う。









ま。










れ。









る。































産ーーまーーれーーるーー
























アタシではなく、


友達が。


ね。


※だから妊娠はしてませんってば。

















さっきね。


陣痛室に入ったみたいで。


友達の旦那さんが連絡くれたんだ。







今頃、頑張ってるんだなぁと思うと、


いくら「10時になったら寝なくてはならない我が家」でも、


やっぱり眠れないわけでしてね。


(さぶろー山は寝ています。ぐーすかぴーすかと。トテモキモチヨサソウニ。)







「友達の出産」ってこと自体もすごく久しぶりなんだけど、


(なんせ、アタシの友は独身貴族。あゆみ筆頭。)


妊娠初期からずっと見てた子だからさ。


お腹の子にもすごく愛着があってね。


産まれるのがね。


すごく楽しみなの。









昔、昔の昔すぎて。


うっかり忘れそうになるけれど。


10年前は。


あたしも同じ思いで産んだんだよなぁ。


と。


いろんなことを思い出す。














死ぬほど切なかった悪阻。



(吐きすぎて吐きすぎて、しまいには、血まで吐いて。あわや死ぬとこだったわ。でも、会社に行った。根性の人。)


















死ぬほど切ない悪阻で、入院するほど痩せたのに、


なぜか30キロも太っていたこと。



(だからなんで・・・)


















出産というものを完全に舐めきっていたこと。



(みんな産むんだからアタシも産めるでしょ。的な。特に何も考えず。


出産前に書かされた悩み相談シートには、みんなが「怖い」と書く中、アタシ1人だけが「特になし」と記入。)















そしたら。


想像以上の恐ろしさだったこと。



(未だあれ以上の痛さを体感したことがない。多分、あれ以上のものは、一生ないであろう。間違いない。)


















死ぬほど痛くてのたうち回るあたしの横で、


なぜかおかんとさぶろー山が週刊誌を読んでいたこと。



(そんなにお暇なんですかと問いたい。)


















先生が神様に見えたこと。



(この人がアタシの運命を握っているんです!この人さえいれば・・・この人だけ・・・!みたいな。)
















そして。
















全ての困難を潜り抜け、


ようやく会えた我が子は。




やっぱりかわいかったこと。




(泣いたわ。いろんな意味で。)






















きっと。


友達も今、


いろんな思いを体感してるんだろうなぁと思う。












元気な赤ちゃんが産まれることを祈って。













アタシは寝ます。










ささ。


今日もお好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑



あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。








と、言いつつ、


早1時間が経過。


眠れまへん。