7月も末だというのに。


梅雨真っ盛り。


でしょうかね。












毎日毎日雨ばっか降って。


洗濯は乾かねーわ。


買い物にも出れねーわ。


やる気もねーわ。
るぅのおいしいうちごはん 茄子のツナ味噌田楽・おあげ・出汁巻き卵・トマトときゅうりのサラダ・なんかの味噌汁・三色団子








ちなみに。


うちの子は、今年の授業プール。




1回も入ってません。









もう、夏休みになりそうですけどね。(プール授業は夏休み前で終了。)


去年も1回しか入ってないですけどね。


一昨年は2回しか入ってないですけどね。


多分6年間通算しても、両手両足分くらいしか入ってないんですよね。


プール・・・








(もちろん、ひなちゃんはカナヅチで、聞かれてもいませんけど、おかんもあたしもさぶろー山もカナヅチです。)















じゃ、そんなわけで。


全国美味紀行。
るぅのおいしいうちごはん
こちらは九州のマブダチ便に入ってた茅乃舎さんのお出汁セット♡






茅乃舎さんって自然食レストランが有名らしーのだけれど、


そこの料理長さんが厳選した素材のみを使って、


料理長さん自らが配合したっつーね。


無添加のお出汁なのよーん。







ティーパックに入っているので、


お湯に入れればお出汁がとれるのだけれど。


せっかくの無添加商品。


まるごと味わいたいわよね~。
るぅのおいしいうちごはん
ということで。


出汁はそのまま入れる。






お湯に入れてとった出汁を入れる。


のではなく。


袋を破って入れる。


ダイレクトに入れる。


出汁の直入れ。


出汁の直使い。








だって、無添加ですもの。







直に食ってやろうじゃないですかい。


まんま、食ってやろうじゃないですかい。
るぅのおいしいうちごはん
出汁をそのまま食べちゃいます出汁巻き卵♡






ちょっとええお出汁のパック持ってる人。


直入れ出汁で出汁巻き卵作ってごらん。





これね、超うっまい!!!





ダイレクトに出汁を入れてるからか、


いつもよりお出汁が濃い感じ。


卵焼きのふわふわ感はそのままに、


旨味深く、味深い。





ちなみに、出汁の粒々感は、なーんも気にんらんです。










そして。


我が家の出汁巻き卵はいつも麩を入れて作るんだけど(レシピはこちら→究極の出汁巻き卵


これは麩を入れずに作る、ふわふわじゅわーな出汁巻き卵。





麩を入れずとも、ふわふわ~な出汁巻き卵を作るコツはね。


油をケチらないこと。







言いたいことは分かるわ。


カロリーの事よね。


ええ。


分かるわよ。


あたしだって気にするお年頃だもの。


カロリーも怖いわよ。





でもね。





小さじ1や2の油じゃダメなのよ。


フライパンに油を塗るなど、もってのほかなのよ。





油はね、 がっっっっっっっっっつり入れんのよっ。


(うちは大さじ2~3くらいの油を入れます。そしてカロリーのことは忘れてください。今日だけは。)







なんで油が必要なのかとか、


どうしてふわふわになるのかとか。


すべては卵と油の関係にあるのだけれど。


卵と油の関係についてはね、


あたしの語りが止まらなくなるから(なんせ、趣味:卵の研究。)


また次回にするわ。












で、


今日は、これのレシピを。
るぅのおいしいうちごはん
茄子のツナ味噌田楽





見てのとーり、


揚げた茄子にツナ味噌をのっけた一品。




お味噌にツナを入れてコクうま。


だけれども。


ツナでカロリー摂取するんで、


茄子は、極力油を吸わないように揚げてます。






ええ。


今さっき、「油とカロリーのことは忘れて」って書いたばっかりですけどね。




ええ。


あたし自身も忘れて生きたいんですけど。







忘れさせてくれないのはね、


悲しいかな。の、三段腹。


(最近、四段寄りですけどね。)







レシピ 茄子のツナ味噌田楽
るぅのおいしいうちごはん

【材料】4人分

茄子・・・・・4~5本

◎ツナ(油を切ったもの)・・・・・大2~3

◎味噌・・・・・・大3

◎酒・・・・・・大1

◎みりん・・・・・・大1

◎砂糖・・・・・・大1~

サラダ油・・・・・・適量

塩・・・・・ひとつまみ


【作り方】

1:耐熱容器に◎印を入れ、ラップをせずにレンチン1分。
るぅのおいしいうちごはん
これでツナ味噌のできあがりでござる。甘さはお好みでどーぞ。



2:茄子は厚さ1.5cm程度に切り、格子状に切り目を入れ、断面に軽く塩を振って20分ほど置き、灰汁を抜く。
るぅのおいしいうちごはん
茄子って大量に吸うでしょ?水にさらして灰汁を抜くより、お塩ふって灰汁を抜くほうが油の吸水率が減るの。



3:フライパンにサラダ油を熱し、水気をふいた茄子を入れ、蓋をして焼く。
るぅのおいしいうちごはん
火加減は強めの中火。そして、焼く時は必ず蓋を。蓋をすることで火の通りを早めてるんですけど、

火の通りを早めることで油の吸水率が下がりますねん。



4:裏返してさらに焼く。(また、蓋をして。)
るぅのおいしいうちごはん
茄子はある程度油を吸うと、一度吸った油を放出するっつー習性があるので、

焼いてる途中で油が足りなくなっても足さなくて大丈夫。油を足しちゃうと、どんどん油を吸うんで。

ヤツら、油に入れときゃ、入れた分だけ、無限大に油吸いますぜ。


5:しっかり油を切り、ツナ味噌をのせれば。
るぅのおいしいうちごはん
茄子のツナ味噌田楽できあがりー!






①油で揚げる。のではなく、多めの油で焼く。


②火の通りを早める。


③塩を振って灰汁と共に余分な水分を出す。


ポイントはこの3つかな。





他にはね、


茄子に粉を振って揚げ焼きにする。


先にレンジ加熱してからフライパンでさっと焼く。


ってな方法も、油の吸水率を下げられます。


(ま、これは素揚げとはちょっと違った食感になるけども。)














嗚呼。


カロリーのことなどなーんも気にせず生きられた20代が懐かしいわぁ・・・。
るぅのおいしいうちごはん
でも、人生で一番カロリーのことを考えなかったのは、


なんといっても、


妊婦時代。


だよね。








「つわりでいっぱい痩せたし。いっぱい食べなくっちゃ。」


とか。


「子供の分も。あたしの分も。妊婦は2人分食べなくっちゃ。」


とか。





こんなん思ってる頃は、


まだよかったのだけれど。


(本当に子供のことを考えていた妊娠初期。)










それが途中から、





「どーせ太るんだから、いっそ食ってやれ。」


みたいになって。


「どーせ腹ボテなんだから、もっと腹ボテになってやれ。」


みたいになって。


(目指すもの自体が分からなくなくなった妊娠中期。)











最終的には、


「人生に一寸の悔いなし。」


という標語まで掲げて。




本当に、一日中食い続けたあたしは。


(完全に違う場所を目指していた妊娠後期。)










プラス25kgという超肥満妊婦でした。

るぅのおいしいうちごはん
もちろん、先生に超怒られました。


助産婦さんはひきつけを起こしそうになってました。













嗚呼。


懐かしき思い出。。。


(良い子は真似しないよーに。)










最後までお読みいただきありがとうございます。

ついでに、こちらをポチっとどぞ↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。





ちなみにこれは、6月30日の晩ご飯でした。