とりあえず。


晩ご飯、さささささーっといきます。











6月27日(土)晩ご飯。
るぅのおいしいうちごはん まぐろの唐揚げ・お稲荷さん・キャベツとちくわの煮びたし・マンゴーさくらんぼ盛り・冷奴









シーズン到来冷奴♡
るぅのおいしいうちごはん
かつおぶしとネギのっけ。





この時期はさ、


美味いのよね。


ホント美味い。


(18円の豆腐が。)












そして、マンゴー&さくらんぼ。
るぅのおいしいうちごはん
はるかさーん。


おねーちゃん、もっかいマンゴー食べターイ。












そして、山ほどあったまぐろで唐揚げ。
るぅのおいしいうちごはん
美味いよねーまぐろの唐揚げ。


あたし、肉より好きですけど。












そして、キャベツとちくわの煮びたし。
るぅのおいしいうちごはん
どってことない副菜だけど、


あたしは好きよ。





これだけでも丼白飯が食えちゃう♪










って言いつつ、お稲荷さんなんですけども。
るぅのおいしいうちごはん
これね、いただきもののお稲荷さん。


ひじきご飯に胡桃が入っててね、


すんごい美味いの♡











あたしさ。


最近記憶力の低下がひどくて、(きっと老化現象。)


昨日のことすら覚えてない(どころか、今日のことすら忘れる始末。)ことも多々あるんだけど、


このお稲荷さんを食べてる時ね、


お稲荷さんの中に打ち豆が入ってて。






あたし「わ♡打ち豆入ってるー♡」





って、喜んだんですよ。


そしたらね。






おかん「え。どこ。どこどこどこ?」






つって、稲荷寿司を解体し始めて。






あたし「え・・・稲荷の中・・・に・・・?」






おかん「え。稲荷?稲荷の中????」






おかんがね。


ものすげー形相で。


ものすげー勢いで。


稲荷寿司をね。


ほじくってるんですよ。


(顎にご飯粒つけて。)






まぁ、打ち豆は美味しいけど、


そんな、ほじくるまでしなくてもいいんじゃなかろうか。


と、思うし、


そもそも。


この人・・・そんなに打ち豆好きだったっけ・・・?


ぐらいのことを思っていたら。














おかん「いちまんえんどこ?!」















打ち豆ではなく、一万円を探してました・・・。(それも本気で。)
るぅのおいしいうちごはん
打ち豆&一万円。


確かに似ている。






似ているけれど。







この稲荷のどこに一万円が・・・



(政治家でもしねーわ。)














本気でおかんを心配した・・・

るぅのおいしいうちごはん そんなワンプレートご飯でした。




















で。




















昨日ね、


うちの旦那さん、釣りに行ってたんですよ。







6時半出船の漁だったもんで、


帰りは午前様。


みたいな。





そんな釣りだったんですよ。(イッツ夜釣り。)












まぁ。


アタシも暇ですから、


ブログを書いて。


お風呂に入って。


お布団に入ったところで。





やっぱり起きて。





さぶろー山をね。


待つワケですよ。












あのですね。


これはですね。


決してよい妻の心得なワケではなく、


釣りから帰って来た時ってね、


起こされるんですよ。








たとえアタシが、


夢の中だろうが。


ヨダレたらしていようが。


福山と逢引していようが。(←そんな夢、最高すぎるわ。)









起こされるんです。


叩き起こされるんです。












起きろ。


と。


(問答無用です。)

















でもね。


これはね。


起きてさばけ。


って言ってるワケじゃないんですよ。








どちらかと言えば。


「俺の釣った魚を見ろ。」


みたいな。






「黙って見ろ。」


みたいな。






「とりあえず見ろ。」


みたいな。











ようはね。


見てくれ。


ってだけのものなんですわ。


(見ればいいんです。見れば解放されるんです。)














まぁ、言うなれば。


アレです。


アレ。









捕えたネズミを飼い主に持ってくる猫。


みたいな。


(ようは、褒めろ。と。)







見せびらかしの行為。


みたいな。


(ようは、褒めろ。と。)









そんな人間心理なんです。




















そうして我が家にやって来た、釣果’s。(午前1時すぎ。)
るぅのおいしいうちごはん
デスネ。





ええ。


鯛です。





鯛がね。


来たワケです。












ええ。
るぅのおいしいうちごはん
あたし「でかっ・・・・・・」






予想を超えるサイズがね。


来ちゃったワケですよ。















全長90cm。
るぅのおいしいうちごはん

これぞ鯛!!!


って感じのお鯛様。












さぶろー山「どう?どう?どう?俺の鯛どう?」←嬉しい。嬉しい。褒めて欲しい。






あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」






さぶろー山「ねえ。ねえ。ねえ。俺の鯛どう?」←嬉しい。嬉しい。褒めて欲しい。






あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」






さぶろー山「これね、一番おっきかった!今回の釣りで一番だった!」←嬉しい。嬉しい。褒めて欲しい。














あたし「・・・・・・・・・鯛か・・・・・・・・・・」














あのね。


あたしね。


鯛がね、


嫌いって言ってるワケじゃないんですよ。






むしろ、好き。


すごく、好き。

るぅのおいしいうちごはん

三枚おろしの状態ならば。


(もしくは柵で。)











さぶろー山「じゃ、後はよろしくね!」←早々に寝る準備。






あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」←「見れば解放」。「猫の心理」。話が違う。言葉もでない。














ってゆーかさ。


鯛ってさ。


結構なお値段するじゃないですか。


いくら夏の産卵前の時期とは言え、


やっぱり庶民には手がでないお値段じゃないですか。






あれはね。


ウロコ取りの値段が90%を占めてるんですよ。(絶対そうだと思う。)
るぅのおいしいうちごはん
1m先にもウロコ。


2m先にもウロコ。


どこまでもウロコ。







今日の朝起きたら、


洗面所にまでいましたけどね・・・


ウロコ・・・





(今までの経験から言うと、一週間くらいはいろんな場所からウロコが発掘されまくります。)


















そして。


鯛がデカけりゃウロコもデカい。
るぅのおいしいうちごはん

あたしの親指の爪よかデカいウロコ。


1枚1枚が2cmくらいあるウロコ。






かてーし、とれねーし、手はいてーし・・・






包丁がね・・・


負けそうでした・・・







(そしてあたしの手はシワシワ・・・。)












ま、あたし、この作業・・・


夜中にやってんですけどね・・・





ウロコ取りに1時間近くかかってんですけど・・・ね・・・


(午前2時のウロコ取り。)













そんな にっくき お鯛様。(ウロコ取れ後。)
るぅのおいしいうちごはん
まな板の上に乗せてみました。









ま。
るぅのおいしいうちごはん
はみでまくり ですけど。











あたし「まな板の意味がない・・・・・・」






でっかいお魚もさばけるように。


って、


でっかいまな板も買ったばっかりだったんですけどね・・・














それでも負けじと。


どデカいお鯛様と格闘すること30分。
るぅのおいしいうちごはん

この中骨の太さよ・・・


(何度包丁を入れても切れなくて切れなくて切れなくて・・・ううう。泣)








お鯛様がこの形になった時・・・・・!
るぅのおいしいうちごはん
あたしは泣きました。











あたし「ううううううう。もう釣ってこないで・・・泣。」






デカい鯛はね、


凶器です。


(そして、1000円の包丁じゃ無理です。)


















ま。


この時点で、3時すぎだったんですけどね。


あたしもね。


相当お鯛様を恨みましたけど。





なんてゆーか。


だね。





目の前には・・・

るぅのおいしいうちごはん
あたし「寝よう・・・かな・・・・・・」






(小鯵20匹・小鯖5匹・いなだ1匹・・・)










ええ。
るぅのおいしいうちごはん
寝てもいいんです。






(小鯵20匹・小鯖5匹・いなだ1匹・・・)











寝てもいいんですよ。
るぅのおいしいうちごはん
鯵「鯛サンはさばいたのに・・・・・・・俺たちは放置・・・?」







(小鯵20匹・小鯖5匹・いなだ1匹・・・)












うん。


さばきますよ。
るぅのおいしいうちごはん
さばきました!!!


(ウロコとって内臓だけ取りました。)















寝たのは4時半でした。


(とても明るかったです。)




















あたし「あたし・・・ヒラメって言ったのに・・・・・」
るぅのおいしいうちごはん
重圧は完全に無視・・・・・













お手数かけます。

お好きなだけ押してください↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。







釣り人は、釣りながらウロコを取るべきだと思う。


(竿を持ちながら、待ち時間にウロコを取る。みたいな。)