ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豚まん・セロリとラディッシュの甘酢漬け・筍と青梗菜のふわふわ卵炒め・デコポン・ニラと豆腐のスープ










そう言えば。

一時期、むちゃくちゃ豚まん作りに励んでいた時期があって。

日夜、淡々と豚まんを作り続けた時期がありました。
るぅのおいしいうちごはん
これは、いつぞやに作った豚まん画像。









今でこそ、こんなにふわふわ豚まんを作れるようになったアタシですが、

作り始めの頃は、

すんごい面白かったんです。
るぅのおいしいうちごはん
ぺっちゃんこになってみたり。




ぺっちゃんこになってみたり。
るぅのおいしいうちごはん
ええ。





時には象に踏まれてみたり。
るぅのおいしいうちごはん
ええ。

ええ。

ええ。






どんなに作ってもぺっちゃんこで。




ぺっちゃんこの呪いから抜け出せない時期もありました。











だけれども。











そんなあたしが、

いっちばん最初に作った豚まんは、



そうれはもう、素晴らしい出来だったんです。
るぅのおいしいうちごはん
なにこれ。




あ、豚まん。デス。

(一応・・・)















でもね、でもね。

ちょっと待って。

よく聞いて。









人というものは、成長する生き物でもあり。

日々の努力さえあれば。
るぅのおいしいうちごはん
ちゃんと作れるようになるんですよ。ネ。













美しーフォルムの豚まん。

まんまる豚まん。





ツヤピカ豚まん。

テカテカ豚まん♡







ふっくら蒸しあがった皮の中には。

たっぷりの具。





ぎっしり詰まったお肉には。

これまた、たっぷり肉汁。






さぶろー山「肉汁うううううーー♡♡♡」






全然関係ないけど、

うちの旦那は豚まんに似ている。















ってゆー、ね。

美しいフォルムの美味豚まんが、

昨日の晩御飯だったワケですが。





そんな美味豚まんは。

あたしが作ったワケではなくて。








ええ。

ええ。

ええ。

作ったの、551。






あたし、

蒸しただけ。








てへ。
















かぎちゃんからの贈り物、551豚まんサンでーす♡

毎度毎度思うのだけれど、

ここの豚まん、ホント綺麗に包むよね~。




あの、包んでる様子とか見ると、

めっちゃ適当そうなのに、

一個一個の個体差もなくて、

すべてが同じ形。

しかも。

その偉業をあのスピードでやっちゃう様は、






まさに神業。












いつか、551でバイトがしたいです。

豚まん包む役の。

かぎちゃん、ありがと♡

めっちゃ美味しーデース♡♡♡











そして。

そのまま食べても美味しい551ですが、

個人的には酢醤油が好きです。

あたし、辛子より酢醤油派。












あとは、豚まんに合わせたおかず達。

筍と青梗菜のふわふわ卵炒め




筍と青梗菜の中華風炒め物。

シャキっとした青梗菜とふわふわ~の卵が美味しい一品。



この時期に筍を食べれる地域がどれくらいあるか分からんけども、

これ、美味しかったんで、レシピ書いておきます。



ついでにふわふわ~の卵炒めのコツも一緒にお伝えしときますんで、

好きなようにアレンジしてくださいませ♡









レシピ筍と青梗菜のふわふわ卵炒め


【材料】4人分
青梗菜・・・・・1袋(2株)
◎卵・・・・・3個
◎サラダ油・・・・・大さじ1/2
◎牛乳・・・・・大さじ1
◎塩・胡椒・・・・・少々
筍・・・・・150~200g(姫皮は穂先などの柔らかい部分)
生姜(みじん切り)・・・・・1片
ごま油・・・・・大さじ2~
中華スープの素・・・・・小さじ1/2
塩・胡椒・・・・・少々


【作り方】
1:卵を割りほぐし、◎印を入れて混ぜる。

卵は、よーく溶きましょう。油もケチらずにいきましょう。これがふわふわ卵を作るコツです。


2:筍は食べやすい大きさに、青梗菜も食べやすい大きさに切る。

筍は穂先や姫皮などの柔らかい部分がおすすめ。


ちなみに、青梗菜は株の部分も食べれるので、株の部分はこうやって切るとよいですわよ。

株の部分だけ縦に8~10等分に。葉の部分はザクザクとどうぞ。


3:フライパンにごま油大さじ1と生姜を入れて火にかけ、香りが出たら、青梗菜の株→筍の順に炒める。

炒めるときは強火で。心と体に余裕があれば、油は大さじ1.5くらい入れてもOKです。そのほうが美味いです。


4:青梗菜の葉と中華スープの素を入れざっくりと混ぜたら、具をすべて端によせ、
あいた場所にごま油大さじ1を入れて熱する。

火加減は強火。


5:ごま油が熱されたら、1の卵を入れる。

ごま油にめがけて入れ、10秒ほどしたら、大きくかき混ぜる。


6:全体をざっくりと混ぜ、塩・胡椒で調味する。

卵が固くなるので、加熱しすぎは厳禁。素早く作業を。




筍と青梗菜のふわふわ卵炒めできあがり~♡


卵には油。




ええ。ええ。ええ。

中性脂肪の怖さも、

カロリーの怖さもわかるけれど。




卵料理をする時だけは。

ふわふわ~の卵炒めを作る時だけは。







油をケチってはいけない。

油は、飲む覚悟で。

是非。







いや、でも真面目な話。

中華料理屋さんで卵炒めを頼むと、

ものっすごいふわっふわの卵がでてくるのだけれど、

あれって、

絶対、油の威力だと思うの。

(あと、火加減。)






一般家庭で使うフライパンって、

今、テフロンが主流で、

テフロンだと焦げ付きもないし、

油もホント少量で済むんだけど、

中華料理屋さんって、

鉄の中華鍋使うもんね。

鉄の中華鍋だとさ、大さじ1の油でなんて絶対炒められないもの。

キッチンとか見てると、彼ら、お玉で油入れてるもんね。

(びっくりするくらい油入れてる時あるけど、たいてい、そういうトコのほうが美味いもんです。)




火加減についてはどーしよーもないので諦めるけれど、

お店で美味しい卵炒めを食べたと思えば。

自宅で油の大さじ2や3くらい、

怖くない。怖くない。

へっちゃら。へっちゃら。











太るときはみんな一緒♡







さささ。

夏に向けてもう2~3キロ太っておこーか♡

あたしのお腹もそろそろヤバいけど。

さぶろー山は最近大台にのってるけど。

これは、ラディッシュとセロリの甘酢漬け。

昨日だったか、一昨日だったかに食べた時は浅漬け程度だったんだけど、

しっかり漬かって、えー色になってきましたね♡








デザートにはウマウマデコぽーん。

嗚呼・・・薄着の季節がやってくる~・・・










ご清聴ありがとうございます。

美味しいものは食べたいけど、気持ちは痩せたいんだよね~というお仲間さん、どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。痩せたい気持ちはあるんだよね~・・・





気持ちだけ・・・