昨日、元気に旅立っていったはるかとやぎ子。














旅立つ準備をしながら、


はるかがあたしを呼ぶ。





はるか「おねーちゃーん。」






あたし「んー?」






はるか「新幹線の中にさ、やぎ子が食べれるものってあると思う?」






あたし「新幹線の中・・・・・」









あたし、


久しく乗っていない新幹線のことを思いだしてみる。










新幹線とは、


日本の高速鉄道であり、


新潟県は、


JR東日本とJR西日本、両方が走る変態県である。


(って、福井のすし屋の大将が言ってた。)






新潟と江戸を結ぶのは、


上越新幹線(JR東日本)であり、


MAXときが主流である。






新潟←→東京間を走るノンストップ新幹線を使えば、


江戸まで1時間40分で着くことができる。


(確か、今はこの新幹線は走ってない。)






使用車種によって、


8・10・12・16両編成となり、


あたしはグリーン車が好きである。


(お茶もらえるし。)






新幹線の中には、


自動販売機の他、


売店もあり、


土産物から弁当まで、


さまざまなものの販売をしている。






そして。


あたしは、


この売店がめっちゃ好きである。


(なんか分からんけどね、いつもここに居たい感じ。)











あたし「ああ。何でも売ってるよね。」






お菓子もジュースも弁当も売ってる。


アイスもビールもつまみも売ってる。


土産物もフル装備。


何でも売ってる。


すごいな新幹線。






はるか「うん。そうだね。あんた今、違うこと考えてたでしょ。」






あたし「いや。ちょっと・・・新幹線のことなど思い出してみて。」






はるか「あたしはね、その中にね、やぎ子が食えるものがあるかどうか聞いてんの。」






あたし「ああ。やぎ子ね。やぎ子。やぎ子・・・」








何でも売ってる新幹線。






駅弁は売っているけれど。


やぎ子にはチト早い。





お菓子も売っているけれど。


やぎ子にはチト早い。





アイスも売っているけれど。


やぎ子にはチト早い。








あたし「んー・・・・・・あたしの記憶によると・・・ナイね。」






はるか「だよねえ。あたしもそう思うんだ。」






だよねえ。


あたしもそう思う。






はるか「じゃあさ。新幹線の中でお腹が減ったらどうしたらいいと思う?








ああ。


分かった。


分かった。


























弁当作れってことですよね。











ばあや最後の仕事。


やぎ子の弁当作り。

るぅのおいしいうちごはん

「お野菜たっぷりふわふわお好み焼き風弁当」









はるか「悪いね。ばあやッ♡」





それはもう、


たいそうなにこにこ顔で。


弁当片手に旅立ってゆきました。




















そんな、はるかとやぎ子を駅まで送り、


ひなと2人でおうちに帰る。






毎日やぎ子の奇声に溢れていたこの1ケ月。






だぁれもいなくて。


物音ひとつなく。





寂しいなぁ。





と、周囲を見る。






























周囲。 

るぅのおいしいうちごはん
(やぎ子の特技が最大限に生かされたリビング。)





あたし「・・・・・・・・・・・・。」




















「やぎ子がぶつけると危ないから。」


と、言ってはるかが買ってきた角防止テープ。
るぅのおいしいうちごはん

はるか「ちゃーんとはがれるヤツにしたからさ~♡」


と、言っていたそのテープは。









全ッ然はがれない。










あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



















そして。


何でも噛みたいやぎ子の残した軌跡。
るぅのおいしいうちごはん
噛み痕①













あたし「え・・・・・・・・・・・・・・・。」

るぅのおいしいうちごはん
やぎ子の噛み痕②。












あたし「え・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

るぅのおいしいうちごはん やぎ子の噛み痕③。











あたし「え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

るぅのおいしいうちごはん
やぎ子の噛み痕④。







あたし「やぎィィィィィィィィィィィィー!」





















あのね。


寂しさに酔いしれる。


とかね、


泣いてる暇。


とかね。









一秒たりともないから。








(本気で掃除して、本気ではがれないテープをはがして、本気で傷だらけになったテーブルを見て泣いた。)




















そんなこんなで、


晩ご飯はこんなです。
るぅのおいしいうちごはん
すき家のぎゅーどん。







このブログの題名を見てさ、


「あ。おかめさん、すき家風の牛丼完成させたんだな~♡」


とか思って来ちゃった方がいたら、


ホントごめんなさい。


と、思う。











すき家風も何も。


本物のすき家ですがな。
るぅのおいしいうちごはん

つゆだく牛丼。






あたしはつゆだくが好き。


それも、


「半分食べてから、七味と紅生姜をのっけて、残り半分を食べる」


っつースタイルが好き。
















ってゆーかさ。


はるかさ。


もひとつ、残していったものがあったわ。
るぅのおいしいうちごはん
異常な食欲。









おっぱいのせいなのか、


異常な食欲を見せてくれたはるか様。





毎日毎日よく食って。


それに触発されたあたしの食欲。





暇さえあれば食い続け。


朝・朝・昼・昼・夕・晩の一日6食が定番だったあたし達姉妹。


(エブリデー6食。)






もちろん、あたしもはるかも太り、


お互い2キロずつ肥えたワケなんですけれども。










なんつーか。










こんなもん残していくんじゃないよ。














ちなみに。


上記牛丼は大盛サラダセット。






大盛ってさ。


所詮、ご飯と肉がちょっと増えただけのモンだしさ。


こんなんくらいならさ。


女の子でもさ。


ちょっと腹減ってたら食えちゃう域だしさ。


全然許せる範囲じゃん。









でもね。













大盛を食べる30分前。











あたし・・・お好み焼き食ってんですけど。
るぅのおいしいうちごはん
もう、どうしたらいいの。













お手数かけます。

お好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。





っつーあたしは、


ロールケーキを食ってから寝ました。


(どうしようもない。)