6:斜め薄切りにした長葱を加えひと煮立ちしたら出来上がり♪



まずは芋煮を食べてー



具がなくなったらうどん投入ー


るぅのおいしいうちごはん

うどん


ぐつぐつ煮込んで出汁のしみたうどん。


美味し~い!!



基本的に芋煮は庶民の味なので里芋さえあれば他の具はあるものでOK。


きのことか何を入れても美味いー


お好みで七味なんかふってもまた美味し。



里芋のとろみのおかげで汁全体もとろーんって。


体もポカポカあったまる~♪



芋煮食べると秋だなって感じます♪





で。





<昨日の午後の会話です>



あたし「今日芋煮にしようかなー」


さぶろー山「今日は秋刀魚の押し寿司だ」


ええ?



さぶろー山「秋刀魚を炙ってー押し寿司にしてー」


炙り?!



さぶろー山「バーナーで炙った秋刀魚をーなんちゃらかんちゃら・・・」


バーナー?!



あたし「いや。芋煮の後にね、うどん入れて食べるとお鍋みたいで美味しいんだよー」


だからバーナーはやめて



さぶろー山「オレは今年まだ秋刀魚を2回しか食べてない。今日は秋刀魚を食べるって決まってるんだ!」











ちーん。






完敗。










まぁおかげで、息切れするほどふぅーふぅーハメになったワケですが。




基本的にあたしの言うことは全く聞く耳もたず。(なんでなん?)


我が家の晩ご飯の決定権は彼。(なんでなん?)


彼の言うことは100%従わなければならない。(だからなんでなん???)






そんな殿は、昨日、芋煮を食べて一言。



さぶろー山「オレ、こんな美味い汁初めて食べた」


だから言ったのに。



さぶろー山「芋煮美味い!!」


だから言ったのに。



さぶろー山「煮込んで味がしみたらもっと美味いんだろうなー」


だから言ったのに。



さぶろー山「あーコレにうどん入れたいなー」


だから言ったのに。



さぶろー山「お前今すぐ作り足せ!明日も芋煮だ!」














もー!

だから言ったのに!!








本日もご訪問ありがとうございました。


できましたらこちらもぽちぽちっとしていただけると大喜びです。


人気ブログランキングへ    


画面切り替わって超面倒なのにいつもぽちぽちしてくれてありがとうございます!

携帯の方はこちらからぽちぽちよろしくお願いしますー


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています