今日は一日あちかったー。


この暑さ。


今年1.2を争う暑さだったな。





朝一番から。


汗だくになりながらボウリングして。


汗だくになりながら学校行事に参加して。









なんかさ。









すっげー疲れた。  へろへろぷー。












そんなあたしが。


今この時間に。


どうして起きていられるのかと言いますと。


それは。


ボウリング大会と。


学校行事の間。


4時間ばかりの時間があったんですけどね。










その間ずーっと寝てたからです。  アイドルタイムは全て昼寝。











おかげさまでお目目ぱっちり。


眠られません。


眠さがありません。


元気百倍。


踊りたい気分です。






ま。


踊りは踊らずとも。


歌くらいは歌っておくか。


アンパンマンの歌を。










えーっと。


暑さのせいか。


アンパンマンの歌詞がでてこないので。


やっぱりアンパンマンは置いといて。


話を戻して。


よっこいしょ。









あたしの一日は。


ボウリング→昼寝→小学校。


これ以上もこれ以下もなく、これのみですので。


晩ご飯はたいしたもの作っていません。
るぅのおいしいうちごはん
ひつまぶし・とうもろこし・もろきゅう・冷奴








作成時間10分飯。









夏の風物詩。
るぅのおいしいうちごはん
すいか。




あたしが包丁で切りました。


一品勘定でお願いします。








冷奴。
るぅのおいしいうちごはん
トマトのっけの冷奴。




やっぱりさ。


豆腐はいいね。


切るだけで立派な一品になるよ。








もろきゅうもあるでよ。
るぅのおいしいうちごはん
味噌とマヨ添えのもろきゅう。




きゅうりは、ばーちゃん家のもぎたてきゅうり。


我が家のきゅうりは、あれ以来なりません。


なりそうな気配すらありません。


なぜだろう。








中央にどかーんと置かれたメインは。
るぅのおいしいうちごはん
です。  






鰻。


鰻と書いてうなぎと読みます。


イッツうなーぎ。







鰻と言えば。
るぅのおいしいうちごはん
ひつまぶし。





そう。


これは鰻のひつまぶし。








さぶろー山「うっ・・・・・!」
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「うなぎィィィィィィィィィィィィィィィ!!」






そうです。


そうです。


です。






年々稚魚がとれず、


ついには膨大な値上がりをし。


もう二度と口にすることはないであろうと思われた。






あ。


の。





うなぎ殿でございます。
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「なんで?どうして?なんであるの?買ったの?もらったの?どうしたの?!」






あたし「育てたの。」






さぶろー山「まじで!!!」






そ。


まじで。






さぶろー山「いつ?ねぇいつ?いつから?稚魚から?どこで?なんで?どうやって?」




昨日から。


家で。


鰻が買えないので。


育てたの。






さぶろー山「すごいじゃんすごいじゃん!俺はちょっとお前を見直したぞ!!!」






フッ。






さぶろー山「俺ね。今年は絶対食べれないだろうなって思ってたんだ。」






分かる。


分かる。


今年はべらぼーに高かったもんね。


あたしもそう思ってたよ。


うんうん。






さぶろー山「あー。もう。超嬉しい。あー。もう。超愛してる。好き好きおかめ❤」
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「鰻ちゃんいっただっきまーーーーーーっす!」






ぱくっ。


はむはむ。


もぐもぐ。






さぶろー山「う・・・・・」
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「うな・・・・・ぎ・・・?」






鰻と書いてうなぎと読む。

それが鰻というものよ。









さぶろー山「ねぇ・・・」






ん?






さぶろー山「これさ・・・。」






ん?






さぶろー山「今日とか結構暑かったし・・・。」






ん?






さぶろー山「ひょっとしたら俺がおかしいのかもしれないんだけど・・・。」






うん。









さぶろー山「・・・・・これ、鰻じゃなくない?」










すごいね。


さすがだね。


山岡さん。






一見。
るぅのおいしいうちごはん
どうやったって鰻にしか見えないひつまぶし。








こいつの正体は。































るぅのおいしいうちごはん
はんぺんと白身魚。  笑。








本来なら昨日食べる予定だった偽うなぎ。


とも言う。(っつーか、まさにそれ。)









あたしが丹精こめて練り上げて。
るぅのおいしいうちごはん
どうやったらお魚っぽい感じがでるかなって本気で考えた。




丹精こめて成形。
るぅのおいしいうちごはん
も。面倒くせーのなんのって。




愛情いっぱいに焼きあげて。
るぅのおいしいうちごはん
クソあちー中。


手間暇かけてやりました。








タレだってね。
るぅのおいしいうちごはん
ただの甘醤油では旨味がでないなーと思って。


ない頭を駆使して。


お魚の皮を一緒に煮たツメ風味ダレ。


(ここまでは、昨日の時点でできてた。)







美味しい美味しいツメ風味ダレをたっぷりとからめた偽うなぎ。
るぅのおいしいうちごはん
金のなさは頭と手間でカバーして。


ホント手間暇かけました。








仕上げには焼き海苔に錦糸卵、山椒まで飾ってお洒落させて。

るぅのおいしいうちごはん
もー。


手間暇手間暇手間暇手間暇。









そうです。


これは。










あたしが育てた鰻です。

るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「んなワケあるかばかタレーーー!!」












あたし「わはははは。」






手間暇だけでは山岡さんを騙せない。


と。


覚えておこう。











ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています











さー。


寝よ。