あれよあれよと15日になってしまいました。





2月15日。


我が家の愛娘は。


今日で10歳。





ひながこの世に誕生してから。


10年という月日が流れてゆきました。






10年。


3650日。


87600時間。





こうして表示してみると。


長い年月を過ごしてきた感じがするけど。


思い出してみれば。


つい昨日のことのよう。


時がたつのは早いものです。







いつか絶対に書いてやろうと思っていた出産秘話。


母子手帳に今でも残るあたしの日記。


10年目の記念に。


タイムリー更新します。


まずは序章から。


こいつだけ説明付きなんで、


超なげーです。





お暇な方はどうぞお付き合いください。










あたしは。


流行にのってのデキ婚だったもんでして。


デキ婚だっただけに仕事もしておりまして。


それが結構難儀なお仕事でして。


辞めるゆーてもすぐに辞めれるようなものでもなくて。


引き継ぎ等々面倒がいっぱいいっぱいありまして。


2月3日が予定日だと言うのに。


12月末日まで仕事をしておりました。(でっけ腹抱えて毎日えんやこら。)








おかげ様で、つわりが長くて。


在職中は毎日嘔吐の日々でした。


しかし。


驚くことに。


辞めた途端につわりがポッコリとなくなりまして。


そしたらもー超元気いっぱいになりまして。



毎日食い放題。寝放題。(ダメ妊婦の象徴。)








朝からカツ丼食って。


おやつにコロッケ定食食べて。


お昼に大盛りラーメンと餃子と丼ご飯を食べて。


おやつに生クリーム大盛りのクレープ食べて。(あ。昔の新潟駅のやつです。あの超てんこ盛りの。)


そして夜ご飯には釜ごとご飯食べて。


就寝前の軽い食事にはカレーなど食べまして。




ええもう。



そこら辺の相撲取りもビックリな食生活を送っておりました。




肥満妊婦です。


つわりで8キロ痩せたくせに。


出産前の測定では、20キロオーバーという烙印を押されました。









さぶろー山とは7月に入籍しましたが。


仕事の関係もあり。


一緒に住み始めたのは2月1日から。


それも。


1月31日の夜。


いきなり電話で。



さぶろー山「今日マンション出るから引越し手伝って。今すぐ来て。」



と。




何を考えてるんだバカヤロウ。


ですよ。




プリプリ怒りながら。


でっけ腹抱えて引越しの手伝いに行きました。


そして。


「掃除して」くらいならともかく。


「TV持って」とか言われた時はどーしよーかと思いました。(まぁ。持ったんですけどね。)









そんなこんなで。


さぶろー山との生活が始まり。


あれよあれよと毎日が過ぎ。


あっという間に予定日になりまして。


もちろん検診に行くワケですが。


全く生まれる兆候などなく。



またまた優雅な日々を送るわけですよ。 (一日6食のダメ妊婦。ほんとダメダメ妊婦。)












そして予定日より一週間が過ぎた頃。




先生「12日になっても陣痛が来なかったら入院してもらおうかな。」




と。




あたし「はーい。わかりましたー。」




何の疑問も不安も持たずに承諾。


医者が言うんだから間違いねーだろうと。


完全にお医者さんを信じきっての良い返事。










そして。


そんな陣痛も全く来ず。


12日の朝。


朝食と共にバレンタインを済ませ。(今でも忘れない。この年はガトーショコラとバニラムースのドルチェだった。)


入院セットを担いで車に乗り込んだところをおかんに止められ。(自分で運転して行く気だった。)


しょうがないのでタクシー呼びました。










病院に着くと。


すでにお部屋と点滴の準備がされており。




看護婦さん「じゃ、刺すねー。右と左どっちがいい?」




あたし「どちらでも。刺せるほうで。」




すいません。


あたしの腕。


血管でないんだ。


巷じゃ看護婦泣かせのおかめって異名があるくらいでない。




看護婦さん「あー・・・・・あー・・・・・。」




看護婦さん。


2回挑戦して2回失敗。




看護婦さん「ちょっと他の人呼んでくるー。」




他の看護婦さんがゾロゾロ集まり。


みんなで相談して代表者に刺してもらった。




看護婦さん「はー。よかったよかった。ふー。」




何も始まっていないのに、


そんなにも疲労感与えてホントすみません。




看護婦さん「じゃ、たまーに様子見に来るから雑誌読んで座っててねー。」




あたし「はーい。」






14日に生まれてくれたら同じ誕生日なんだよな。


2日。


2日耐えろよー。



と。



お腹の赤ちゃんに話しかけてみたりして。








12日朝10時。


陣痛促進剤投与開始。










そして2時間後。




看護婦さん「どぉ?お腹痛くなったりしない?」




あたし「全然ないです。」超元気。




看護婦さん「じゃ、速度早めるねー。」




点滴速度プラス。











そして2時間後。




看護婦さん「どぉ?お腹痛くなったりしない?」




あたし「全然ないです。」超元気。




看護婦さん「じゃ、点滴の速度早めるねー。」




再び点滴速度プラス。











そして2時間後。




看護婦さん「どぉ?お腹痛くなったりしない?」




あたし「全然ないです。」超元気。




看護婦さん「じゃ、点滴の速度早めるねー。」




再び点滴速度プラス。











そして点滴終了。




看護婦さん「ご苦労様ー。今日はもう終わりだから、病室帰ったらお風呂入っていいよー。」











12日。


なーんの変化もなく終了。 ちーん。









夜。


おかんとさぶろー山がお見舞いに来てくれて。


いらんゆーてるのにぎょうさん差し入れ持ってきて。


しょうがないのでバリボリ食べてたら。


看護婦さんに見つかって。


やっぱり怒られた。













そして13日。


産婦さんと同じ高カロリーの朝食をもりもり食べて。


またもや10時から点滴開始。




看護婦さん「じゃ、昨日よりも早い速度にしておくねー。何かあったら呼んでー。」




あたし「はーい。よろしくお願いしまーす。」





今日はまだだぞー。


もう一日待てよー。


もうちょっとだけお腹にいてねー。



と。


赤ちゃんに話かけてみたりして。






12時になるとお昼ご飯が運ばれ。


点滴を刺したまま昼食摂取。





3時になるとおやつが運ばれ。


点滴を刺したままおやつを摂取。








13日。


この日も何事もなく終わった。ちーん。









看護婦さん「ちょっと軽い運動すると陣痛が来やすくなるかも。お部屋に帰ったらこの運動してみて。」




と、妊婦運動が書いてある紙を渡された。




あたし「はーい。」




と、良い返事。





でも。


今日はまだ13日。


生まれるにはまだ早い。


そっと紙をTVの上に置いて。


運動はしない。


食って寝る。(さいこーダメ妊婦。)










夜は相変わらずさぶろー山とおかんがお見舞いに来てくれて。


完全個室の産院だったので、


さぶろー山はそのまま宿泊。


セミダブルのベッドに巨大な腹を抱えた男と女がせまぜまと。


譲り合うこともなく。


ぎゅうぎゅう詰めの状態で寝た。













そして迎えた14日。




看護婦さん「もー今日は最速で入れるね。何かあったらすぐに呼んで!」




あたし「はーい。」




よし。


いいぞ。


カモン。


来い。


生まれるなら今日だ。


今日しかないぞ。


今すぐ来い!!!







あたし。


さっそうと点滴を刺しながら妊婦運動。


でっけ腹抱えてスクワットしてみたり。


狭い病室を徘徊してみたり。


トコトコトコトコ・・・


いい汗かいてまーす。みたいな。









2時間後。




看護婦さん「どぉ?お腹とか痛くなったりしない?」




あたし「ないですねー。」




看護婦さん「そっかー。じゃ最速になってるし。このままの状態で行くねー。」




あたし「はーい。」




そして再びスクワット。


スクワット。


スクワット。


スクワット。




早く来いー。


早く出ろー。


今日という日は短いんだぞー。









そして2時間後。




看護婦さん「どぉ?そろそろキタ?」




あたし「来ないですねー。」全く来ない。




看護婦さん「そっかー。もう3日目だし・・・そろそろ来てもいい頃なんだよなー。」




ですよねー。


あたしも今日生まれてもらわないと困るんですよねー。


ってゆーか。


今日は生まれる気がする。


絶対今日だと思う。



なぜか今日生まれるもんだと信じて疑わない。


みたいな感じなんですけどねー。





看護婦さん「じゃーもうちょっとこの状態で様子見だね。」




あたし「はーい。」




陣痛促進剤をMAX速度で注入しながら。


ひたすら。


スクワット。




来い来い。


来い来い。


陣痛来い。









そして。


あっという間に点滴終了。ちーん。







看護婦さん「じゃーご飯食べたらまたちょっと運動してもらって。何かあったらナースコールしていいからね。




あたし「はーい。」







おっかしーな。


今日という日が終わってしまう。


よろっと陣痛来てもらわないと今日中に出産とか厳しいと思うんですけど。


おーい。


出る気あるんかー。


おーい。


おおおおおーい。


と。


呼びかけてみたりしたけども。


なーんの反応もなく。






入院4日目。


慣れない病院生活。


無反応の赤ちゃん。


ホームシック。


全てのストレスがMAXとなり。


超ナーバスな夜を送った。












そしてこの日は。


さぶろー山もお見舞いにちょっと来ただけですぐ帰ってしまい。


狭いベッドがやたら広く感じて。


超泣いた。しくしく。(だって誕生日なのに。今日こそ泊まってやれよー。)













ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています








その②に続きます。