ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


餃子・青梗菜のふわふわ卵のスープ・冷奴










昨日の晩ご飯は、餃子。

最後の36筍をたんまり使った焼き餃子。

/じゅわじゅわ~\








餃子が焼けるじゅわじゅわ~な画像もたまらんのだけども、

やっぱ、餃子と言えば、ココよね。

ココ。

/羽根パリ~\





\パリパリ~/

んー、ええ色♡



(ワタクシ、焼き色は濃いめが好き。ちょっと焼きすぎかもの半歩手前くらのヤツがたまらんです。ハイ。)













そして。

毎度毎度、親切さにかける女ですいません。

断面ショーはあたしの歯型にて。





ええ。

生まれ変わったら、包丁で切って断面を見せれる親切さを備えたいと思いますが、

うちの餃子は、基本的に野菜餃子で、

余計なものは一切入れず、

大量の白菜と、少しのニラ、そして、さらに少量の豚ひき肉(昨日はそこに筍プラス)で構成されております。




生姜やニンニク等の必需品はなんも入れず。

味付けは、中華スープの素と醤油、ごま油おんりー。(あと、塩・胡椒も)




至ってシンプルな餃子ですが、

それがまた美味くて。





さぶろー山「実に美味い。」





そう。

実に美味い。





さぶろー山「この、いくらでも食えちゃう感がいいんだよな。」




そう。

シンプルがゆえに、いくらでも食べれる。




もぐもぐもぐもぐ・・・





さぶろー山「うめー!」





もぐもぐもぐもぐ・・・





ひな「おいっしー!」





もぐもぐもぐもぐ・・・・・




おかん「んめべー!」





もぐもぐもぐもぐ・・・





あたし「最高♡」





エンドレスもぐもぐ♡






さぶろー山「でさ。」





あたし「ん?」













さぶろー山「なにでご飯食べるの?」











ハイ。ハイ。ハイ。ハイ。





爆弾発言。













なにでご飯食べるの?

って、そりゃアンタ・・・


餃子。があるでしょうよ。



これ、おかずでしょうよ。

(ってか、「おかず」でいいんですよね。餃子って「おかず」ですよね。)










さぶろー山「え?餃子しかないの?」










いやいやいやいや。

確かに、うちのうんまい餃子は、いくらでも食べれちゃう餃子で、

一人20個は楽勝アイテムだけれど。



こちらも多少なりとも気を使いまして、

餃子ばっかりじゃ飽きちゃうかな。って思って。



一応、箸休めも作ります。

こちらにございます。

トマト添えの冷奴。







さぶろー山「え。冷奴でご飯食うの?」






いやいやいやいや。

こちら、箸休めですから。



餃子の油に飽きたら、

さっぱりお豆腐を含んで。

お口がさっぱりしたら。

再び、餃子を食べる。





(で、いいんですよね。箸休めの役割ってそれでいいんですよね。)










さぶろー山「え。おかず、これだけ?」









いやいやいやいや。

まだあるまだある。





スープもある。

青梗菜のふわふわ卵スープ。





昨日はむちゃくちゃ暑かったけど、

女3人だったら絶対に汁物なんか作らないけども、

さぶろー山がお休みだったし、

久々にみんなで食べるご飯だし、

と、思って。

作ったスープ。








さぶろー山「で。」





で?









さぶろー山「おかずはなに?」











だーかーらー。

餃子。





いっぱいあります。

山盛りあります。

100個あります。








さぶろー山「え。だから。」




さぁどうぞ、

お好きなだけお召し上がりくださいませ。










さぶろー山「何を食べればいいの?」










だーーーーかーーーーらーーーーー!!!!!

餃子!!!!!!!!!!









さぶろー山「は?」





いっそ、「分からないなら食うな。」と、言おうか悩むところではあるけれど。

彼とは長いお付き合い。



毎日毎日顔を合わせて、

毎日毎日共に食事をして。



もうじき14年。

夫婦歴14年。





彼が何を言いたいのか・・・

何を求めているのか・・・























全く分かりません。




(黙って餃子をお召し上がりくださいませ。)


















さぶろー山「いや。餃子は餃子で食べるんだけど。」





じゃあ、食べてくださいよ。

黙って。





さぶろー山「お肉はどこ?」




え。

お肉はこちらに完備してありますが?

筍と粗みじん切りの白菜しか見えない気がするけど、

よーく見ると、ある。

よーく見ると、いる。





さぶろー山「え。」





若干の挽き肉が。

います。









さぶろー山「これって・・・・・お肉って言わないよね。」









えーと。

「ぶたひきにく」って漢字で書けます?






豚挽き肉。







って書くんですよ。










挽きとは、鳥や豚、牛などのを細かく切ったり、すり潰した食材のこと。

豚挽きは、豚のを細かく切ったり、すり潰したのこと。







さぶろー山「え。肉?」








そう。肉。です。







さぶろー山「え。これが?」





ちなみに、君のお腹に「ぼいいいいーーーーーん」ってぶら下がってるヤツ。

あれもお肉。






さぶろー山「肉?」






まるでお肉。

イッツお肉。

お肉仲間。









さぶろー山「こんなん肉じゃねえーー」










あー、はじまったはじまった。





さぶろー山「肉をだせーー」








肉を食べながら、肉を欲する。










さぶろー山「肉を焼けーー」








お腹にあんだけ肉を背負っているのに、

まだ肉が背負いたいという。











さぶろー山「肉を食わせろーー」







大台というひとつの山を越えてしまったというのに、

さらなる高みへ登りたいという。

















さぶろー山「肉うううううううううううううううううううううううううううううううううううーーーー」
















いったい、どこまで登るのでしょう。

うちの旦那は。

P・S  やかましさに負けて、鶏肉焼きました。スンドゥブで。












ご清聴ありがとうございます。

餃子はおかずだと思う方、どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。あたしは、餃子で大盛りご飯が3杯食べれます。余裕で。






ちなみに。

スンドゥブで焼いたお肉、びっくりするほど美味しかったです。

なにあれ。ほっぺた落ちましたけど。