ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番美味しい焼き芋。







誰か砂糖入れた?

ってくらい甘くて、

あたし、バター入れたっけ?

ってくらいコクがあって、

おかしいな、裏ごししたっけ?

ってくらいねっとりして。




だけれども、




やっぱり芋だね~♡

という、ほっくり感も味わえる。






そんな焼き芋の作り方(オーブンバージョン)です。






レシピ一番美味しい焼き芋


【材料】
さつまいも・・・・・好きなだけ
アルミホイル・・・・・適量
オーブン・・・・・必須


【作り方】
1:収穫したてのさつまいもを使う場合は、2~3日ほど天日に干しておく。

天日干しすることで余分な水分が抜け、甘味が増します。
時間があるときは、その後、さつまいもを新聞紙に包み、10日ほど置くと、さらに甘味が増します。BY FUKUKO


2:さつまいもは水でよく洗う。

泥も汚れも全部落として。


3:水気がついたまま、アルミホイルで包む。


芋についた水分は拭き取らず、そのまま包む。
たとえさつまいもが大きくても、切らずに、まるごと包むほうが美味しいです。



4:鉄板などにのせ、160度のオーブンで1時間~焼く。
串をさしてスッと通ったら、オーブンの中で30分ほど放置する。

さつまいもを焼くときは、予熱不要。
低い温度から入れ、じっくり加熱することで、甘味が増します。

加熱時間の目安は、直径4~5cmのさつまいも3~4本で1時間くらい。
6~7cmくらいのさつまいもなら、1時間半くらい。
芋の大きさや太さ、数によって加減してください。




一番美味しい焼き芋できあがり~♡

さつまいもが甘くなる理由は、

加熱によって、デンプンが糖に変わるから。




その変化が起きるのが、芋の温度が60~70度の時で、

それ以上温度が低くても高くても、デンプンは糖に変わってくれないイケズなおヒト。




なので、できるだけ60~70度の温度をキープできるよう、

アルミホイルで包み、

加熱は低めの温度から。

ゆっくりじっくり、気長にやります。


焼きたての熱々も美味しいけど、

一日経つと、もっと美味しい。

(↑甘味が馴染んで、しっとりほっくりで美味しいんです。アタシは好き)







ま、

一時間以上オーブンで焼いてるんで、

かなり光熱費もかかってると思うんですけど、

焼いてさえしまえばね。

ラップで包んで冷凍もできます。

ちなみに、食べるときは、レンジでチーン。













さささ。

大変晴天に恵まれた本日。

ついにBAAYA業も最終日。




最後のBAAYA業、頑張ろう。

頑張れ、あたし。








ご清聴ありがとうございます。

頑張れBAAYA。どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。あと2時間・・・!






120分耐久レース。