おこんばんは。


おかめでございます。









恐怖の抜歯から一日が経過し。


抜歯の話でも書こうと思ったんっすけどね。


なかなかにね。





クソ痛くて。  おーいおいおい。泣






とてもそんな話を書く気力もなく。


そして、現在は思い出すことすら不可能でして。


抜歯中におきたアクシデントや抜歯の全貌のお話等々は、


元気になったら書くことにします。













これは昨日の晩ご飯。
るぅのおいしいうちごはん カレーライス・鴨のロースト








ま。


結果からいきますと、


少々のアクシデントにより、


2本抜歯予定の親知らずは、


1本しか抜歯できず。








今現在。


上の親知らず。


まだついてんですよね。






いるいる。


ココにいた。










カレーライスです。
るぅのおいしいうちごはん
あたしの抜歯が決まったその日から、


晩ご飯の心配をし続け。


当日の朝には、


「抜く前に作ったほうがいいって!」とのご助言までくださり、


抜歯後には、ご丁寧にも「晩ご飯どうなるの?」とのメールまでくださいまして。


ひたすら晩飯を心配し続けたおかんのタメに作りました。
















でーすーのーに。

















おかん「お昼食べすぎたみたいでさ。一口でいいわ。」
るぅのおいしいうちごはん
もう、どうにでもなれ。









鴨のローストはもちろん作っていません。
るぅのおいしいうちごはん
スーパーで150円になってたんで買いました。










さぶろー山「へー。コレ美味しいねー。」






あたし「あう。」






さぶろー山「おかめが作ったの?」






あたし「ああう。」






さぶろー山「買ったの?」






あたし「あう。」






さぶろー山「痛いの?」






あたし「あう。」






さぶろー山「抜く時どうだった?」






あたし「あーうー。」






さぶろー山「オットセイ?」






あたし「あうあう。」






さぶろー山「そっか。」












昨日は「あ」と「う」以外の言葉を失いました。



痛すぎて・・・。泣












もちろん、固形物など食べれるわけもなく、


流動食。
るぅのおいしいうちごはん
バナナみるく。







冷たいものは抜歯した個所に負荷がかかりますので、(うがいで経験済み。)


ほんのりあったかい。


人肌の温度で。
るぅのおいしいうちごはん
まるで乳児のようですが、


実際、


「あうー。あーうー。」


しかしゃべれないあたしは、


乳児扱いにしてもらって結構です。(できれば半額で新幹線に乗りたい。乗せてください。JR。)





















で。
























前回歯医者さんに行った時、


「これ、絶対抜いたほうが痛くないよ。」


的なことをね。


イケメン歯医者に言われましたけど。


あたしもそれを期待しましたけど。


実際ね。


あたしが思うにね。












そんなことねーよ。ばかやろー。













声を大にして言いたい。


抜いたほうが痛いです。


絶対痛い。


っつか。


比べ物にならない。









あの時もさ。


相当痛くて。


口も開かず、


食べ物も食べれず。


結構な涙を流しましたけど。







夜、眠れないことはなかったよねー。








ココ。


大きな違いね。














ぽちっと応援ありがとう!




人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

THANK YOU!



人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています








【おかめの抜歯記録】

抜歯当日は痛み止めも役に立ちません。