絶対眠れないよなー。

とは、思っていたけれど。






本当に眠れなかった昨日。

というか、今日。

というか、なう。















AM5:10。

バカはえー更新にて。

水餃子鍋・大根サラダ








おはよう♡



(今日は寝ない。絶対、昼寝しないぞ。)














じゃ。

昨日のメインでーす♡

とか言うて。

大根サラダがメインとか、絶対あり得なさすぎて、無理なんだけど。

せめて。

そんな言葉を発したことにより、

痩せたらいーなー。

と、願ふ34歳。O型。みずがめ座。太り気味。四段腹。おかめん。
















ハイ。




先、進もうか。

お鍋に水2L(水餃子鍋はいつもより多めの水分推奨。)と酒大2、中華スープの素大2、

塩小1/2と香りづけ程度の醤油を入れて火にかければ、ベースのスープができあがり♡








なんですけども。








ふと。

目についたコイツ。

中身を全部出しちゃった、食べラーの。ね。

瓶。ね。







まー。

とりあえず。

見つめ合うこと3秒。









じょぼぼぼぼーって水入れて。

シャカシャカシャカーって腕の運動して。




入れた。

隠し味。隠し味。





(大丈夫ですかね。これ。こんなんしてるブロガーさん、あたし見たことないんですけど。)












まー、ええか。

沸騰するまでの間に、餃子でも包んでみよーか。


使うのはね、水餃子の皮。





あたしこれ、ものすごいこだわり持ってて。

水餃子をする時はね、絶対、水餃子専用の皮じゃないとダメなん。



確かに、焼き餃子の皮のほうが安いし、いっぱい入ってるし、

どこのスーパーにも置いてあるんだけど、

水餃子をする時はね、

どーしても。

コイツじゃないとダメ。







どんなに高くとも、(焼き餃子の皮50枚100円。水餃子の皮24枚148円。)

どんなに遠くのスーパーでも、(焼き餃子の皮徒歩圏内スーパー。水餃子の皮10km離れたスーパー。)

コイツを買いに行く。



ものすごいこだわり。

めっさこだわり。

これ以外は認めんこだわり。









んで。

そんなこだわりの水餃子専用の皮に餃子のタネをちょこーんとのせて。

パタン。と包む。




ちなみに言えば。

これもこだわり。

めっさこだわり。




水餃子はね、絶対、ヒダNG。







ヒダをつけるとね、火の通りが均一じゃなくなって。

ヒダの部分が邪魔になんの。

水餃子はね、のど越しツルンが命。

ヒダをつけず、パタンパタンと折りたたむように包む。





こだわってます。

めっちゃこだわって作ってます。

とは言え。

もし。

万が一。

たとえ夢の中であっても。




福山が

「俺は焼き餃子の皮でヒダのついた水餃子が好きだ。」

とか言うたら。







焼き餃子の皮で作ります。

めっちゃヒダヒダ作ります。









そしてブログには、




「水餃子はね、

焼き餃子の皮で。

ヒダヒダつけまくって。

そうやって作んのよ。」




って書くくらいの自信あります。




間違いなく書くと思います。















じゃ、先へ。

ええ。

説得力ゼロなんで、先に進みます。

野菜をたっぷりと入れまして。

と、言っても、野菜高騰につき、

ばーちゃん家の青梗菜(無料。)と、

イオンのもやし(1袋12円×2)と、

八百屋さんからもらった人参(無料。)だけですけども。



野菜代・・・24円。

野菜高騰もなんのその。



の、ワリに。

超ケチケチ野菜を使うのは、

他でもなく。





「今日もお皿のタメに。」






ハイ。

ありがとうございます。












と、ゆーことで。

水餃子鍋できあがり。







お鍋が卓上に並んだら。

必要以上のアピールも忘れない。

ストウブ。






絶対蓋とかいらないのに、

無理矢理蓋をして、





あたし「うわー。なんて素敵な鍋なんだー♡」





と、わざとらしくアピール。





あたし「お。これは・・・さては、噂に聞く、ストウブじゃあーりませんかー♡」





イッタラに負けて、すっかり影が薄くなってますけどね。

この子だってかわいい新入りなんです。





あたし「すごいなー。ストウブだって。ス・ト・ウ・ブ。」





アピール、アピール。

ストウブアピール。





あたし「かーわいーなー♡ストウブ♡めっちゃかーわいーなー♡ストウブ♡」





と。

こんなにもノリノリになっているのに。









さぶろー山「うるさい。どけ。」





返される言葉は所詮これ。












でもね、いーんだいーんだ。

そんなこと言われても負けないよ。

ぐらっぐらに煮えたぎるお鍋に、こだわりの水餃子を浮かべて・・・っと。







さぶろー山「ねー、もう食っていい?餃子食える?」





あたし「待って。待って。ちょっと待って。」





さぶろー山「なんで?」





あたし「見て見て。」

あたし「ストウブ♡」






もちろんこの後、

うぜー。だの、

どけ。だの、

あっち行け。だのと、

あたしが罵倒されまくったのは言うまでもない。








だけれども。

たとえ、罵倒されても。

イッタラは今日も素敵だし。



たとえ、エセでも。

素敵です。

きゅんきゅん♡













はい。

そんな阿呆なことをしてる間に。




水餃子鍋煮えましたー。

まずは、スープと共に。





さぶろー山「あひー。ふめー。あひー。」





あちー。

うめー。

あちー。

と、言っています。










スープにも味がついてるので、

そのまま食べても美味しいんだけど、

やっぱあたしはこのスタイルが好きだぁね。

酢醤油+食べラー。






あたし「食べラーさいこー!」





世界中の人が飽きて、店頭から姿を消しても、好きです。

めっちゃ愛してます。

(水餃子には特に。必須アイテム。)











そして、〆はやっぱりラーメンにて。

かために茹でたラーメンを入れて煮込み、ついでに余った酢醤油も入れちゃう。





そこに食べラーをかければ。

酸辣湯麺できあがり♡







あたし「あーウマ。」





さぶろー山「なんで〆ラーメンってこんなにうめーんだろうなー。」

20代の頃は、

何をも食わず、飲んで飲んで飲みまくって、

そのまま化粧も落とさず眠れたけれど。



三十路を過ぎると。



飲んだ後には、〆のラーメンがセットされ。

化粧を落とさず眠るなんてことは、

自殺行為に匹敵し、

翌朝起きた時、

もれなく胃もたれもついてきます。









もう3ケ月で三十路後半突入ですがね。










本日もご清聴いただき、まことにありがとうございます。

お馬鹿ちんへの応援はこちらから↓ぽちぽちっと好きなだけ押してやってください。

人気ブログランキングへ          ブログランキング・にほんブログ村へ  

スマホ、PCなど文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓

人気ブログランキング  に参加しています


レシピブログランキング  に参加しています


にほんブログ村  に参加しています


ありがとうございます。ぺこり。ぺこり。






とりあえず。

朝ご飯作ろ。

(今日は寝ない。絶対昼寝しないよ。)