ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い語りを聞いていただきありがとうございます。

昨日の続きです。














クリームチーズの冷凍に成功し、

生クリームと混ぜたらおかしくなり、

それを正そうとしたところ。



どうしようもなくなってしまったところからです。













はてまて。

困りましたね。

ええ。

ホント困りました。







まさかあんなことで化学変化をおこすなんて。








誰も思いもしねーですよ。

予想をはるかに超えた化学変化ですよ。

犬は無反応なのに。









と、

どうしようもないものを、どうするか迷って、

とりあえず。

濾してみることにしました。






ザルにキッチンペーパーを敷いて、

その上からおかしくなったクリームを流して。

水分だけを下に落とそう。的な。

まぁ、水切りヨーグルトの要領です。





上手くいけば、余分な水分が抜け、凝縮されたクリームチーズがとれるかな。的な。(←あくまで予想の話)

それがとれたら、それを利用して、ムース仕立てにしよう。的な。(←まだ諦められない)


何が何でも、あるもんでどうにかしてやろう。的な。(←最後のプライド)












そんな思惑のうえで行った行為だったんですけどね。

なんてゆーかね。






まぁ、これがびっくり。びっくり。

全然水分が落ちない。













もう、どういうこっちゃねん。
















教えてくださいよ。

タマ先生。


飽きすぎて伸びてますがな。













できると思ってたクリームは全然できず、

頼りのタマ先生は全く話にならず、

落ちると思ってた水分はまったく落ちず、

あたしの自信は北極点の向こうへ7泊10日。














もう、どうでもえーわ。(←ヤケ)

と、キッチンペーパーを取り除き、

かの。

おかしなクリームだけをザルにのせたところ。

もろもろなりました。











MOROMORO!!!!!




もう、いろんな意味でもろもろ。


















こうしてあたしは。

フロマージュみたいなふわふわの生クリーム(若干分離気味)

と、




牛乳を濃くしたような微妙な脂肪分の生クリーム(若干ゼラチン入り)

の、








ふたつ。




を、ゲットしました。











別にいらんっちゅーねん。

ふっつーの生クリームだけでええっちゅーねん。
















ええと。

大変長い話になりましたが、

要約すると、こうです。






一見、冷凍に成功した風のクリームチーズを、

さらっと解凍して。






それを、泡立てたクリームに混ぜると、

ゆるゆる~な状態になり。






さらにそこで、

回して回して染の助染太郎状態でハンドミキサーにかけると。

MOROMOROになります。










この一連の流れを、






クリームチーズの反乱 






と、言います。





(ハイ、ここ来年の国家試験でるよー。アンダーラインじゃ甘いからねー。蛍光ペンでマーカーしといてねー)















ちなみに、このクリームチーズの反乱を経て。

手に入るものは、

もろもろの何か。(分離した生クリーム)



と、



ベトベトの液体。(残ったおかしな液体)















それと、





ポッキリ折れた心。



以上です。






(もし、この3点を希望される方がいらしたら、作り方、伝授します。)

























さて。さて。

ここで、いらん3点セットをGETしてしまったワケですが、

さすがのあたしも、

こんなんなったら、もう、無理です。

これ以上彼らとのお付き合いは不可能です。





諦め半分、

逃げ半分、

ついでに現実逃避も加わって、





あたし「やーめた」





って言ってみたところで。

目に入るのはこれ。

そう、生地。

生地が。





できあがってるーーーーーー



(しかも、こんな時に限って、やたらええ出来の子が生まれているという・・・)











じゃ、さっさと新しいクリーム買って巻けよ。

って感じなんですが、

でもさ。

迷うんだよ。

すっごいすっごい、迷ってしまう理由があるんだよ。









生クリームって、いろんなメーカーがあるけれど、

あたしが一番使い慣れているのは、

タカナシ35。これ↓

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム35」 200ml
¥359
楽天

価格的によろしいのはもちろん、

味よし、

風味よし、

何より、扱いやすく、失敗が少ない。











でもね、これはマジな話。

初心者さんで上手く巻けない~!って方はタカナシさんがおすすめ。



あたしはいつも価格的な問題と、置いてある店舗の問題で35を買うんだけど、

タカナシさんのクリームで、「クリームホイップ40」ってのがあって、

これは、ケーキ用に作られてる生クリームなんだけど、

すっごい扱いやすい。

日本で売ってる生クリームの中で、一番扱いやすいと思う。

(赤いパッケージで「タカナシクリームホイップ40」って書いてあるヤツです。)






ちなみに、タカナシさんのクリームは、クリームホイップ40の他、

35、42、47(←乳脂肪の数値です)ってのもあって、

42や47あたりになると、

最強美味しくて、

「まるでケーキ屋じゃんあたし!!!」

的なものができるのだけれど、

あっ!という間に泡立つので、

普段、植物性のクリームを愛用してる方や、初めての動物性脂肪クリームを使う方は、気を付けて。

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム47」 200ml
¥451
楽天

47は青いパッケージ↑



42はグリーンのパッケージ↓です。

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム42」 200ml
¥427
楽天


どちらもホントに美味しいのですが、

泡立ちが早すぎるがゆえに、気を抜くとエライコッチャになります。

ホント、あっちゅー間にもこもこ。

うっかりした瞬間、モロモロの刑です。
















で、話を戻して。

こちら、田舎。





近所にスーパーはあれど、

タカナシの生クリームは置いておらず。

アイツをGETしようと思ったら、




いつも行かない、

ちょっと遠くの、

小洒落たスーパーへ、(ジャージ不可)

車で、(徒歩不可、チャリ不可)



行かねばなりません。








(気力も体力もないのに)














じゃあ近所のスーパー行けよ。

って感じ?

そうよね。

そうよね。

あたしも、いつもだったらそうする。

タカナシ諦めて、他メーカーさんのヤツ、買う。










しかしだね。









あたしは今回、すでに心が折れている。


(折れまくってます)













そりゃ、あたしだって安全策とりますわ。

タカナシ買うよ。

面倒くさすぎてホント行きたくないけど、行くよ。






自分のプライドのタメに。(大事)
















と、重い重い腰をあげ。

わざわざ着替えて、

わざわざ車に乗って、

わざわざ遠くて小洒落たスーパーまで、

わざわざタカナシの生クリームを買いに行ったあたしは。

雪印を買ってきました。





(オイ。)












いやいや、

でもね。

しょうがないと思うんだ。




タカナシのクリームも置いてあったけれど、

いつも通りのお値段だったけれど、

どんな理由であれ、

この表示に敵うものはないと、いう話。





(結局はそこ。)
















ああして、こうして、

あんななって。

ホントさんざんな目にあったけれど、

無事にクリームは泡立ち、

生地もちゃんと役立ち。

そして、最後のマンゴーさんも散らされ。



くるくるくるりーん。と。


ようやく。巻かれたワケです。





(長い、長い製作時間と語りでした。)













で、無事に巻けましたところで、

2時間ほど寝かせれば生地とクリームが馴染み、

カットして食べれる状態となるワケですが、

ここで問題がひとつ。




雪印の生クリームは、

タカナシよりお安いのに(たいてい30円くらい安いです。おかめ調べ)、

脂肪分が高いので、(タカナシ35、雪印40)

美味しいことは美味しいんだけど、

ただ、このクリーム。




8分立てに泡立てたハズなのに、

ロール生地にのせた途端、ゆる~くなることがありまして。




あたしはこの現象を「雪印の不思議」と、呼んでいるのだけれど、

初めて使う方は注意が必要で、

あたしは折れまくったプライドの回復と、

しょんぼりしすぎた心の療養を兼ね、

ひとつ保険をかけまして。





一晩置いてから。





デコレーションを施しました。

ゆえに、できあがったのは、8日の午後。です。






(結婚記念日超過ロールとなりました。)














Wショコラのマンゴーロール。

別名、まさかこんなメにあうなんてロール。

FBにUPした時、切り口萌え~♡

とか言っていただいたのに、ごめん。

実はさして綺麗でも何でもないねん。

いつも通りの切り口にて。

すまん。












デコレーションは、トップに生クリームをうねうねっとして、

その上に角切りマンゴー。

さらに、ココアパウダーをふりふりっとして、

さらにさらに、チョコレートシロップをかけたのだけれど、

そうだね。

シロップ、ゆるかった。





(さすが、夏。)














そして、特筆すべきなのは、ココかな。

ココ。

今期もおかめガーデンを大変賑わしているミント。

ワタクシのようなものでも育てられます。

育てられてます。








地植え、万歳。













ほろ苦ココア生地に、

まったりクリーム。

マンゴーの甘酸っぱさが最強のコラボ。

まー、ホントはレアチーズクリームになる予定で、

間違いなくそっちのほうが美味かっただろうな。

と、いう夢はもう捨てて。












Wショコラのマンゴーロール・・・

長い道のりでした。














ご清聴ありがとうございます。

クリームチーズの反乱には気を付けよう。そう思われたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。ホント、気を付けたほうがいいよ。






MOROMORO。