これは、


会いたかったブロ友さんとデートできた嬉しさと、


34歳にして初体験をしたアタシの珍道日記の、


珍道日記のほうです。




(会いたかったブロ友さんとのデートはこちら です。)











こちらも、いつもに増して字が多くなっておりますので、


お暇な時にでもどうぞ。
るぅのおいしいうちごはん
電車の中でも大丈夫だと思いますが、


仕事中こっそり・・・は、やめたほうがいいかもしれません。









ちなみにこれは、


山形の大雨の中、一瞬やんだ場所にて撮った写真。
るぅのおいしいうちごはん 結婚記念日旅行をした時に、絶好のロケーションを見つけて。


今回はここで写真撮って帰ろうと思ってたんですが、


なにせあの雨。





写真は無理かなーと思ってたんですが、


奇跡的にもあたしがここを通過する時だけ雨がやんでくれました。






山形→新潟、復路3時間の旅。
るぅのおいしいうちごはん
やんでいたのは、この3分間だけで。






2時間57分間は、


ずううううううううーーーーーっと。


こんなん↓
るぅのおいしいうちごはん
あたし「ホント・・・よう降ること。」






それでも水上バスの運転手さんは、


ただただひたすら走るワケですが。






小国(←新潟と山形の県境のあたりです。おぐにと読みます。)にさしかかった辺りで。
るぅのおいしいうちごはん
どエライ雨(打たせ湯360度、いつもに増して打ってます。みたいな。)が降ってきて。






あたし「ダメだ。もう。休憩しよ。」






水上バスの運転手さんは、


近くにあったセブンで雨宿りを決意。







小国のセブンでご当地カップ麺のお土産をGETし。
るぅのおいしいうちごはん
コーヒーやら、アイスやらを買い込んで。


1人車の中で雨宿り休憩をしていたのだけれど。







雨というものは。







大変気まぐれで。


天邪鬼なものであり。


やむどころか、ひどくなる一方。みたいな。
るぅのおいしいうちごはん
これ、フロントガラスから見える景色です。


上のほうに写ってる8個の顔は、関ジャニさん。(キャンペーンの旗です。)






あたし「ま。いっか。」






できればもうちょっと雨がおさまってから走りたかったけど、


待ったところでやむ保証もない。






あたし「さささ。行きましょ。行きましょ。」






水上バスの運転手さん。


新潟を目指して任務再開。









でね。








あたし、車を止める時って、


いつもは、前から突っ込むんですけど、


この日はね、めずらしくもバックで駐車したんですわ。





まぁね。


バックで駐車したのなら。


エンジンかけて、


アクセル踏んで。


出発しんこー!


つって。


出れるじゃないですか。




ええ。


いいですよね。


間違ってないですよね。





だからね。


あたしもね、


エンジンをかけて。


アクセルを踏んで。


出発しんこー!


つったところで。












「・・・・・ぷすん・・・」












あらやだ。


恥ずかしい。


ワタクシ、エンストこいちゃいました。





免許取って、15年もたちますのに、


コンビニの駐車場でエンストだなんて。


ホントお恥ずかしい。


いやですわ。


ほほほほほほほ。










でも。 ね。










これを少々見ていただきたい。
るぅのおいしいうちごはん
これ、あたしの免許なんですけど、


見てのとーり。


3つほどのね、


条件がついてんですわ。







①眼鏡等


目が悪くてね、コンタクトがないとなーんも見えないもんで、この条件は当然。






②中型車は中型車(8t)に限る。


なんのこっちゃか分かりませんて。






③中型車(8t)と普通車はAT車に限る。


そう。あたしの免許、AT限定。











AT限定と書いて、オートマ限定と読む。













免許取る時にね、


今時マニュアル車なんて運転する必要もねーだろうから、ATで十分だ。


つってね。


みんながMT講習に通ってる中、


あたし1人AT限定で取ったんですよ。





でもね。


車はAT限定なんですけど、


実はこんな免許も持ってまして。
るぅのおいしいうちごはん
MT車も運転できないくせに、


大型自動二輪という。


バイクだけは、どんなにデカくとも乗れてしまうという。





友人間では、「新潟七不思議」と言われています。


でも、こんな免許の取り方をしてる人・・・未だ見たことありません。


(もし、他にいらっしゃいましたら、お仲間ですね。お友達になってください。是非。)








そんなワケですから。


AT限定の免許しかなくとも。


一応、MTの原理は知っておりまして。(バイクは、基本MT。)


半クラッチなるものもよう知ってるワケなんですよ。


ええ。


あの、半分だけクラッチ開けて、


ゆっくりゆっくり開けていく。っつーね。


いきなりクラッチ全開にしちゃうと、


問答無用でエンストこく。


っつーね。


あの、恐怖の半クラ現象。


(車学で何度ぶっ飛んだことか・・・)








そうかそうか。


クラッチか。


と。


とりあえず。


ワタクシめも、


とりあえず足元を見まして。


クラッチなるものをね。


確認するワケですよ。
るぅのおいしいうちごはん

あのね。


ペダルはね。





右アクセル・左ブレーキ。



の。



2本しかないわけで。





クラッチなるものを確認したところで、


そんなものはどこにも存在せず。








それもそのはず。






この車ね、


オートマなんだわ。








そう。


おーとま。






あたし「だよねー。」






車はオートマ。






あたし「そよねー。」






免許もオートマ。






あたし「んだべー。」






オートマなのに。










エ・ン・ス・ト。












あたし「ギャグかしら。」






ギャグだったらオモシロイ。















あのね。


知ってます?




MTが空を飛ぶ。


とか。




ATがエンストする。


とか。






普段あり得ないようなことが起きる時は。


大抵ロクでもない時でございます。








あたし「知ってる知ってる。」






だって、元ディーラーだもの。






あたし「やべーんだよね。」






やべーんです。






あたし「普段つかないチェックランプが点灯なんて始めちゃったら。」






それはもう、問答無用でディーラーに来い。


の合図。


(というか、受付の私たちは、お客さんからチェックランプの問い合わせがあったら、そう言えと教育されてます。


ホントのところはどうだか知りませんけど。)







という。


噂のチェックランプが。






総光り。







1個や2個ならともかく。


フル光り。













あたし「ぎゃーーーーーーーーー!」






大雨の中。


小国のセブンで。


1人のおかめが。


叫び声をあげる。






あたし「あわわ。あわわ。あわわ。」






とりあえず。


シフトをPに入れて、エンジンを切って。






あたし「あわわわわわわ。」






焦る。






あたし「あわわ。あわわ。あわわ。」






いったんキーを抜いて。


再びキーを入れて。






あたし「あわわわわわわ。」






焦りながら、キーを回す。







「きゅるるるる・・・・」






あたし「あ。よかった。」






エンジンかかっ・・・・・










「・・・・・・ぷすん・・・・・・」






りません。














あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」






外は雨。


ここは小国。(新潟と山形の県境。山。)


車はぷすん。







あたし「どないしろってかーーーーーー!」






いや。もう。どうしようもない。






あたし「落ち着け。落ち着け。あたし。」






落ち着いたところでどうにもならねーっつー噂もありますけど。


まぁ。


ワタクシのこの愛車も、


そろそろ8年目。
るぅのおいしいうちごはん
走行12万オーバー。





大変よく仕えてくれたこの子ですけれども。


いつガタがきてもおかしゅうないという事実は。


がってん承知のすけ。






あたし「そうだよね。壊れるとしたら・・・」






今だよね。






あたし「今なんですよ。」







今でしょ。







あたし「だけれども。」






今。(晴れならともかく、超大雨。)


こんなトコロで。(市街地ならともかく、小国という山の中。)


あたし1人の時に。(IN誰もいないセブンイレブン。)






壊れられてたまるか。という話。








あたし「やめてやめて。エンジンかかってええええええー!」






と。


再びキーを抜き。






あたし「やり直し。やり直し。」






と。


いったん外に出て。


雨に打たれながらセブンに入り。


車はキーレスで鍵をかけて。


もっかいキーレスで鍵を開けて。






あたし「あめえええええええー!」






再び雨に打たれながらセブンを出て。


車に乗り込み。






あたし「つめてええええええー!」






車の扉を閉め。


再びキーをさす。


(よく分からない行動。)






あたし「かかれ・・・かかれ・・・かかってくれええええええー!」






全身全霊の力で祈りを捧げ。


キーを回す。






「きゅるきゅるきゅる・・・・」






あたし「頑張れ。頑張れ。」






(応援。)












「・・・・・・・・・ぷすん・・・・・・・・」






あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」












応援むなしく、反応ナッシング。













最後までお読みいただきありがとうございます。

エンジンかかれ。そう思ったらこちらをポチっとどぞ↓

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。






その③へ続きますが、


その③では懐かしいあの人が登場します。