ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








泥棒に負けてなるものか。











盗られる前に採ってやれ。

掘られる前に掘ってやれ。

食われる前に食ってやれ。








の、勢いで、昨日も行ってきました。

筍山。

昨日はさぶろー山もお休みだったんで、

道中コメントやメッセを見ながら向かってたんですけど、

畑を荒らされた人や

作物を盗られた人の多さと言ったら、もう。




そんなにも悪いヤツが多く存在してることには、

びっくりもしたし、

悲しくもなったわ。








畑や田んぼから作物を盗むのは500%ダメだと思うけど、

(だって、見れば分かると思うの。畑や田んぼは、どー考えても人のものでしょ。)




山菜や筍はさ、

生息地が山だし。

場所によっては採っていいところもあるし。

私有地だって分からずに採っちゃう人だっているだろうし。

その良し悪しが難しいところであるのも事実。






もし。

うちの土地が私有地と分からずに採ってしまったならば。



素直に言ってくれれば、

しょうがないよね。

って、思う。



ごめんね。

って言われれば、

うちもちゃんと私有地の表記してなくてごめんね。

って思う。



そして、もし。

それが感じいい人ならば。

筍の1本や2本くらい、

さしあげます。



さらに。

よかったら山の管理も手伝ってくださーい。

って、

言うくらいの図々しさ優しさも持ち合わせてます。













だけれども。













うちの山は、

自宅の敷地内。





一目見れば分かるほどの、私有地。

(というか、もはや庭の一角。)










玄関くぐらないと山に入れないから!!!










不法侵入だから!!!!!!!!!!









ああもう。

筍返してえええええーーー。















つってね。

超ぷんぷんしながら、

筍の里へ向かって、

到着早々、

さぶろー山にクワ1本を持たせて。







あたし「ハイ。行ってきて。」







つってね。

さぶろー山をね。





さぶろー山「え。なんで?お前行かないの?」





山にね。





あたし「うん。あたしは今日、やることがあるから。」





さぶろー山「・・・・・・ふうん・・・・・」





送り出したワケですよ。
















そして、30分後。

さぶろー山「ぜー・・・ぜー・・・た・・・たけのこ・・・やっと見つけた・・・・・・はー・・・はー・・・」





もう、1本も生えてこないかも。

と、思った山に。

まさかの筍。










あたし「やるじゃん!!!」

さぶろー山「ぜー・・・ぜー・・・でも・・・・・・全っ然・・・生えてねえ・・・はー・・・はー・・・」





あたし「あ。大丈夫。大丈夫。」





さぶろー山「ぜー・・・ぜー・・・え。なにが?・・・はー・・・はー・・・」





あたし「さぶろー山ならできる。」





そう。

君ならできる。

君なら採れる。





さぶろー山「ぜー・・・ぜー・・・・・・は・・・?





あたし「むしろ。君にしかできない。」





さぶろー山「え・・・お前、何言ってんの?」







あたし「盗られる前に採ってやれ!!!」







さぶろー山「え・・・。だから。お前、なんで来ないの?掘らないの?







そう。

泥棒に、

筍を与えるべからず。

盗む間を与えるべからず。








しいては。













あたし「根こそぎ採ってきて。」

泥棒より一足早く根こそぎ採ってもらいました。





さぶろー山「ぜー・・・ぜー・・・・・はー・・・はー・・・・・・・なんで俺が・・・・・・・・」














ちなみに、あたしは。

さぶろー山が汗だくで山を走り回っている中、

タマと遊んでいました。



(今日やること=タマと遊ぶこと)















あのね。

かーわいいでしょー。

うちの子犬♡

タマってゆーんだよ♡

犬なのにタマなんだよ~♡







12日で5ケ月になったんだけどね、

うちに来た頃から見ると、すんごい大きくなってね。

めっちゃか~わい~の♡♡♡

でもまだ筍より小さくてね。

も、ほんっとーに。






あたし「かわいいカワイイ可愛い~♡」






溺愛してます。














さぶろー山「お前・・・最低・・・・・・」

そんなワケで。




さぶろー山様が。




山に入れないワタクシめの代わりに、(ハイ。さぶろー山様でございます。)

汗水たらして、(ええ。さぶろー山様がお堀りになりました。)

15本ほど筍を採ってくださいました。(さぶろー山。さぶろー山。さぶろー山をよろしくお願いします。)












が。













筍って、今が最盛期なんですよね。




ええ。

毎年、20日前後あたりがうちの筍の最盛期なんだけど、

今年は暖冬だったせいか、例年よりちょっと早め。




そして。

この最盛期こそが。



一番美味しい時期でもあり、(うちの筍は、出始めよりも最盛期が美味い。)




一番生える時期でもあって、





掘っても掘っても掘りきれないほどに筍が生える時期。

いや、

生えてくださる時期。と言おうか。(筍様。)






そして。

去年の筍の記録を見たら、

やっぱり、どうして。
るぅのおいしいうちごはん
山のように筍が採れてて。



(本来、一日20本や30本なんてもんじゃなく、50本100本単位で採れんねん。)













それを思ったら、

超怒り沸騰で、

腸が煮えくりかえって。

煮えくりかえるどころか、

煮えたぎって。

あたしの腸でシチューが煮れそう。

ってか。

陶磁器が焼けそうだった。(1300℃相当。)

という、そんな煮えくりかえる腸を少しでも鎮めるべく。

ささっと車に乗り込み、

コンビニでおにぎりを買って。





あたし「やっぱ、労働の後はご飯が美味いね~♡」





さぶろー山「お前・・・・・・何もしてねーじゃん。」





細かいことは気にせず、

高速に乗って、ばびゅーん。と。ばびゅーん。と。












やって来ました。

わらびの里♡




(注:左奥でわらびを積む人の影、あれ、さぶろー山。最近一段と大きくなった彼ですが、手先はデブの面影がない模様。)









毎年、我が家にわらびをくれる平田家まで筍のお届け便♡




ってか。

平田家ってどこよ?

って感じなんですけど、

会津のばーちゃんの実家です。

かーばーちゃんの実家。





ばーちゃん家もそうなんだけどさ、

あの辺の人ってすっごく穏やか~でね。

超温かくて。

すんごい癒されるんだ~。

もちろん、わらびもあたしを癒してくれますし。







なんせ、煮えくり返る腸ですから。

少しでも癒されて怒りを鎮めないと。







ホントに腸で陶磁器が焼けてしまう。

ピザは焦げてしまう。(なんせ、腸1300℃。)














こうして。

平田家の奥さんと旦那さんと、

ケタケタ大笑いしながらわらび採りなんぞをしてみたら。

あたしの腸もようやく常温に戻って。

怒りも静まり、

ようやく、平常心。

ビールもらって、

にっこにこ顔で帰路につきました。

(腸、常温。)









そして。

一晩ぐっすり眠ったあたしは。

朝6時から灰汁抜き♡








この時期は毎朝この光景がないと♪

うちって感じがしないもんネー。









ご清聴ありがとうございます。

やっぱ、泥棒はいかんよね。そう思う方はこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。これで一週間は筍が食べられるー♪






きっと、このブログを読んでいるであろうJ子さーん。

水曜の分のビール、美味しくいただきました~♡

あとは、お約束どーり、

木曜と金曜に一本ずついただきます~♡