3月6日(水曜日)













弟の日  1992年、姉妹型&兄弟型の研究で知られる漫画家畑田国男氏が提唱。










じゃ、姉の日もあるんかい。


っつー感じですけど、


姉の日は12月6日。







じゃ、妹はどうよ?


っつー感じですけど、


妹の日は9月6日。







じゃ、兄さんはどうなのよ。


っつー感じですけど、


兄の日は6月6日。











ちなみに。










兄は兄でも、「いい兄さん」は、11月23日(いいにーさん)だそう。
るぅのおいしいうちごはん
肉じゃが・茎わかめともやしのナムル・明太子チーズな油揚げ・サーモンのマリネ・なめこの味噌汁









自分がいい兄さんだと思う人は11月23日に祝って、


悪い兄さんだと思う人は6月6日に祝ってみろと。






なるほど。


自己申告制。















じゃー、本日のわかめです。
るぅのおいしいうちごはん
茎わかめともやしのナムル







これね、茎わかめだとコリッコリしてすんごい美味いんだけど、


ふっつーのわかめでもいいよ。





あたしもね、


本当はさ。


ふっつーのわかめで作ろうと思ってたんけど、


冷蔵庫のわかめ(今週分)が尽きててね。


それで急きょ、冷蔵庫にあった「茎わかめ」に変更したぐらいのもんだから。










「今週分」と思って、とっておいたわかめがなくなったのはね、


多分、あたしがおやつに食べてるから だと思う。


(ものすごい勢いでわかめすすってます。ズルズルズル~って。)













レシピ 茎わかめともやしのナムル
るぅのおいしいうちごはん

【材料】4人分

もやし・・・・・1袋

茎わかめ・・・・・60gくらい

ごま油・・・・・小2~

塩・・・・・ひとつまみくらい

ガーリックパウダー・・・・・ひとふりくらい

炒り胡麻・・・・・好きなだけ



【作り方】

1:もやしは袋ごとレンチン。

るぅのおいしいうちごはん

詳しくはこちらをどーぞ→もやしのレンチン法。   1袋なので、600wで2分くらいかな。



2:袋に水を入れて2回くらい流し、ぎゅっと絞って水気を切る。
るぅのおいしいうちごはん
袋ごと絞る感じ。こうするとね、ザルも洗わなくていいの。笑



3:茎わかめは3~4cm長さの細切りにする。
るぅのおいしいうちごはん
ふっつーのわかめを使う場合は小さめにカット。



4:ごま油とガーリックパウダーを入れ、味をみながら塩を入れて混ぜる。
るぅのおいしいうちごはん
わかめによってしょっぱさが違うので、塩の量は加減してください。そして最後に炒り胡麻をどぞ。




茎わかめともやしのナムルできあがり~!
るぅのおいしいうちごはん
※わかめ6日目  前髪変化なし。

















それと、サーモンのマリネ。
るぅのおいしいうちごはん
これ、お雛様ん時買ったお刺身サーモンね。


マリネしちゃえば2日後でも全然平気。













それと油揚げー。
るぅのおいしいうちごはん
これ、すんげー美味しかったんで、次作った時レシピ書いておくわ。














メインは、肉じゃが。
るぅのおいしいうちごはん
おかん「うわ!この肉じゃが、すっげー美味いね!!!」






ひな「ホントだー。この肉じゃが美味しー。」






でしょー。


でしょー。


美味しいでしょー。






これ、


うどんすきの残り汁で炊いてんの。
るぅのおいしいうちごはん
高級和牛のね。


お出汁がたっぷりね。


しみ込んだお汁でね。






美味しくて当たり前。









おかん「なるほどねー。さっすがあんただわ。汁の一滴も残さずに、とはね。」








おりこうさんって言ってちょーだい。










おかん「ウン。さっすがケチケチ女なだけあるわ。」











結婚当初、


節約にハマり(っつか、ハマらざるを得ない状況だったとも言う。)


少々行き過ぎた節約を3年ほど繰り返したあたしは、(っつか、かなり度を超えていたという話。)


今になってもケチケチ女と呼ばれています。
るぅのおいしいうちごはん
そして肉じゃがは、もちろんこうやって食った。


(べらぼーにうめーです。)












節約はかなり度を越えたものだったけれど。


その究極の節約で、


ハワイ挙式&披露宴費用をたった3年で溜めた


というから驚き。桃の木。山椒の木。


(もちろん、結婚当初は貯金0円。


っつか、そもそも。22そこそこの小娘と社会に出て2年の若造が貯金などあるわけないという話。)







「身分相応な挙式にしようね。」


とか言いつつ、


いざとなったその時、


やっぱり夢は譲れないのが人間というもので。











挙式にはわざわざ東京のお高いプロデュース会社まで入れて、


(田舎者は東京に憧れるんです。ハイ。)




ウエディングドレスはオーダーメイドで、


(採寸の時にぱいぱいパッド5枚も入れられて・・・)




カハラに泊まってイルカと戯れて、


(途中で金が尽きてハイアットに移動して。)




一生に一度だから。と、全ての夢を叶え、


(言いわけのひとつです。)









溜めたお金は1円残らず使い切りました。






(我が人生に一寸の悔いなし。)



















じゃ。


悔いのないところで、なめこの味噌汁。
るぅのおいしいうちごはん
やっぱ、「おっきーなめこ」は美味いです。
















ちなみに、題名。


本文と何の関係もないですハイ。









お手数かけます。

お好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ




スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑



あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。







今は、ゆる~い節約生活がキモチイイ。