午後2時。




この頃になると。


痛みもほども。


MAXを超えた超MAX





さっきまで痛いと思っていたものは。


全く痛くなかったんだなという事に気づく。





助産婦さん「おかめさーん。陣痛どうですかー?」




あたし「うぉ・・・うぉぉぉぉぉぉぉ~!!!!」




何を言わずとも分かってください。


この痛み。


必死です。


あたし。


超必死。





助産婦さん「んー。やっぱり陣痛微弱だねー。どうしよっかなー。もう一回打とうかなー。」




これで微弱って!


これが微弱って!


助産婦さん。


それ嘘嘘。


絶対ないない。





助産婦さん「よし。じゃもう一回だけ打とう。」




と。


この3日で、どれだけお付き合いしたか分からない陣痛促進剤。










午後2時すぎ。


再び促進剤を注入することに。










助産婦さん「筋肉注射だからちょっと針も太くて痛いかも。すこーしだけ我慢してねー。」




注射をぶすっと打たれた。


尻に。





多分。


普通だったら超痛いんだと思う。


本当に「ぶすっ」て刺す音がしたし。


あたしでも分かるくらい太い針だった。





しかし。


こちらとら。


全身どこが痛いか分からないくらいの痛み。


注射の痛みなんて全く分からん分からん。


余裕余裕。





助産婦さん「じゃあもうちょっとだけ頑張って。また来るからねー。」




と。


助産婦さんは去って行き、





あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!うぉぉぉぉぉぉぉ~!!!!」





再びあたしの断末魔の叫びが始まった。 もーいつまで痛いの。










さぶろー山「どこだー。どこが痛いんだー。」




と。


必死にお腹や腰をさすってくれるさぶろー山。





あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!うぉぉぉぉぉぉ~!!!」





優しさ。


届きません。





さぶろー山「どのくらい痛いのさ。ほら。手を握ってごらん。」




あたし。


渾身の力でさぶろー山の手を握る。





さぶろー山「うぉぉぉぉぉ~!いてーいてー。まじでいてー。」





バカヤロウ。


こっちはその100倍痛いわ。 ほんとそう。100倍以上痛い。










そして午後2時半。


穏やかな午後の日差し。










あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!うぉぉぉぉぉぉぉ~!!!」




眠気。


眠気。


断末魔。




眠気。


眠気。


断末魔。





陣痛室にひたすら響くあたしの声。


このくらいの時間になると。


意識も朦朧。


現実と夢の境が分からない。





もーお願い。


誰かどうにかして。


100万円。


いや。


1000万円もいらないです。


1億円も放棄します。


お願いします。


誰かどうにかしてください。





と。


誰もくれると言ってもいない1億円を思い浮かべ。


勝手にいらないとかぬかしてみる。


そう。


誰もくれるって言ってもいないのに。


しかも、自分で持ってもいないのに。


勝手に1億円放棄。





あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!うぉぉぉぉぉぉ~!!!!!」





夢か誠か。





はい。


現実です。


痛みが全ての夢を消し去ってくれます。 一億円はどこー。







あたし「うぉぉぉぉ~おおおおおおーん!!!!!」 もー泣きたい。





と。


ひたすら苦しむあたしの横では。






さぶろー山「あー。こっちの雑誌読み飽きちゃったなー。」




おかん「ああ。じゃこっちの女性セブンと交換しようよー。」




さぶろー山「お。いいねいいね。交換しよう。」




的な会話がなされ。








ええ。








おかんとさぶろー山は。


雑誌を読んでおりました。 











ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています










2人が世界で一番憎いと思った瞬間。