IMG_3825-1
ステーキ・たっぷり焼き野菜・サラダ・オニオンスープ・巨峰とパイナップル










おはようございます!

と言うには若干遅めの時間ですが、おはようございます。



いやーーーー、昨日はめっちゃ疲れて疲れて、疲れすぎて(身体が、というより脳が)、

あの後速攻で床につき、12時間の眠りを経て目覚めましてね。



まぁ、たいていの場合、12時間も寝ればすっきり爽快☆元気はつらつなのに、

すっきり爽快というよりは、どんより憂鬱。

たいして疲れてもいない身体には妙な気怠さが出現し、

確かに目は覚めているのに、私は間違いなく起きているのに、脳がまるで稼働をせず、

さすが疲れの残るお年頃。

お布団が恋しい。





そんなワケで、脳の動きは若干鈍めですが、

ちょっと前の晩ご飯でも。
IMG_3850-1
さぶろー山「お肉様アアアアアアアアアアアアアアアアアア!」



夏が過ぎ去っても変わらぬ暑苦しさをありがとうございます。

ちょうどいただきもののええお肉があったので、

この日はホットプレートでステーキ。



お肉は会津牛サーロインを500gと、北海道牛サーロインを320g。
IMG_3830-1
合計820gの大盛り肉!



ステーキは、「一枚一枚焼くのが面倒くさい」という理由から、

我が家ではホットプレートが定番。



フライパンより熱のあたりは弱いけど、

ホットプレートなら各自好みの加減に焼けるし、

レアもミディアムもウェルダンもお手の物。

味付けだって自由にできるし、

焼きたて熱々が食べれるのも嬉しいところ!
IMG_3845-1
お肉は各自好きなように仕上げてもらうので、お皿にはサラダだけ。

レタス、クレソン、トマトの付け合わせ三銃士。



ついでに、お湯で溶くだけの手抜き簡易スープも。
IMG_3848-1
スープはいつものオニオンスープ。

お湯で溶くだけなのに本当に美味しくて便利で重宝しまくり。


お気に入りのオニオンスープ2大勢力↓
ぶっちゃけ、ほぼ毎日飲んでる(のに全然飽きない)。



そして、お肉を焼いたら野菜を焼きたくなるのが世の常、人の常。

焼き野菜もたっぷり完備。
IMG_3827-1
お野菜は、もやしと茄子とピーマンと金山かぼちゃとじゃがいも。



お肉に使う調味料も各自ご用意しておりますんで、

お好みに合わせてご使用くださいコーナー。
IMG_3843-1
さぶろー山が愛してやまないマキシマム、私が愛してやまないGABANのブラックペッパー、あると便利な国産のすりおろしにんにく、お菓子用だけどうちでは調理用としても使ってるゲランドの塩、スーパーで1個20円だったすだち。

あと、画像にはないけど、ステーキソースももちろんご用意しております。



さぶろー山「さささ、お肉を焼こう、いそいそと焼こう。」



さぶろー山が隣でスタンバってましたので、

早速焼かせていただきますね。

まずは、ホットプレートにステーキソースをのせてスイッチオン。
IMG_3857-1
いい具合にホットプレートが温まったら、牛脂をじゅじゅっと。



私「それゆけさぶろー山!」



さぶろー山「アイアイサー!」
IMG_3858-1
と、満面の笑みでステーキ肉を放り込んださぶろー山は、間髪入れずに冷蔵庫ダッシュ。

嬉々とウインナーの袋を開け、

華麗な動きでウインナーを焼きはじめた。



さぶろー山「ウインナーは前菜、お肉はメイン。」
IMG_3862-1
さぶろー山「肉を食べながら肉を楽しんでこそ漢ってもんよ!」



と、めっちゃドヤ顔で言われたけど、

それは漢というよりただのデブ。



そんな会話の中で焼かれる会津牛(霜降りのめっちゃうまいとこ)。
IMG_3864-1
霜降りのお肉から流れ出す脂は、とんでもなく香ばしい匂いを醸しだし、

食欲増進待ったなし。



おかん「あーーーーー!この匂いがたまらーーーん!」



程よく火を通したら、

匂いからしてたまらんステーキ、完成。
IMG_3868-1
さぶろー山「お肉様アアアアアアアアアアアアアアアアアア!」



熱い叫びに焼きたて熱々なお肉。

煙立つホットプレートに体温高めのさぶろー山。

いずれをとっても若干の暑苦しさはありますが、

樹氷のように細かな霜の降るお肉は、やっぱり美味しく、柔らかジューシー。

噛めば噛むほどに肉汁が溢れ、脂はしっとりと甘美で、肉々しさ全開。

控えめに言っても絶品!



おかん「このお肉なら一枚ペロっとイケる・・・!」



今年68歳になるおかんですが、本当にペロっと食べてました。

胃袋だけは若者並み。



そんな会津牛を堪能したら、続けざまに北海道牛も。
IMG_3871-1
こちらは霜降りではなく赤身に近いサーロイン。

なので、脂はほとんどなく、こんがりええ焼き色に。



ささ、北海道牛のステーキですよ。
IMG_3876-1
さぶろー山「お肉やわらかアアアアアアアアアアアアアア!」



さぶろー山「このお肉、見た目よりめっちゃやわらかくて、やべえうめえ!

お肉の味もしっかりしてるし、脂も甘くてとろっとろだし、めちゃくちゃうめえ!マジうめえ!」



ちなみに北海道牛は、後ろのほうにある色の濃いお肉。
IMG_3850-1
(手前が会津牛、奥が北海道牛)

どう見ても霜降り会津牛のほうが美味しそうで、北海道牛にはさして期待をしてなかったんですが(北海道牛ごめん)、

これがですね、食べたら本っっっっ当に柔らかくて!

柔らかさ的には霜降り会津牛と同等という驚愕の柔らかさ!



ただ、霜降りではないので、脂のこってりさはないし、甘味も霜降り牛には劣るけど、

代わりにお肉の味がしっかり。

霜降りにはない雄々しさと味わい深さがあり、

一言で言えば「霜降りの柔らかさを持った赤身」。
IMG_3877-1
さぶろー山「このお肉、めっちゃ俺好み~!」



北海道牛は、ここに入ってたお肉↓


「サーロインステーキは特殊加工でとても柔らかく仕上げてあります」って書いてあるけど、本ッ当に柔らかくてびっくりでした。




で、存分にお肉を堪能したら、

ホットプレートに残ったお肉の脂を最大限に使って、もやし炒め。
IMG_3881-1
炒めたもやしに塩・胡椒をかけただけのものだけど、

美味しい脂をまとったもやしは旨味たっぷり。

めっちゃシャキシャキでうまーい。



そして、こってりに溢れたお口は、

さっぱりしたフルーツでお直しを。
IMG_3842-1
以上、久々に肉食ったなって日の晩ご飯でした。







ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしにこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






やっとこさ目も覚めたし、午後からお仕事がんばろ。がんばれ、私。





\リアルタイムで更新情報が届きます/