ありがとうございます。

ありがとうございます。

連日連夜のお祝いをいただきまして、

本当にありがとうございます。




なのに、全然お返しできてなくて申し訳ございません。




うっかり昨日は、遅めの夕寝などをしてみたところ、

起きたら朝でした。

重ねて申し訳ありません。

今日こそはお返しできると思います。

その予定でいます。

うっかり眠ってしまったら申し訳ありません。

先に謝っておきます。




そして、全然関係ないけど、

1年の時は微妙なくしゅくしゅ時代で、

2年の時はスミスの普通のヤツで、

3年の時はスーパールーズ(あの、超ローーーングのヤツ。)でした。

中のゴムを抜き、無理矢理変形させたハンガーで干して伸ばしてました。

伸び伸びであれば伸び伸びであるほど偉かったあの時代。

懐かしき栄光。

イージースミス。














では。

昨日の続きで、お誕生日ごはん2章です。

その①がまだの方はこちらからどうぞ→おかめの誕生日ごはん序章






















ただいまー。





と、なぜか右手にホタテを携え、ご帰宅されたさぶろー山様。

あたし「え・・・え・・・え・・・え・・・それ・・・それナニ・・・」





さぶろー山「ホタテだよ。ホタテ。」





そうですね。

ホタテですね。

それは分かります。

見れば分かります。






さぶろー山「見て見て~超でっかくね?すごくない?」

確かにデカい。

とってもデカい。







さぶろー山「しかもこれ、いそぎんちゃく付いてんだよ?いそぎんちゃくだよ!いそぎんちゃく!」

確かについてるいそぎんちゃく。

どこから見てもいそぎんちゃく。

ISOGINTYAKU。







さぶろー山「いそぎんちゃくだよ?いそぎんちゃく。いそぎんちゃく付ホタテ!」

ええ。ええ。

いそぎんちゃく。

まるで、いそぎんちゃく。

まんま、いそぎんちゃく。











だーけーれーどーも。











さぶろー山「いそぎんちゃく付ホタテだよ。いそぎんちゃく付。ホタテWITHいそぎんちゃく!」

それがなんぼのもんじゃ。






(そして、いらない。)














あたし「ってか・・・なんで・・・ホタテ・・・」





さぶろー山「安かったんだ!」





あたし「ホタテが?安かった??」





さぶろー山「そうそう。800円だったんだ。」





さぶろー山の持ってきた袋を見ると。

どデカい殻つきのホタテがゴロゴロと・・・。




見たところ6個は入っているようで、

ホタテ6個で800円。

ホタテ1個133円。




まぁ、133円なら・・・

うん。

133円ならあってもいいか。

諦めるか。






さぶろー山「こーんなに大きいのに、1個800円!!!






いっこ?

(は?)







いっこ??

(は?)











1個800円?????

(は?は?は?は?)














さぶろー山「ちょー安かったんてー。」






1個800円×6個=4800円。













安くない。



(4800円)












安くない。



(4800円)

全ッ然安くねーーーーし!!!!!





(そしてそれは、我が家何日分の食費だという話。)















あたし「なんで800円・・・なんで6個・・・」





せめて4個なら・・・

せめて4個なら・・・!



3200円(ダメージ2/3)で済んだのに。







さぶろー山「は?俺が6個買いたかったからに決まってんだろ。」





知らねーし。

いらねーし。

涙デタし。





さぶろー山「さっ。始めるぞ!」





そして。

あたしの安心安全バースデーは・・・





さぶろー山「よーし。やるぞー!」

オワタ。



(上記画像は殻解体後、塩で洗われるホタテの図。←多分海老の下処理と勘違い。)















あああ。

グッバイあたしの安心安全。

グッバイあたしのバースデー。

グッバイ幸せな日々。





さぶろー山「オイ。おかめ。」





そして。

こんにちは太田胃散。






さぶろー山「お前、ホワイトソース作れ。」





なんでアタシが。

なんで誕生日に。

なんで4800円もだして買われたホタテのタメに。

なんでこき使われなきゃいけないのか。

とか。

言いたいことは山々あるけども。

何よりも。

言わせていただきたい。

ご飯できてるんですけど!!!










そして。





ひな「ママー・・・ご飯まぁだ・・・?」





あたし達は腹がへっている。

(それもそのはず。現在PM8:00。)





あたし「・・・・・・うん・・・・・もうちょっとだけ待ってくれる・・・?」





とても。

腹がへっている。

(普段の晩ご飯はPM7:00)





ひな「お腹へったよー」





ええ。ええ。

腹ヘリハラ。

(一時間の差はデカい。)





さぶろー山「早く。早く。ホワイトソース作って!!!」





そして。









さぶろー山は超KY。

もう、腹がへって、腹がへって、背中とお腹はくっつきそうだし、

ぐーぐーぐーぐー時計は鳴るし、

なのに、彼のKYっぷりにはまるですげーし。

ぐあああああああー!!!!!

っとホワイトソースを作った。





あたし「できました。できました。ホワイトソースできました!!!!」





さぶろー山「じゃ、かけろ。」

あたし「かけました。かけました。ホワイトソースかけました!!!」









さぶろー山「じゃ、チーズのせてオーブン。」

あたし「入れました。入れました。オーブンに入れました!!!」








さぶろー山「ホラ、焼け。」

あたし「焼きました。焼きました。オーブンのセットは完璧です!!!」








さぶろー山「よし。よくやったな。俺。」





俺、何もしてない。(口だけ。)

あたし、馬車馬。(ホワイトソースからオーブンまですべて受け持ちました。)





なんなんそれ。

とか。

どういうことなん。

とか。

言いたいことは山ほどあるけども。




だけれども。

食べれるならいい。





ひな「お腹へったー。」





あたし「そうだよね。ごめんごめん。早く食べよう。ご飯にしよう。」






ご飯を食べさせてくれるなら

それでいいんです。(腹へり限界値。)













さぶろー山「よし。じゃー次はフライパンをセットだ。」

え。









まだ・・・

やるんですか!!!!!













どうなるお誕生日。

どうなるホタテ。












すべてはその③へ続きます。









ご清聴ありがとうございます。

その③が読みたい方はこちらをポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。本当にありがとうございます。ISOGINTYAKU!








ありがとうございます。無事に予約を開始することができました!

るぅのおいしいうちごはん(仮)/ワニブックス
¥935
Amazon.co.jp

発売日は3月12日。本体価格は890円(1Pあたり6円)です。

商品画像がありませんが、問題なく予約できます。

(↑表紙は早ければ今日か明日くらいに公開できます。まずはこのブログで。)