あれよあれよと。


午後3時。








陣痛室では相変わらず。




あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!」




という地を這うような断末魔と。




さぶろー山「ああおかめ。大丈夫かー。ほーら。撫でてやるぞー。なでなで。なでなで。


でさ。おかーさん。このサッチー事件はさー。なんちゃら。かんちゃら。」




おかん「そうだよね。こっちのムネオハウスもさー。なんちゃら。かんちゃら。ああ。おかめ。なでなで。なでなで。」





と。




片手であたしをさすり。


もう片方の手には週刊誌。


なんとも器用なマネをしたお2人様が。





当時世間を賑わしたニュースネタで。


大変な盛り上がりを見せております。 もーやめてこの盛り上がり。









助産婦さん「おかめさーん。どおー?」




あたし「うぉ・・・うぉぉぉぉぉぉ~!!!」




ダメですじゃー。


もうダメですじゃー。




助産婦さん「んー。なかなかどうして微弱なんだねー。」




おかん「あー。あたしもそうだったから。」




助産婦さん「そうなんですかー。出産はお母様に似るって言いますもんね。」





そんなん似なくていーーーー!





やめて。


お願い。


おかんみたいに一晩も分娩室にいたくない。


今すぐ。


お願い。


今すぐ生ませて。





助産婦さん「そうだなぁ。もう促進剤はいっぱいだし。アロマオイルしよっか。」





あたし担当になってくれた助産婦さんは。


たまたまその産院に1人しかいないアロマオイルの資格者。


流行のアロマ出産。


当時は大変人気だったらしく、


彼女の予約は半年先まで埋まっていたそうだ。 さすがあたし。こんな時でも運がいい。





そして助産婦さんはいろんなオイルを出してくれて。




助産婦さん「体あっためると陣痛も進むから。ちょっとマッサージするね~。」




と。


温めたオイルを出してくれた。





ほわわわわ~んと広がるオイルの香り。





なんだろう。


花の香りかな。


すっごくいい香り。





助産婦さん「足元が冷えるから。足元からするねー。」




と。


もみもみ。


もみもみ。






うん。


気持ちいいんだろうな。


多分。


すっごく気持ちいいんだと思う。





今じゃなければ。




そう。


今以外の時であれば。







あたし「うぉぉぉぉぉぉ~!うぉぉぉぉぉぉ~!!!!!」





現在、オイルどころの騒ぎではありません。













そして。


あれよこれよと午後3時30分。












助産婦さん「んー。どうしよっかな。先生4時って言ってたもんねー。そろそろ呼んでみようかー。」





そう。


朝、先生が発した謎の言葉。


あれは先生なりの出産時間予告。





4時か。


4時になったら開放されるのか。






4時だ!


4時だ!!


4時だーーーーー!!!







あたし「よっ・・・呼んで。今すぐ。今すぐに!!!」 





渾身の力を絞って。


何時間ぶりかに日本語を発した。








4時まであと30分。


ダメです。


もう待てません。







頼む。


先生を呼んでくれ。











ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています








先生早く来て。


あたしの切なる願い。