ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!





ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






食欲のない自分に活を





ええ。

活を。




ええ。

ええ。

ええ。




余儀なくされたノンオイル生活によって、

ガッサガサになったお肌に活を。





油を。





いれようと思って。










晩ごはんは、LOVEたこ焼き。

毎年、おかめの5大大好きアイテムにノミネートされるたこ焼き。







新潟県民ですけどね、

大阪人と張り合うくらい好き。



毎日食べてもいいな。

ってくらい好き。



もちろん、たこ焼きで白ごはんが食えます。

ってゆーか、今食ってる。

(うまし。)










そして。












こだわりもある。

ええ。ええ。ええ。

たこ焼きはね、この生地が大事だと思うんですよね。

生地が。







この生地が。  (←アンダーライン)















ぶっちゃけ。

タコなんて何でもいいし、

どーでもいいし、

むしろ、タコじゃなくてもいいとすら思うもの。

現に、タコじゃない具材もふっつーにあるし。

そして、結構美味いし。

むしろ、好きだし。








じゃ、そんなこだわりの生地には、

何が入ってんですかー。

っつー話ですけど、

特にめずらしーもんは入っていません。




「小麦粉、出汁の素、水、卵」




うん。ここまではいつもの感じなんだけど、

今回はね、そこに醤油と油をプラスしてみたん。







狙いは、

醤油=香ばしさ。

油=外側カリっ&内側トロっ。

です。









と、ゆーワケで。

こだわりのたこ焼きスタート。

生地、具、かつおぶし、青海苔、ソース、油、お茶etcetc・・・

すべてテーブルに配置したら、



「あたしゃ、何があっても動かねえぜ。」



と、いう威圧感も忘れない。









だけれども。

たこ焼きだけじゃ飽きるかもしれないので。

サラダを添えるという優しさも忘れない。

(でも、ドレッシングをかけるという優しさは素で忘れた。)









そして、たこ焼きを焼くにあたって、大事なアイテム。

シリコンのハケ付きボトル。





いつだったか、馬嶋屋さんのSALEで買ったこの子。

バゲット焼く時には大活躍で、

その他、フライパンに薄く油を塗りたい時にも大活躍なんだけど、

たこ焼きでもね、大活躍。

めっちゃ油が塗りやすい。

これ、ホント便利。











と。

余計な話もしたところで。

熱した鉄板に生地を流して具を入れて。

えー具合に焼けてきたら。










全員カカレ。

カリッ&トロっ狙いにて、

いつもより水分量が多い生地。





おかん「なんか、今日の生地、返しにくいんですけど。」





ひな「全然まぁるくならないー。」







ええ。ええ。ええ。






むちゃくちゃ返しにくい。










あたし「でもがんばって。根性でまるくして。」





おかん「えー。全然まるくならないんですけど。」





ひな「なんなのこれ。」





おかん「返す気なくなるよねー。」





ひな「ママが作ればいいんじゃない?」





おかん「そうよ。ママが作ればいいんじゃない?」














ゆえに。

ママが作りました。







(右手に串一本を携え、千手観音もびっくりなくらいの早さで。)














でもさ。

よくぞあの返しにくい生地をここまでまぁるく仕上げたもんだ。

自分の腕に惚れ惚れしちゃう。

天才かな。あたし。






(多分、天才。)













そんな、作りやすさとか、返しやすさを無視し、

美味しさだけを狙い撃ちした生地は。

あたし「カリトロ~♡」






銀だこもびっくりなほどに外側カリっ。

山ちゃんもびっくりなほどに内側とろ~り。






おかん「すんごい美味い。びっくり美味い。」













やっぱ、天才なんだわ。


(すいません。ありがとうございます。いつものヤツです。趣味です。踏んでください。是非。)







でさ。

ここだけの話なんだけどさ。

常日頃からキューピーハーフの宣伝を忘れないワタクシではありますが、

実はワタクシ、





マヨネーズよりソースが好きでして。







ソース×マヨのコンビは最強だと思うけれど、

たっぷりソースがあればマヨネーズはなくてもいいんだよね。

みたいな。





特に、おたふくみたいな甘めのソースならマヨネーズはないほうが好き。

みたいな。





マヨ、不要。

みたいな。















と、分かっているのに。






分かっているのに。
















不要のマヨをたっぷりかけてしまうのは。

CMを愛してのことだと思います。










大丈夫?

みんな買った??


素敵すぎて腰砕けますわよ。












今日も愛しいキューピーハーフ。

えー、マヨネーズはキューピーハーフ。

キューピーハーフをお願いします。












ご清聴ありがとうございます。

たこ焼きが食べたくなったら、大きな口をあけてこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。はい、口あけてー。






P・S   浮気しても好きなんです。