消えた・・・


最後まで書きあげたブログが・・・


公開を目前に消えた・・・
















あああああああーーーーーーーー!泣












これね。


ホント泣きたくなるから。


マジで涙でるから。
るぅのおいしいうちごはん 天ぷら盛り合わせ・ヒラメのお造り・炊き込みふきご飯・具沢山汁









あー。もう。


下書き。下書き。


必要以上に押してやれ。













一昨日。


にぎやかになったクーラーボックスを握りしめて帰宅したアタシ達なんですけど。


ラーメンの誘惑に勝てず。


ラーメン(大盛り)食ってしまったんでね。(次回は特盛りイクよ。)






下処理だけ当日のうちにして、


食べるのは昨日にした。
るぅのおいしいうちごはん
昨日はこの中から、「サヨリ」「ヒラメ」を使わせていただきました。









サヨリってさ。


実は、あたしも初めてで。


料理したこともなければ、食べたこともないんだよね。







だからさ。


釣ってる時から、どーやって食べようかなーって考えてたんだけど。


隣で釣ってたおっちゃんが、


「サヨリは天ぷらだ。」


つってね。


調理法から食べ方に至るまで、超丁寧に説明してくれて。


「サヨリの天ぷらでキュっと一杯・・・アンタ最高の贅沢だぜ。」


ゆーてね。


その美味さについて15分以上も語ってくれましたんでね。







素直に従うことにした。
るぅのおいしいうちごはん
1:まずは、サヨリの先っちょのところを切り落とす。






2:お腹を開けて内臓を抜いて。


綺麗に洗ったら、しっかりと水気を拭き取って。
るぅのおいしいうちごはん
あ。どうも。サヨリさん。とても細いんですね。おうらやましい限りです。






3:天ぷら衣をつけたら油で揚げる。



「サヨリの天ぷらは、中の骨まで食べれるようにじっくり揚げて、


最後は強めの火で水分を飛ばすんだ。


魚はな、どんなもんでも、水分が残ると生臭くなるからな。


必ず最後に水分を飛ばすんだぞ。」   おっちゃん談。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「はーい。」





素直に従いました。








サヨリの天ぷら~!
るぅのおいしいうちごはん

天ぷら盛り♪





カラっと揚がったサヨリちゃんはこちら。
るぅのおいしいうちごはん
縞ダイもいるぜよ。




魚肉ソーセージ・かぼちゃ・さつまいも・・・
るぅのおいしいうちごはん
磯辺揚げはちくわとささみです。





かき揚げは玉ねぎと人参。
るぅのおいしいうちごはん
超ほっそく切った人参。


カリッカリしてすげー美味い。


かき揚げの人参はね。


細く切ると美味いですぜ。






こちらはふき。
るぅのおいしいうちごはん
ばーちゃんのね。


缶詰めのね。


ナミさん のね。


ハズレだったヤツね。








天ぷらってさ。


山盛り揚げるとすげー時間かかるから、


個人的には、今食べる分だけ。


ほんのちょっとだけ。


揚げたいなって思うんですけど。


おかんがね。


「山盛りあげてくれ」って。(おかんは何より天ぷらが好き。バット一杯の天ぷらを食べる人。)


しつこいくらい懇願するんでね。


本当に山盛り揚げてやりました。
るぅのおいしいうちごはん 全部揚げるのに50分かかりまして。


でっかい天ぷら鍋を買おうか否か・・・


真剣に悩むところです。










天ぷらにはね。


天つゆと塩を用意。

るぅのおいしいうちごはん

おかめ特製天つゆ。






基本的に、我が家、天ぷらには天つゆ派で、


天つゆをご飯にかけて食べれるくらい天つゆが好きなんですが、




「揚げたてのサヨリ天ぷらにちょいちょいっと塩かけて。


しょっぺーところをいただくのがツウってもんでな。


塩の旨味でサヨリが余計美味くなってよー。


そらもうこたえらんねー美味さで。虜になるぞ。塩の。」   おっちゃん談




おっちゃんがすごい塩オシしてくれたんでね。


塩を用意せぬわけにはいかんだろうな。と。





一応、塩も用意。
るぅのおいしいうちごはん

これ、わさび塩ってやつです。家にあったんで使ってみました。







天つゆと塩。


両方試してみたけど。

るぅのおいしいうちごはん あたし「塩うまーーーーーーーーーーー!!!」







断然うめーです。






さぶろー山「うん。マジでうめー。塩がうめー。」






断然塩。






おかん「ホントだ。塩のほうが美味しいねー。」






おっちゃんが塩オシした気持ちがよう分かる。













サヨリには塩。      覚えておこうと思います。














サヨリ自体はね。


わりとあっさり目なお魚で、


味わい的には、キスに似てるかな。


一応高級魚らしーです。





もうちょっと大きければお刺身にもできて、最高に美味いんだろうな。


次回は一回り大きいのを狙ってもらおう♪













それとね。


ヒラメさん。
るぅのおいしいうちごはん 全長27cmのミニヒラメ。






「この辺はなー。ヒラメの稚魚を放流してんだ。


なかなかかかんねーんだけどな。あんた達運いいよ。


これがかかっただけで、来たかいがあるってもんだ。」  おっちゃん談。







確かに。


こいつを釣った瞬間。


周囲の釣り人から歓声が沸き起こり。


みんな見てた。


いいなーって声も聞こえて。


さぶろー山は、ものすげー鼻高々してた。







「ヒラメは・・・塩焼きだな。内臓抜いて。塩ふって焼いて。


じっくりじっくりじっくり・・・水分しっかり飛ばしてなッ。」  おっちゃん談。







そうだね。


このサイズだったら塩焼きだね。


当然のごとく、


あたしもそう思っていたわけなんですけどね。







さぶろー山「ヒラメはお造りだよな。」







と。







さぶろー山「ヒラメって、普通、お造りにするよね?」







と。






当たり前のように。


この全長27cmのちっさいヒラメを。


おろせと。





このうすっぺらでペラッペラなヒラメを。


お造りにすると。












さぶろー山「お造りにするよね?」






あたし「あ・・・・・ハイ・・・・・」









無理矢理5枚におろして。


無理矢理お造りにしました。
るぅのおいしいうちごはん 1,000円の包丁でよくぞここまでやったよ。アタシ。








魚をさばいて早10年。





上手くなったもんだなーと思います。


(結婚するまで一匹丸ごとの魚なんて触ったこともなかったわ。)
るぅのおいしいうちごはん
うすっぺらのうえ、ペラッペラなヒラメたっだけど、


いっちょまえにえんがわもついてまして。


露ほどのえんがわがとれました。 (左下の丸まってるヤツ。あれ、えんがわ。)







さぶろー山「やっぱヒラメはお造りだよな。」






そうですね。


包丁買ってください。














味噌汁は具沢山。
るぅのおいしいうちごはん
大根・人参・ごぼう・しらたき・なめこ・なめこ・なめこ・・・


ナミさんのなめこ。


Wなめこで。








それと炊き込みご飯。
るぅのおいしいうちごはん
炊き込みふきご飯




ふきがね。


大量にあるんでね。


ナミさんのね。


ふきがね。


なので、


誰もが強制的に食べるであろう炊き込みご飯。






出汁と醤油、みりん、酒で味付けしただけなんだけどさ。


味付けがよかったのか。


ふき嫌いのひなが、すげー喜んで食べてた。






















で。



















筋肉痛です。










ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています








え。


釣っただけで筋肉痛・・・?(それも次の日じゃなくて次の次の日・・・?)