TVでは。


今年最大の寒波だとか。


最強の寒波だとか。


スーパー寒波だとか。


何やら、えらそうな寒波が話題になっておりますが。





ホントすごそうですね。

るぅのおいしいうちごはん

新潟市内も今年初の除雪車が出動。



除雪車さん。


ごくろうさまです。







雪だし、熱だし。


買い物にも行けない日々が続いておりますが。


2日続けてラーメンってわけにもいかんし。


ついでに言わせてもらいますと。


外食する余裕もねぇ。ははははは。





今日こそは何か作らねばなるまい。作らねば無駄な金がでていくだけじゃ。






あたし。


根性で立ち上がった。








まずはフライパンにオリーブオイルとみじん切りのにんにくを入れて火にかけまして。
るぅのおいしいうちごはん
一部みじん切りだかスライスだか分からんものも混じってるけど、そこはスルーして。



豚挽き肉400gを入れまして、肉の色が変わる程度に炒めさせてもらいます。

るぅのおいしいうちごはん

ついでに軽く塩・胡椒とナツメグなんぞをふってみて。



肉に火が通りましたらば、今度は玉ねぎ投入。
るぅのおいしいうちごはん

玉ねぎの甘みをだすタメにも透明になるまでしっかり炒めます。



トマト缶をどぼぼぼぼー。
るぅのおいしいうちごはん
本当は3缶入れたいところだけど、2缶しかなかったので、とりあえず2缶。



もったいないので。
るぅのおいしいうちごはん
缶には少量の水を入れて軽くゆすり、缶の周りについたトマトをこそげ落としてこいつも入れる。



トマト缶は2缶100円。
るぅのおいしいうちごはん
え。聞いてないですか。そうでしたかー。



冷蔵庫から発掘したトマトジュースも入れてみよう。(1カップくらい)
るぅのおいしいうちごはん
これ、多分おかんのジュースだな・・・。ははは。全部使ってしまったわい。



冷凍庫にセロリの葉があったのでこいつも入れてやろう。
るぅのおいしいうちごはん
セロリ入れると、ちょっとプロっぽい味になるんだ。



コンソメ3個とお砂糖大1、あとはローリエやらバジルやらオレガノやらのハーブを入れて。
るぅのおいしいうちごはん
コトコトと20分程煮込みましたら最後に塩・胡椒で味を調えて。



ミートソースできあがり~!
るぅのおいしいうちごはん
湯気がぽあーん。





やった。


これでミートソース2~3回分はできたな。


明日も明後日もコレで食いつなごう。








あたし。


作ったことに妙な達成感と満足感を覚え。


眠ることにした。






だってあたし風邪だし。


すごい高熱だし。


誰も文句言わないよね。


大丈夫だよね。


うんうん。


きっと大丈夫。


そのまま眠れるところまで眠ろう。


ゆっくり寝よう。







うとうと・・・ZZZZZ・・・。





あー。


眠りにつく、この間際の感じ。


これがなんとも気持ちいい。





うとうと・・・・・・ZZZZZZZZZZZ・・・・・・・・。





お布団ぬくぬく。


フランソワほかほか。





あー。


眠れる。


あたし、今まさに眠りにおちようとしてる。。。









ってゆー極上の瞬間に。









「ママー。ママー。」





遠くであたしを呼ぶ声がする。


あ。


夢か。


夢かな。





「ママ起きて。」





いや。


夢だ。


夢だな。





「ママー。ママー。」





あ。


なんか、揺れてる揺れてる。


ゆりかごゆらゆら。





「ママー。ママってば。」ぺちぺち。ぺちぺち。





小さな手で頬をぺちぺち叩かれ。


うっすらぼんやり目をあけた。





ひな「ママ!」





あらまー。ひなさん。


ママは今、夢の中に行こうとしておりましたのに。





ひな「パパがご飯どうするの?だって。」





あ。


ご飯ね。ごは・・・んね。うつらうつら。





あたし「ミートソース・・・ミートソースが。。。」





あるから勝手に食っとくれ。





ひな「ミートソースね!」





そうそう。ミートソース。



できましたらば。


ママのことはもう少し寝かせてくれるかな。


今寝たばっかりなんだよ。





ひな「分かったー!」





よし。


寝よ。




うつら・・・うつら・・・。



うつら・・・うつら・・・。







【10分後】





「ママー。ママー。」




う・・・ううーん。。。





「ママー。ママー。」





うーん。


再び遠くからあたしを呼ぶ声。





ひな「ママ!ママ!ママー!」





う・・・うーん。


今、一番気持ちいいところなんだって。


頼む。


お願いだからそっとしといて。





ひな「ママー。ばーちゃんがご飯どうするの?だって。」




今度はおかんか。



あたし「ミート・・・ミートソースが・・・」





あるんだってば。


それを食え。


二度も同じことを聞くんじゃないよ。




ひな「分かった。ミートソースね!」





そしてあたしのことは寝かせてくれ。

頼むから。


まじで頼む。





ひな「はーい。ばーちゃーん!ママがミートソースだってーーーー!!!」





おかん「あらそー。ママは何もいらないの?ちょっとー!何も食べないのーーー!!





なんつーか。


お母様。


ここは一般住宅。


お城ではありません。


そこまで大きな声をださなくても聞こえるんですけど。やかましい。





さぶろー山「おかーさんおかーさん。ミートソースがあるんだって。」





おかん「そうみたいね。これ、食べていいのかしら?」





さぶろー山「いいみたいだよー。」





おかん「そっか。じゃサラダでも作ろうか。」





さぶろー山「そうだね。じゃ俺はスープでも作るよ。」





んー。


いいことだ。


みんな協力して作りなさい。





ZZZ。。。


ZZZZZZ。。。。






【10分後】





おかん「あれ。これどうやって切るんだっけ。あれ?コーンは?マヨネーズどこ?」





がちゃがちゃ。





さぶろー山「ああ。お鍋お鍋。お鍋がふいた。」



がちゃがちゃ。





おかん「ちょっとー。コーン。コーンどこよー!!!」





がちゃがちゃ。





さぶろー山「ひなー!ひなー!アレ持ってきてー!!あっとお鍋が。お鍋が。あわわわわ~。」





がっちゃーん。









なんつーか。


もう。







極上の瞬間よ。さようなら。 やかましすぎて目が覚めた。もー。


るぅのおいしいうちごはん
おかん渾身の一作。


コールスローサラダ。





コーンがなかったら、入れずに作ることを考えろ。







さぶろー山渾身の一作。
るぅのおいしいうちごはん
なんだか分からんスープ。


シチュー風味なのに、ウインナーとか挽き肉とか。


なんでこんなものが?ってゆーくらい肉の入ったスープだった。





肉好きの。


肉好きによる。


肉のタメの。スープ。











寝てる人間を起こしたんだから、あたしの分もあるんだろうな。


と、当然のように思っていたら。


パスタは3人分しか茹でられておらず。










なんつーか。



人生ってそんなもんだよね。









ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています








ホントもう涙でちゃう。はー。