出た出た月が。


の、テーマでお願いします。


(あの、ソミソミドレミのやつです。まぁるいまぁるいまんまるい~って続く歌。)


























でーたー





でーたー
るぅのおいしいうちごはん
熱がー。
















どうせなら月でお願いしたいもんであります。


ありがとうございました。


















っつーわけで。


晩ご飯は簡単ものです。
るぅのおいしいうちごはん 豆乳豚しゃぶ










歯が痛くなる→熱がでる。








これ、


毎度お決まりのコースでしてね。


ワタシ先月も同じことやってますんでね。


今回はね。


もう分かってた。


夜になったら熱でるなって完全に分かってた。











なーのーで。









昨日は、歯医者→スーパーの順に回って肉と豆乳買って。


昆布も浸しておいた。
るぅのおいしいうちごはん
これで晩ご飯の準備はばっちりよ。とな。









ちなみに言わせてもらえば。


早く抜かないとまた痛みだすなってのも分かってた。








本当にね。


分かってた。








マジでね。


分かりきってた。








100%の確率でね。


ばんばんてーだった。












いや。


実際、マジな話。


本当に、絶対くると思って、


これでもね。


先月は、何回も歯医者に通ってたんですよ。












だーけーれーどーも。














先生、一向に抜いてくれなくてね。


なぜか全く必要のない歯のクリーニングを3回も通ってるっつーね。











いや。


いいんですよ。


昔から行きつけの歯医者さんですしね。


初めて親知らずで通院した時、


抜きますか?って聞かれて、


死ぬほど嫌がったのはアタシですしね。


ええ。


他でもないアタシよ。


アタシ。


先生もね。


そこんとこよく分かっていらっしゃる。











だけれどもね。










あたしも少々大人になりまして。


前回のこともありますしね。


個人的にはよろっと抜いてほしいかなーっつー気持ちも芽生えまして。





ちょっと抜いてみる?


みたいな。





やっぱ抜いてみる?


みたいな。





むしろ早く抜いてくれ。


みたいな。






頼むから気が変わらないうちに抜いてくれ。


と。






まずは右下の親知らずからいってみよーか。


と。







マジで先生に懇願したんですけどね。


大学の都合があるとか何だかで。


先生、一向に紹介状も書いてくれなくて。









まぁね。


大学病院も忙しいでしょうしね。


ご都合ってもんもあるでしょうよ。


お医者さんは忙しい。


大学病院も忙しい。


しょうがない。


しょうがない。









それならば。


と。


上の歯でもいいさ。


と。


上ならここで抜けるっつーんなら、


上から抜いてもらおうじゃねーか。


と。





さぁ抜いとくれ。


やれ抜いとくれ。


どれ抜いとくれ。


と。





それも懇願したんですけどね。














なーぜーか。















クリーニングを勧められ、


一向に上の親知らずも抜いてもらえず、


気付けばまた右下が痛み出したと。
















そんなあたしの1ケ月。













この話、書き出すと終わりが見えなくなるんで、


やっぱ先に晩ご飯いっとくわ。
るぅのおいしいうちごはん

まずはね、昆布をね、水に浸しましてね。2時間ほど置いておきまして。




そしたら豆乳をどぼぼぼぼーっとね。入れてね。
るぅのおいしいうちごはん
推定500mlほど。





酒とみりんを大1ほど入れましたら、ついでに豆腐も入れちゃって。
るぅのおいしいうちごはん
弱火でコトコトとね、温める。










イッツ豆乳しゃぶしゃぶ。
るぅのおいしいうちごはん
贅沢にも豆乳スープでしゃぶしゃぶする気です。


わほほーい。











たっぷりの具材を添えて。
るぅのおいしいうちごはん 豚肉・水菜・人参・厚揚げ。






煮込むとね、


しゃぶしゃぶじゃなく、お鍋になっちゃうからね。


生でも食べれるようなもののほうがグーです。







〆のうどんも一緒にのせときました。
るぅのおいしいうちごはん
皿を洗うことすら嫌で。端っこのほうに寄せといたわ。








こちらはタレ。
るぅのおいしいうちごはん
色の濃いほうが大人用の辛味噌ダレ。


色の薄いほうがひな用の胡麻味噌ダレ。





練り胡麻、味噌、みりん、酒、砂糖、醤油・・・


あと何入れたっけな。


イマイチ味が分からなくてね。


いろんなもん入れた。





怖いよね。


歯痛って。


味覚まで変えちゃうんだもの。





あーやだやだ。












じゃ。


スープが温まったらしゃぶしゃぶ開始~。
るぅのおいしいうちごはん

さぶろー山「たっ・・・大変だ!おかめ。大変だ!」








あらホント。


大変。


大変。









あたし「湯葉ーーーーーーーーー❤」
るぅのおいしいうちごはん

奇跡的にも湯葉がとれましてん。





豆乳入れた後ね、


全然混ぜずに火にかけたもんでね。


豆乳の上澄みが固まったのではないかと思われます。






あらぬラッキー。


思わぬラッキー。






あたし「うれしー❤❤❤」
るぅのおいしいうちごはん

大好きな生湯葉。






あたし「とろける~❤❤❤」






確かにとろけます。


確かに美味しい。






歯さえ痛くなければもっと美味かっただろうな。


残念です。


とても。








さぶろー山「お肉ー♪お肉ー♪お肉もしゃぶしゃぶー♪」
るぅのおいしいうちごはん

お肉は豚肉オンリーです。






牛肉を入れるとアクがでるからっつーのと。


豆乳にお金使ってるからっつーのと。




ふたつの理由からのことです。






間違いなく前者はあてつけで、


後者の理由からによるものです。









お肉はね、水菜を巻き巻きして食べると美味しい。
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「お前、お肉食べれるの?俺が食べてあげようか?」






ううん。


いらぬ気遣いありがとう。


せっかくのお言葉ですけど、


食べれないことはないです。









ただ。









ちょっとだけ左斜め45度の角度だけど。


(右下に食べ物がいっちゃうとエライコッチャになりますから。常に左斜め45度の角度を保って。)







ちくしょう。


親知らずのヤツめ。













ひな「ひなは昆布❤」
るぅのおいしいうちごはん
出汁に入れた昆布もね、


ちょー美味しいです。








でも。


一番美味いのはコレかな。
るぅのおいしいうちごはん
お豆腐~❤❤❤






豆乳でお豆腐煮るとさ、


角がちょろっと溶けて、


すっげー美味いの。


超高級お豆腐の味。





厚揚げも同様、


すっげー美味いです。


豆乳しゃぶしゃぶには豆腐と厚揚げ(もしくは絹揚げ)が必需品。











さぶろー山「あっ・・・!」
るぅのおいしいうちごはん
布のランチョンマットを使わなくてよかったな。と、思った瞬間。






さぶろー山&ひな。


おこぼし大魔王。













いつもならね。


具材を全部食べ終わってから。


うどんを入れるってのがこだわりの我が家なんですけど、


(なぜなら具材が残っているとごった煮状態になるので。)


昨日はね、


早々に入れさせていただきました。
るぅのおいしいうちごはん
ええ。


見てのとーり、ごった煮状態ですけどね。





もう待てない。


限界です。


言ってるの。


あたしの歯が。


(痛くて・・・ううう。)









〆のおうどん。
るぅのおいしいうちごはん

ずるずるっと豪快にすすりたい気持ちは山々だけど、


なんせ口が開かないこの現状。


1本ずつ、どこぞのお嬢様みたいに、ちゅるちゅるした。






あたし「はー・・・」






うどんはさ。


汁が飛ぶくらいすすって食べるから美味いんだよね・・・











ちと(かなり)不完全燃焼でしたが、


楽しい豆乳しゃぶしゃぶでした。
るぅのおいしいうちごはん 親知らずが憎い。


















で。
















昨日。


歯の痛みに耐えかね、


迷った末にあたしはあゆみに電話をした。







なぜここであゆみ?


医療関係者でも何でもないあゆみが、


なぜここで登場?


っつー感じですけど、


なぜなら彼女は、最近親知らずの抜歯に成功したからです。


(親知らずを抜歯して、5キロ痩せたそう。)







電話をしたら、


歯医者を替えろと言われ、


自分の行ってる歯医者ならそっこー抜いてくれるから。


安心だから。


と説得され。


あゆみ行きつけの歯医者を紹介してもらい。


そこへ行った。














ら。














大学じゃないと抜けないと言われ続けていたあたしの親知らずは、


何のことなく抜けることが判明し。


(できることなら大学まで行きたくありません。個人医院でイケるなら是非とも個人医院でお願いしたい。)







しかも。


そこの歯医者さんは、


毎週、慣れた外科の先生が大学から来てくれる らしく。


(慣れた大学病院の先生=ポイント高し。是非ともお願いしたい。)








これはチャンスだ。


と。






これは運命だ。


と。





抜くなら今しかない。


と。






今こそが、抜きどき別れどきだ。


と。









是非ともこの右下を抜いてください。


と、懇願したところ。


いいですよ。


と。


にこやかに承諾していただけた。









りんごーん。















そして。


どうせ抜くなら一気に2本抜いたほうがお得だよ。


と、先生に勧められ、


一瞬、


「なんつー恐ろしいことを言うんだ」


とも思ったけれど。


考えてみれば。


確かにそのとーり。







どうせ4本抜かねばならない運命。








4回行って4回麻酔をかけるより、


2回で済んだほうが確かにお得。 (リーズナボー。)








そして。


抜いた後、


抜いた側が使えなくなるのは、


分かりきってることである。








ご飯が食べたい。


毎日食べたい。








食べれない期間が4回もあるより、


2回ですむなら2回でお願いしたい。 (食いしん坊万歳。)



















じゃ、18日に右の上下を2本抜こう。


っつー話でまとまった。












ぽちっと応援ありがとう!


人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています










すでに怖いんで抜歯に関するコメントは勘弁してください。