7月7日。


バケツをひっくり返したような豪雨が降り、


大雨・洪水警報まででていた新潟県。







雨だからとか。


警報でてるから。


とか。


なーんも気にもせず、


記念日デートに向かったあたし達。
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「こんな時、外にでるのなんて・・・俺かバカか彦星ぐれーなもんだわー。」






あたし「ホント。ホント。絶対そう。誰もでねーわ。みんな家からでねーわ。ははははは。」







さぶろー山「あはははは。ははははははは。」







と。


大雨を理由に予約もせず、


余裕のよっちゃんぶりで向かったお店は。
るぅのおいしいうちごはん
どういうわけか満員御礼。 なんでだ。







さぶろー山「・・・・・新潟県民・・・甘く見てたな・・・」






あたし「そうね・・・予約するべきだったわ・・・」







予約しなかったことを悔やみ、


どうしてみようか悩んでみたところで。


他に行くにも外は雨。(大雨。)


バケツをひっくり返したような豪雨です。






あたし「・・・・・・・・待とうか・・・」






さぶろー山「・・・・・・・・・そうだな・・・」






土曜の夜。


たかだか警報くらいで。


予約もせずに人気店に入れると思うあたり。






大バカ者はあたし達夫婦です。 ご予約はお早目に。













しかし。


5分程待ったところで。


えらいカワイコちゃんな店員さんがやってきて。






店員さん「一席だけ空きができましたのでご案内致します。」






と。





ラッキー!






よかったよかった。


さっすが記念日。


運がいい。


と、案内してもらったお席は・・・









どういうわけかのカップルシート。











あの。


メニューを見る時。


2人の肩がそっと触れ。


2人の手がそっと重なり。


思わず、


「キャ❤」


ってなって。


もぁぁぁぁーんと。


やたらええ雰囲気がでてしまう。


あのラブラブシート。










カップルシート。


別名ラブラブちゅっちゅシート。


ですのに。







結婚11年目にもなるくたびれた夫婦を座らせてくれました。




ホントすいません。


初々しいカップルでも何でもない、ただのおかめとジャイアンが座って・・・。


カップルシートに謝りたい。










さぶろー山「えらいムーディーな席だな。オイ。」
るぅのおいしいうちごはん
カップルシート。


真っ赤な照明が超ムーディー。







さぶろー山「俺、紹興酒飲もっかなー。」
るぅのおいしいうちごはん
超ムーディーな紹興酒。






紹興酒。


注いでも超ムーディー。
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「オイ・・・えらいムーディーだな。」





あたし「うん・・・ムーディーだね・・・」











ムーディーな雰囲気に気押されするあたし達。


気押されしながらも、


とりあえず乾杯。
るぅのおいしいうちごはん さぶろー山「ムーディー席に乾杯。」





あたし「じゃ。ムーディーナイトに。」














ムーディーな中で出されたお通しは。
るぅのおいしいうちごはん
やっぱりムーディーで。





絶対食べようと決めていた生餅も。
るぅのおいしいうちごはん
やっぱりムーディー。





食べかけ歯型付きの生餅だって。
るぅのおいしいうちごはん
どことなくムーディー。









さぶろー山「・・・・・寿司食うか。」






あたし「そうね。寿司食おう。」










こうして運ばれてきたお寿司だって。
るぅのおいしいうちごはん
ムーディーですし。









さぶろー山「どれから食う?」






あたし「ジャンケンしよか。」






さぶろー山「そうだな。お寿司ジャンケン。ジャ~ンケ~ン・・・」






ポン!
るぅのおいしいうちごはん
ジャンケンですらこんなにもムーディー。







ムーディーなお寿司ジャンケン。


パーなあたしはチョキのさぶろー山に負けまして。






さぶろー山「じゃ、俺ウニもらうからー。」






と。


あたしが好きだと知っているのに。


絶対知っているのに。


遠慮なくウニを持って行くそのにっくきお手手。
るぅのおいしいうちごはん
それすらムーディーなのがすごい。






あたし「ウニはあたしが好きなのに・・・好きなのに・・・好きなのに・・・」





さぶろー山「分かった分かった。半分あげるからー。」





と。


かじりかけの半分ウニ寿司。


あたしにくれた半分寿司に気持ちウニが多めだったのは。


決して偶然なわけではなく。





ムーディーな雰囲気のおかげだと思います。 





ありがとう。ムーディー席。









その後も。


お寿司ジャンケンは進み。


最後まで残った2貫。
るぅのおいしいうちごはん あたしが食べれないイクラを最後までとっておくあたりが。


なんとも卑怯なさぶろー山。


これが。


対あたしじゃなかったら。


2番目くらいにイクラをとっちゃうくらいイクラを好きなことは。


カレコレ10年前から知っていますが。









結局あたしは玉子を食べまして、


さぶろー山は美味しそうにイクラを頬張っておりました。













結婚11年目にもなる夫婦。


ムーディー席を与えてもらっても。


特にムーディーになることもなく。


寿司の取り合いをしただけで終了。

るぅのおいしいうちごはん

猫に小判。



豚に真珠。




結婚11年目のくたびれた夫婦にムーディー席。










ちーん。















1件目ではムーディーを堪能しましたんでね。


その余韻を持ちながら、


ちょいちょいっと駅を歩きまして。
るぅのおいしいうちごはん
恒例のペコちゃん確認。





あたし「うん。今日も4人だね。」






5人目は誰が飾られるのか。


期待してますよ。JRさん。

















さぶろー山「よーし!二件目行くぞー!」





あれよあれよと二件目。
るぅのおいしいうちごはん
二件目はお寿司屋さん。


記念日なんでくるくるしないお寿司屋さん。







日本酒を片手に、また寿司を食らう。
るぅのおいしいうちごはん
だってここ・・・お寿司屋さんだし・・・。






店員さん「こちら、お通しになります。」
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「この物体は・・・何だ?」






あたし「・・・何だろう・・・?ね。ちょっと食べてみてよ。」






あたし。


よく分からないものは絶対口にしない。


まず、さぶろー山に食べさせて。


確実に自分がイケると思ったものにだけ口をつける卑怯者。






さぶろー山「ちょびちょび・・・もぐもぐ・・・。」






さぶろー山。


食べものと分かるものには、とりあえず口をつける。


あたしの大事な毒味役。


いいヒト。






あたし「何?これ何だった・・・?」






さぶろー山「・・・・・海苔。」






あたし「海苔・・・?」






さぶろー山「うん。海苔。」






あたし「美味いの?」






さぶろー山「美味いとか、不味いとかじゃなくって・・・何か・・・海苔って感じ。」






あたし「?????」






さぶろー山「お前も食ってみ?お前の食べれない味じゃないし。大丈夫だから。」






あたし「そう・・・じゃ。・・・・・もぐもぐ・・・もぐもぐ・・・。」






あたし「ああ。ホント・・・海苔って感じ。」
るぅのおいしいうちごはん 美味いとか不味いとかじゃなく、


ただただ海苔って感じの海苔でした。








海苔ってことを説明するのに、


こんなにも行数をとったあたしは。


今、猛烈に眠いです。









さぶろー山「俺、あったかいの食べたいなー。」
るぅのおいしいうちごはん
あったかい茶碗蒸し。





揚げたて天ぷら。
るぅのおいしいうちごはん
飲み気よりも食い気の二件目。





そして。


追加で金目鯛。
るぅのおいしいうちごはん
ほんに、よう食いましたー。







三三九度バリのお椀にでてきた味噌汁。
るぅのおいしいうちごはん

これは、あたしが一人で一気飲み。















二件目。



色気よりも食い気で終了。

















じゃ。


お風呂入って寝ます。


続きはまた明日。









ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています










遊び疲れです。