風呂に入ると言って。


一旦休憩をしたハズのあたしが。


なぜこんな時間にその②を書いているかと言いますと。





風呂に入ったあと。


「明日は、昼から新居巡りをするんだー。」


と。


これ以上ないくらい。


楽しそうに言ってたあゆみを思い出しまして。





それを思い出しましたら。


いてもたってもいられなくなり。





あたしもその祭りにのったからです。


(あゆみとあゆみ母とあたしの3人で新居巡り。)










そんなこんなでありまして。




「あゆみその②」は、


ちょうど飲みに行く予定だったさぶろー山を飲み屋まで送り、


その足であゆみんちに行くね。


と、言っているあたし達の様子から始まります。 (あー。長いくだり。)









あたし「じゃ。一時間後に行くから。絶対行くから。」






あゆみ「うん。適当に来てー。」






あたし「逃げるなよ。」






あゆみ「逃げないし。」





と。


電話を切ったあたしは。







あたし「お・・・おかーん!おかーん!おかーん!」







おかんを探し、家中をかけ回った。







あたしとあゆみ。


長い付き合い。


あたしのいない我が家で、


あゆみが過ごすこともあれば。


あゆみのいないあゆみ家で。


あたしが過ごすこともある。


悪さをすれば。


どちらの両親にも怒られて。


ここまでくると。


家族も同然。


おかんとあゆみも長いお付き合い。








あたし「おかん!おかん!おかん!大変大変大変大変!!!!!」






おかん「え?!なになに?何がどーしてどーなったの?」






あたし「あっ・・・あゆみが。あゆみが・・・。」






おかん「え?あゆみちゃん?どうしたの?」









あたし「結婚するってぇぇぇぇぇーーーー!!!!」







「ええええええええええええええ?!」









あゆみをよく知るおかん。


彼女の驚きは。


並大抵のものではない。




が。





同時にひなもさぶろー山も。


同じように衝撃を受けた。 (いやむしろ、ダメージに近い感じで。)








おかん「あっ・・・あっ・・・あゆみちゃんが!あの!あゆみちゃんが!!」






そうなのそうなの。






ひな「ママー。あゆみちゃんお嫁さんになるのー?!」






そうなのそうなの。






さぶろー山「え・・・?ギャグ?ギャグ?ドッキリでしょ?」






うん。


言いたい気持ちが分からないでもない。(あたしもそう思った。今でもちょっとそう思う。)







あの。



12年連続大恋愛期を迎えた。



あゆみちゃんが。



ついに。



結婚を。



決めた。




と、ゆーこの事実は。


あゆみをよく知るあたし達にとって。






世紀末の大ニュース。  ヤフートピックスに取りあげたい。









ひな「よかったねぇ。あゆみちゃん・・・。これでもう合コン行かなくてすむね。






うちに来る度。


あれやこれやと。


合コンでの失敗談を語ってくれたあゆみ。 (成功談は一度もなし。)


それを聞きながら育ったうちの子は。


やたらとあゆみ事情に詳しい。






あたし「・・・・・・そうだね。合コンも卒業だね。」






他に言葉がありません。






おかん「あゆみちゃん・・・幸せになるといいね。」






ええ。


本当に。






ひな「うん。本当に幸せになるといい。」






ええ。


本当に。






さぶろー山「え。だから。これはギャグで。あゆみはドッキリで・・・。」






ええ。


本当に。(あってもおかしくない。)













と、ゆー。


この一連の流れは。








切ったつもりの電話が実は電話が切れてなくて。



全てあゆみに丸聞こえだったんだんですけどね。














ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています












電話が切れてると思ったあたしもあたしだけれど。


ご丁寧にも最後まで聞いていたあゆみもあゆみ。(それもウンともスンとも言わずに。)




そしてごめん。


その③もあります。