3月19日(火曜日)
















カメラ発明記念日  1839年、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明。















うちのカメラは、三代目。


その名も「デジ=三郎」。


あたしが買った時よりも随分とお値段がお安くなっているようで、


少々イラっとしましたけれど、


だがしかし。


我が家にやってきて9ケ月の、とっても愛しいデジ=三郎。













毎日思う。













どうか壊れないでください。


と・・・
















* * 壊れた時死ぬかと思うほどツライものランキング * *







1位:一眼レフ


(ないととっても困るのだけれども、所詮、趣味のものなので、買ってくれとも言いにくく・・・ダメージはデカい。)





2位:IHコンロ


(洒落た横並びコンロなんてものをつけたがタメ、いくらするのか考えただけで吐きそう。)





3位:冷蔵庫


(外側はしょうがないとしても、中身がダメになることがツラい・・・)














ちなみに。


「壊れてもかまいませんことよランキング」の堂々一位は掃除機。


(あってもなくても変わらん気がする。)
























じゃ。


話は変わって。





時はさかのぼり、2月12日のこと。









バレンタイン前のこの時期。


ブロ友かぎちゃん の(昨年のGW、我が家に遊びに来てくれた化け物の一人です。)とこで、


コタ(ご子息)がチョコレートをもらえるかどうかっつー話になっててね。


まだ5歳なのに、バレンタインには多大な期待を寄せるんだな。


っつーそれがね、


すんごいかわいくてさ。




コタがバレンタインにチョコレートをわんさか貰ってくることを、


我が家も一家総出で祈っていたのだけども。


(なんせ、うちのおかんとコタは、会津弁と大阪弁という壁を越えて語りあった仲ですきに。)











ま。


人生イロイロだよね。


(千代子もイロイロ。コタもイロイロ。)











うっかりコタが「死ね死ね団」(←参考文書稲中卓球部 )に入ってしまうといかんので、


送らせていただいたんですわ。


(それも、バレンタインなぞとうに過ぎた頃に。)


それもね。


もんのすごい出来の悪いパウンドケーキをね。


(それ、かぎちゃんが記事にしてくれてます。こちら に。ホント出来の悪いパウンドです。どうぞワロテ。)


















そして。


時はすぎ、3月12日。








あたしのメールボックスに届いた一通のメール。


「福山です。」







題名に「福山です。」と、書かれたこのメール。


アドレスがそのまま表記されており、


どうやら見知らぬお相手から届いているメール。







え。


福山?








え。


福山?!








えええ。


福山?!?!?!












あ。


これ・・・絶対結婚だわ。


アタシの気持ちが天を通して福山に通じたんだわ。


プロポーズのメールだわ。


どないしよば。


っつか、ウンって言おう。


今すぐ結婚しようって言おう。


例え重婚になろうとも、そっこー結婚しよう。


そして挙式は南の島にしよう。


あったかーい場所でのーんびり挙式して、


そのまま移住してしまおう。


的な。


(どうなっとんねん。この脳みそ。)






世界中の福山ファンごめーん。


あたし、福山と結婚するわー。


つってね。






それはもう、


ワタクシ、


浮かれて浮かれて何の疑いもせず。


浮かれて浮かれて花まで飛ばして、


いざ、メールを開けましたところ。












「本日ホワイトデーの贈りものを発送しました。


福山クンがお届けにあがりますので。」













つってね。













送信元は、「福山を名乗るかぎちゃん」でした。



(残念ながらプロポーズではありませんでした。)








そして、


かぎちゃんの送ってくれた「福山クン」にはGPS(発送番号)も完備されておりました。


(このメール、家族全員で笑いました。)



















そして、


ホワイトデーの当日。


我が家に福山クンがやってきました。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「わはッ!」






かぎちゃん。


ホント気がきいてます。


(あたしのツボをよく心得てる。)











中を開けてみますと。
るぅのおいしいうちごはん
まずは、新聞紙。




さらに開けてみますと。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「おお!」






何やらDVDらしきものを発見。









そしてそして。
るぅのおいしいうちごはん こんなトコにも福山クン❤










あたし「さすがだわ。さすがよかぎちゃん!!!」




アタシ、こーゆー気の利いたギャグが死ぬほど好き。











喜び勤しみ、さらに開けてみますと。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「ぶはは!」







ソースです。


ソース。






ヘルメスソース。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「ヘルメスって、エルメスのパクりかいな!笑」







なんと大阪らしい贈りもの。


嬉しすぎる。









あたし「ありがとうかぎちゃーん!ヘルメスソースめっちゃ嬉しいわー。」
るぅのおいしいうちごはん

つってね。


貴重な「エルメスのパクりソース」をいただいたんですよ。





すぐに開けたい気持ちは山々でしたが、


かぎちゃんからのメールで、


「このDVDをみてから食べてね。」


と言われておりましたので、


昨日、このDVDをみさせていただいたところ、


そしたら。


んもう。












でるわでるわ。


の。


ソーススペシャル。



(DVDにはね、「魔法のレストラン」って番組が入ってました。ソース特集の。)







ソース三昧。


ソース天国。





大阪ソースの陣。




(っつーくらいソースに溢れた番組だった。)











で。










気付くけば、ソース口❤


っつね。


それはもう、すんばらすぃーDVDが入ってまして。






そして気付けば。

るぅのおいしいうちごはん

あたしはお好み焼きの用意をしていたっつーね。











すごいよ。かぎちゃん。


さすがだよ。かぎちゃん。





あたしのことよう知ってる!


知り尽くしてる!!笑


(アタシ、ソースをみただけでお好み焼き食いたくなる人です。)




















で。ですね。



















このDVDにも登場してた「ヘルメスソース」
るぅのおいしいうちごはん
エルメスのパクりでヘルメスー!


なんつって大笑いしたこのソース。







実はこいつ、どえらい代物でして。








大阪では知る人ぞ知る名店のソース。


おっちゃんとおばちゃんが2人で作ってる小さい町工場のソースらしいんだけど、


ネット注文では何カ月待ちだとかの超貴重品ソースでして。










何と言いますか。









かぎちゃんごめん。


ヘルメスごめん。


勘違いしてごめん。


笑ってごめん。









あたし、土下座します。


(DOGEZA。)










穴があったら入りたい。


穴がなくとも入りたい。


穴を掘ってでも入りたい。


そして一生穴の中で暮らしたい。















名店ソースを、パッチもんと勘違いしてしまうだなんて、


恥ずかしすぎて、穴から出たくないくらいの勢いで、


いっそHARAKIRIしたいくらいの申し訳なさなんですけど。


特にあたしの臓物を見たい人とかいらっしゃらないと思うんで、


最高のソースには、


最高の生地を作ってやろうと。


それはそれは試行錯誤を繰り返しまして。(5分程。)


作ってみました。
るぅのおいしいうちごはん
まずは、卵2個に小麦粉200g、水200cc、和風出汁の素大1をボウルに入れて、よーく混ぜて。






で。


いつもならメレンゲを入れるか、山芋を入れるかの二択なんですけど、
るぅのおいしいうちごはん
今日はダブルでいこうと思って。


(ふわふわメレンゲ+ふわふわ山芋=もっとふわふわな最強生地。 ←間違いない。)








すりおろした山芋100gを加えてー。
るぅのおいしいうちごはん
卵2個+小麦200g+水200cc+和風出汁の素大1+山芋100~150gってのは、


最近お気に入りな我が家のお好み焼き生地。


たまーにマヨネーズや揚げ玉入れたりもします。







そしたら、箸で必死に混ぜる。
るぅのおいしいうちごはん
泡立てるかのようにぐるぐるぐるぐると。


(そうするとね、山芋が泡立ってふわっふわになんの。)


ついでに粗みじん切りのキャベツとみじん切りの紅生姜も入れちゃう。






そしたらば。


そこに加えてみようホトトギス。
るぅのおいしいうちごはん
しっかり泡立てたメレンゲね。


ケーキを作るわけじゃないので、


「砂糖を3回に分けて加えろ」とか、


「低速で1分間キメを調えろ」とか、


そんな面倒くせーことは一切申しません。


ツノがたつまで泡だちゃそれでええ。






メレンゲを入れたら混ぜてみようホトトギス。
るぅのおいしいうちごはん

ホーホケキョ。









ほーれ見たことか。

るぅのおいしいうちごはん
見事、泡々な生地ができあがりましてん。












やっぱ、あたし天才だな。














気持ちよーく自画自賛ができたところで。


お好みの具材をのっけまして。
るぅのおいしいうちごはん
手前:コーン+ネギ  奥:ウインナー+チーズ+ケチャップ






手前:シーフードミックス+ネギ  奥:さぶろー山+ネギ
るぅのおいしいうちごはん
あ。間違った。


さぶろー山じゃなく、豚ね。


豚バラ。










そしたらば。













ホットプレートで焼いてみましょうホトトギス。
るぅのおいしいうちごはん
コケコッコー。









そして。


ここで登場したるは、 「ヘルメスソース」!!!
るぅのおいしいうちごはん

ええ。


あたしがね、エルメスのパッチもんと間違ったソースね。
















申し訳ございません!!!


(ちなみに、ヘルメスって商業の神様のお名前らしいです。)



















そんなヘルメスソース。
るぅのおいしいうちごはん
これ、開けた時に、この蓋んとこ、ちょっと舐めてみたんだけどね、


それがさ。











べらぼー美味くて!!!








たったひと舐めで分かるこの違い。


びっくりした。


今まで食ってたソースと違いすぎて。


何このソース。


(ヘルメスです。)


どうしたんこのソース。


(もらいました。かぎちゃん様から。)












たっぷりかけようホトトギスー❤
るぅのおいしいうちごはん
あたし、大阪とは何の縁もないただのおかめですけど、


「大阪のお好み焼き定食」には超共感します。


(お好み焼きとご飯は最強の組み合わせですねん。)









たまらんわー。


この匂い。
るぅのおいしいうちごはん ブログ通して匂いも届けられたらいいのになぁ。


誰かそんなパソコン発明しませんか?








お好み焼きwithヘルメスソースできあがり~!
るぅのおいしいうちごはん
たっぷりヘルメス&たっぷりマヨ。


花かつおに青海苔、紅生姜の三種の神器も忘れずに。







あたし「いや~ん❤超美味そうなんですけど~❤❤❤」
るぅのおいしいうちごはん
これをみて、今晩お好み焼きにしちゃう人、だーれだ❤












では。


噂のヘルメスソース、


いざ、実食!!!
るぅのおいしいうちごはん
あたし「うっまーーーーーーーーー!」






びっくりうめー。


やっぱりうめー。










さぶろー山「このソース・・・いつもと違う!!!」






さすが山岡さん。


ソースの違いにも敏感。






おかん「そうだよねー。なんかさー、いつものソースより旨味たっぷりな感じするー。」






さすがヘルメス。


鈍感なおかんでも分かるこの違い。






ひな「ひなはね、ウン。美味しい。」






そうだよネー。






あたし「ソース、超うまー。これ、このまま舐めれそう。」






ホント、そのくらい美味い。




さぶろー山「ブルドックを定番としたら、オタフクは子供向け。そしてこれは大人向けって感じ。」
るぅのおいしいうちごはん
とってもいい意見。






ブルドックをノーマルだとしたら、


ちょっと甘めのオタフクは子供味で、


ほんのりスパイシーなヘルメスソースは大人味。







さぶろー山「なんつーか・・・・・・・・・・・・・・・このソース超うめー。









もっと焼こう焼こう♪
るぅのおいしいうちごはん
たっぷりお好み焼き焼いちゃおう♪








あたし「こんなに美味いソースだったら、マヨネーズいらなくない?」
るぅのおいしいうちごはん
お好み焼きの必須アイテムマヨネーズ(キューピーハーフ)無し。


ええ。


それでも十分美味い。


っつか、


美味すぎる。











あたし「かつおぶしすら邪魔なんですけど。」
るぅのおいしいうちごはん
そして最後には、かつおぶしまでもがいらなくなった。













ヘルメスソース・・・


マヨネーズも三種の神器も不要です。


(純粋にソースの味を楽しめるソースおんりーが一番美味い。)











そして。


ひたすらお好み焼きに感嘆するあたしの横で焼かれる「お好み焼きではない者たち」。
るぅのおいしいうちごはん
うちね、「ホットプレートを見るとどうしても肉が焼きたくなる病」の人がいるんだわ。


ええ。


あえて誰とは言わねーですけど。


さぶろー山ですけど。


(あ。言っちゃっター。)










ま。


いつもだったら怒りたくなるこの行為。








でもね。


大丈夫。
るぅのおいしいうちごはん
今日は、お肉をたっぷり用意してるんで。





あたしも大人になったね。














あたし「ハイハイ。お肉は何で食べるんデスカー。」





塩・胡椒デスカー。


レモンデスカー。


焼肉のタレデスカー。


どーせあたしに取りに行けってゆーんでしょー。


いーですよいーですよー。


どこまでも行きますわー。


何でもお取りしまっせー。




さぶろー山「ヘルメスソースで食べる。」






あたし「えええええ!」






さぶろー山「絶対美味いと思うんだよな。このソースで肉って。」






えええー。


そんなん超邪道じゃーん。





肉は塩・胡椒でしょー。


肉はレモンでしょー。


肉は焼肉のタレでしょー。






さぶろー山「だよねー。」






と、一見分かった風な返事をしておきながら、


あたしの意見なぞ100%無視で、


おもむろにソースをつける男。(力士系。)
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「うっまいうっまい!バカうめー!!!」






あたし「えー・・・」






超嘘っぽいんですけどー。


あたし、そんなん騙されないんですけどー。






さぶろー山「いや。マジで。お好み焼きよりうめーかも。」






あたし「えー・・・」






ソースはね、


お好み焼きにつけるって相場が決まってんですけどー。


あたし絶対騙されないんですけどー。






さぶろー山「バカ!これ、食わんかったら絶対後悔するぜ?」






あたし「えー・・・・」






っては思うけど、


そこまで言われたら、食ってみたいと思うのが人間というものよ。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「うめーーーーーーー!!!」






さぶろー山「だろ?だろ?だろう???」






うめーうめー。


超うめー。






ほんのり甘い豚肉×ちょっぴりスパイシーなヘルメスソース。


二人の出会いは、得も言われぬ美味さとなっておりまして。


そこはもう、極楽浄土。










あたし「肉肉肉!肉を!今すぐ肉を追加せよ!」

るぅのおいしいうちごはん
お好み焼きそっちのけで肉焼き開始です。














※バゲットがあたしを呼んでいるので、続きはまだ後ほど。








お手数かけます。

お好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑



あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。






今日のバゲちゃんはどんな焼きあがりかしらん。