4月11日(木曜日・・・だっけ?)















ガッツポーズの日  



1974年、ボクシングWBCライト級タイトルマッチで、ガッツ石松がチャンピオンのロドルフォ・ゴンザレスに勝利。


その時、両手を挙げて喜んだその姿を、新聞記者が「ガッツポーズ」と表現し、「ガッツポーズ」という


言葉が生まれた。











「ガッツポーズ」の「ガッツ」は、「ガッツ石松」の「ガッツ」。
るぅのおいしいうちごはん

富美屋うどん・きのこご飯・浅漬け・ポテトサラダ・里仙もなか








ふう。









子育て中のみなさん。


本日もご苦労様です。






共にがんばりましょう。











んじゃ、晩ご飯。
るぅのおいしいうちごはん
富美屋うどん♡









これね、

はるかのお義母さんが送ってくれたおうどんなんだけどね。



すんごいすんごいすんごーーーーーい美味いの。
るぅのおいしいうちごはん
はるか「富美屋うどんーーーーーーー♡♡♡」






京都にあるうどん屋さん(富美屋さん)のおうどん。


これがね。


超激うまで。






あたし「やったああああああああー♡♡♡」






もう、超好き。


好き好き好き好きすきーーーーーーーーん。


ってくらう好き。


死ぬほど好き。






はるか「このうどん、超美味しいんだよねー♡」







そうなのよう。


うどん自体も美味しいのだけれど、


出汁が美味くてね。


すんごいいい味すんの。






ひな「ひなもこのおうどん好きー♡」





うちの子、うどん嫌いなんだけどね。


普段うどん作っても全然食べないんだけどね、


そんなうちの子ですら、ここのうどんは喜んじゃう。


そのくらい美味い。










出汁もうどんも具も全てパックされてて、


(ネギは刻まれた状態で入ってるし、三つ葉なんて、結ばれた状態で入ってるの!)


鍋に開けるだけでいい。


ってのも魅力♡


(親切設計については、ここのページに詳しく書いてあります→しっぽくうどん









子育てに追われるママさんの味方♡
るぅのおいしいうちごはん
さぶろー山「超うめーーーーーーーーー!」






うどんも出汁も超うんめーんですけど、


このお揚げ。


これがね、激うま。




いい具合に甘くて。


いい具合にしょっぱくて。


実にいい味なんです。




ついでに言えば、


添付の七味も絶品です。


(京都の七味は山椒の味がして美味い。)









特に知り合いでもなければ、


売り子でもないんですけど、


富美屋さん、オンラインショップもあります。




こちらから買えます→富美屋オンラインショップ  




おかめのイチオシは、「しのだ」か「しっぽく」。


マジでうめー。














あとはね、きのこご飯。
るぅのおいしいうちごはん
炭水化物に炭水化物?





うん。


いいんです。











子育ては腹が減るんです。










(はるかもアタシも一日6食くらい食います。)
















そして、ポテトサラダ。
るぅのおいしいうちごはん
たっぷりマヨのポテトサラダ。


美味しさの秘密は「GABAN味付け塩コショー燻製風味」♡






これ、ホントうんめーんだわ。










そういや。


ハウスさんから取り扱いの店舗を教えてもらったので、


後でUPしておくね。


(子守りにひと段落ついたら。)

















あとは、浅漬け。
るぅのおいしいうちごはん
白菜とかきゅーりとか人参とかの浅漬け。





まぁ、


可もなく不可もなく。


浅漬けって感じ。















そして、お義母さん(あたしのお義母さん)からもらった里仙もなか。
るぅのおいしいうちごはん
新潟の和菓子屋さんなんだけどね、


ここんちの最中も美味いのだ。







サクっとした最中にとろ~り赤あん。
るぅのおいしいうちごはん

あたし「超うめー・・・・・」






疲れた体に染みいる美味さ。













うどん5玉。


炊き込みご飯3合。


ポテトサラダ、浅漬け、里仙もなか。







この後、ロールケーキも食いました。



















で。



















昨日は、お義母さんとお茶をした。


(お義母さん=さぶろー山のおかーサン。ね。)







午後の穏やかなひと時。


お義母さんとお茶を飲み飲みチョコレートをかじる優雅さ。






筍山のこととか、


今年は、「なり年」かどうかについてとか。


(これね、なり年はいいんだけど、ならない年は本当にでないんだわ。)






現在の筍の様子とか、


今年の収穫量についてとか。


(期待度大。)





筍に対するあたしの愛情とか、


熱望とか、祈りとか。


(もう、ハンパない。)







いろんな筍のことで(と、言うか、最初から最後まで筍の話。)話がはずんで。


それはもう、楽しい時を過ごしたのだけれど。












気付けば午後4時。


(楽しい時間というものはあっという間なのだよ。)












帰るにはちょっと早いけれど、


自宅には、はるかとやぎ子が待っている。








何時に帰る予定なんて話は全然してこなかったけれど、


もしかしたら、


あたしの帰りを待っているかもしれない。










はるか(おっぱい)がいるのだから、何の問題もないのだけれど。


ひょっとしたら。









はるかが困っているかもしれない。


やぎ子が泣いているかもしれない。






(そら、大変!)
















あたし「お義母さんすみません。あたし、そろそろ帰ります~。」






お義母さん「え。もう?最中あるよ?食べる?食べていく?」






うん。


あたしもね、


もうちょっとしゃべっていたい。





最中もね、


すっごく食べたい。






でもね。


でもね。






あたし「すいません。アタシにはやることが・・・・・」











子守り(+離乳食作り)という使命があるんです。













お義母さんに後ろ髪ひかれ、


最中に後ろ髪ひかれ。




大急ぎで。


光をも超える勢いで。




そこまでして帰ってきたというのに。




























帰ったら2人共寝てました。












(まー、いいんですけど。ええ。悪くないですけど。)











親は寝ていても、


姉には使命がある。
るぅのおいしいうちごはん
作ったこともない離乳食。


次の日のことを考えて、


小分け保存までしてやったわ。











離乳食に追われ。


大人のご飯に追われ。








MAX忙しいその時に。








なぜか抱っこをせがむうちの子。
るぅのおいしいうちごはん
齢14歳。


雌。


チワワ。


毛色黒。






やぎ子の到来により、


完全に赤ちゃん返りをおこしてます。





(写真撮影:昼寝から目覚めたはるか様。手伝う気はナイ。)















フランソワ「きゅーん。きゅーん。」






あたし「あー。はいはい。よちよち。よちよち。」






フランソワ「きゅーん。きゅーん。」






あたし「よちよち。おー。よちよち。」
るぅのおいしいうちごはん
はたから見ればイタイ人だけれど、


しょうがない。


うちの子はおんぶが好きなのだ。









フランソワをかまいながら、


抱っこしておんぶして。


そこまでして作った本気の離乳食。
るぅのおいしいうちごはん
鮭のクリームシチュー&じゃがいもとアスパラのサラダ♡











あたし「さささ。やぎ子ちゃーん♡るーさまの作った離乳食でちゅよー♡」







やぎ子「あぶぅー。」






訳:おいしそうでちゅー!


(と、言ってるように見える。)






あたし「美味しいぞう♡うんまいぞう♡おばちゃんのご飯はおいちいぞう♡」






やぎ子「ぱぷぷぷぷぷぷー。」






訳:食べたいでちゅー!


(と、言ってるように見える。)






あたし「んー。食べたいのねー♡そかそか。やぎ子も食べたいのねー♡」






やぎ子「ぷぷぷぷぷーう!」






訳:早くくれー!


(と、言ってるように見える。)






あたし「はい。あーん♡」































やぎ子「だああああああああああ。」






























やぎ子。




一口も食べず。




(どちらかと言えば、口に入れた瞬間出した系。それも相当嫌そうに。)
















あたしの心は折れました。








お手数かけます。

お好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑



あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。









その後やぎ子は、さぶろー山の茹でた素麺をとっても美味しそうに食べていて、


さらにアタシの心が折れたという話。


(もう再起不能です。)