そして。


午後4時。







先生「おかめさーん。生まれそうだってー?」




と。


先生登場。






この時。


先生の後ろには後光がさしており。


あたしには天使の輪が見えた。





ああー。


この人が、この痛みから助けてくれる人かー。


神やー。


仏やー。


ありがたやー。



(これ。まじで先生が神様に見えます。)






先生「どお?今何分間隔くらい?」





あたし「う・・・生まれる。生まれる。生まれるぅぅぅぅぅぅぅ~!!!」





何分間隔なんてケチケチ言いなさんな。


今すぐッ。


もー今すぐにッ。


ソッコーで生ませて。





頼むから。


ホント一生のお願い。






先生「うーん。もうちょっと。もうちょっとだよなぁ。」




と。


ふと先生が立ち上がる。





やばい。


神様が行ってしまう。





あたし「せっ・・・先生お願い。行かないで。行かないでぇぇぇぇ~!!!!!」





先生の白衣をつかみ。


涙目で懇願。






今思えば。


なんつー恥ずかしい女だ。






しかし。


当時は本当にそのくらいいっぱいいっぱいで。


頼みの綱は先生のみ。





この人がいなくては出産ができない=痛みから解放されない。







先生「いやいや。そっ・・・そんな捉まれても。ははは。」




神様。


うっすらと笑う。




あたし「お願いします。お願いします。そばに。そばにいてください。」





もう決死の懇願。


多分あたし。


ヤバい人。





先生「いや。でもね。僕がいても生まれないからさ。ははは。」




神様。


再びうっすらと笑う。




あたし「お願い。先生。もう時間が・・・時間がない・・・!」





先生「え?なんで?体力の限界?」






あたし「やっ・・・夜間料金払えないからぁぁぁぁ!!」






出産とは。


生まれた時間が5時を過ぎると課金され。


休日夜間はプラス料金がかかる。





10年前の2月15日は金曜日。


このまま長引いて。


うっかり土曜の夜中な-んてことになってしまったら。


休日料金+夜間料金がかかってしまう。




(ちなみにトップシーズンは正月3ケ日の夜中だそう。)







ただでさえ高い産院。


ただでさえ人より多く入院してしまったこの3日間。


お願いします。


夜間料金だけは勘弁してください。


今すぐ生ませてください。


ちなみに体力も限界です。


もー我慢できない。


もー無理です。








くすくすと笑う助産婦さん。


困ったなと頭を抱える神様。










どうぞお好きなだけ笑ってください。


これで神様が手に入るのならば。


お安いもんです。











ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています







痛みからも解放されたい。


夜間料金も払いたくない。




時は一刻を争う。