ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけますが、
Amazonさんは欠品中のようです。入荷まで少しだけお待ちください。申し訳ありません。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャラメリゼ胡桃noとろーり生チョコプリン








聖バレンタインデー。




世界中の男子が朝からソワソワする日。



前日には。

「誰がいくつもらう」だの、

「俺はアイツからもらう」だの、

「俺は母ちゃんからもらう」だの、

と、賭け事も行われ、

手にするチョコレートの数は、男の価値。



そう、あの「小さい包み」こそが、男の勲章。






聖なる日。

愛の日。


































あたしの誕生日。




ハイ、来月27歳になりまーす。(←突っ込み禁止)


















そんなワケで。

毎年あたしの生誕を祝うべく、

世界各地でチョコレートが振る舞われるワケですが。(←違)

このブログでは、

「おかめはんのバレンタイン講座」なるものが行われます。







ま。

あたしがバレンタイン用のチョコレートを作り、あーだのこーだのと講釈を語るだけの企画なんですが、

これが、大変評判が良くて。ね。

恋のひとつも実ればいいなーと思って書いてたんですが、

実際、ご結婚された方までいらっしゃって。

嬉しいこと、このうえないくらい光栄でございます。ぺこり。





そして。

あまりにも評判が良いので、もう何年も書いてるような気すらしてましたが、

・・・と、

3回。

それも1年しかやってなかったわ。

ごめん。










でも、まぁ。

去年はそれどころじゃなかったしね。

校正と校了の嵐にまみれて・・・2014冬。)







1年ぶりとなる今年は、バレンタイン講座を復活させてみようと思って。






おかめはんのバレンタイン講座2015、第一弾です。

キャラメリゼ胡桃noとろーり生チョコプリン







あたしにしちゃーめずらしく、

小麦・卵不使用。




アレルギー対応です。














このアレルギー対応プリン、cottaさんからの依頼で作らせていただいたんですが、

うん、まぁ、ぶっちゃけ。



あたし、「アレルギー対応食」って全く専門外でして。







我が家、あたしがちょこっと生卵アレルギーなくらいで、

他にアレルギーありませんねん。

花粉症すらない健康体ですねん。










だからね、あんまりアレルギーについて考えたこともなかったんだけど、

卵・乳・小麦。

たった3つでしかないのに、

この3つが使えないだけで、

作れないものの多さと言ったら、




もう!!!!!












クッキーもダメだし、(←めっちゃ小麦)

ケーキもダメだし、(←めっちゃ卵)

チーズもダメだし、(←めっちゃ乳)

お菓子というお菓子、すべてがアレルギーに非対応。











で。











悩んだ末、

「小麦も卵も使わないもの」と、いうことで、

卵不使用のプリンを作らせていただきました。

少量のゼラチンとチョコレートの力で固めるプリンです。





本当は「乳アレルギー」にも対応できるよう、

オーガニックチョコや、豆乳生クリームなどを使ってみたんですが、

チョコレートの原材料に「乳」が含まれるらしく。

「乳」には対応していないそうです。

スミマセン。。。









大事なことだと思うので、大きく書いておきます。






小麦・卵アレルギー対応。

乳には対応しておりません。












では、レシピです。









レシピキャラメリゼ胡桃noとろーり生チョコプリン


【材料】プリンカップ5個分
■生チョコプリン
製菓用チョコレート(カオカラミティエ55%)・・・・・80g
板ゼラチン・・・・・1~2g(お好みで※1)
グラニュー糖・・・・・40~50g(お好みで※2)
豆乳生クリーム・・・・・150cc
豆乳・・・・・150cc
■キャラメリゼ胡桃
胡桃・・・・・40g
◎グラニュー糖・・・・・50g
◎水・・・・・大さじ1
■飾り用クリーム
豆乳生クリーム・・・・・50cc
グラニュー糖・・・・・小さじ1
バニラエッセンス・・・・・少々


【作り方】
1:ゼラチンはたっぷりの水でふやかしておく。

※1:とろ~り、まるでクリームのようなタイプがよい場合は板ゼラチン1gで、4時間以上冷やし固める。
少ししっかりしたタイプがよい場合は板ゼラチン2gで、2時間以上冷やし固めてください。


2:胡桃はフライパンで軽く乾煎りするか、150度のオーブンで10分ほどローストする。


フライパンで乾煎りする場合は、フライパンに胡桃を入れてから火をつけ、超弱火で。香ばしい香りがしたらOK。



3:小鍋に◎印を入れ、中火にかける。

中火くらい。


4:ふつふつっとしてきたら、2の胡桃を加え、ざっくりとかき混ぜる。

火加減は中火のままで。


5:水分がなくなり、砂糖が白く再結晶化してくるけど、気にせずかき混ぜる。

思わず食べたくなるけど我慢して。


6:写真のように色づいてきたら火からおろす。

ほんのり色づいてきたと思った瞬間、一気に茶色くなります。
モタモタしてると焦げるので、色づいてきたなーと思ったら、すぐに火からおろせるよう心の準備を。


7:クッキングペーパーの上にのせ、冷ます。

冷ます時には、胡桃を一粒ずつに。離して冷まさないと、冷めた時、全部くっつきますのでご注意を。
そして、直手で触るとものすごい熱いので、菜箸などを使うことをおすすめします。


8:小鍋にBを入れて中火にかける。

※2:大人用はグラニュー糖40gで甘さ控えめ&大人味。お子様用にするならグラニュー糖50gがおすすめ。


9:沸騰直前(周囲がふつふつっとしてきたら)になったら火からおろし、
チョコレート、水気を絞ったゼラチンを入れ、余熱で溶かす。

IHをお使いの方は、置きっぱなしにするとどんどん温度があがるので、必ず火からおろして。


10:チョコレートが完全に溶けたら、氷水にあてる。ゴムベラでかき混ぜながら、少しとろみがつくまで冷ます。

量が少ないのですぐに冷めます。冷めると固まってしまうので、ゴムベラの手を止めないように。


11:プリンカップに10を少し入れ、7の胡桃のキャラメリゼを入れる。
再び10を少し入れ、7のキャラメリゼを入れる・・・を、プリンカップ8分目になるまで繰り返す。

胡桃のキャラメリゼは飾りにも使うので、形のよいものを7~8個だけとっておく。


12:冷蔵庫に入れ2時間以上冷やし固める。

ゼラチン1gの場合は4時間以上、2gの場合は2時間以上冷やし固めてください。


13:ボウルにCを入れ、7~8分目、少しゆるめに泡立て、12のプリンの上にのせる。

絞り袋がなければスプーンでも大丈夫です。あたしはスプーンで落としてます。


14:キャラメリゼ胡桃をのせ、ピック、ミントの葉などを飾り、包丁の背で砕いたキャラメリゼ胡桃をふりかける。

ピックはあってもなくてもいいけれど、あると一気にプロの雰囲気がかもしだせます。



キャラメリゼ胡桃noとろーり生チョコプリンできあがり~♡


さして難しい工程もないですし、

「卵の泡立てる」とか、「粉を混ぜる」とか、

レベルが丸見えな工程もないので、

どなた様にでもお作りいただけるかと思います。




ゼラチンの使用量で食感が変わってきますが、

あたしは、ゼラチン1g使用で、まるでクリームのようなとろ~りタイプが好き。

(↑ホントチョコレートクリーム食べてるみたいなん!!!)










容器はこの瓶↓を使ってます。

(←クリックで商品詳細へとべます)

計ったかのように、5個でぴったりな分量ですが、

実際に計ってますんで。

90mlのプリン瓶、ちょうど5個分できます。










そして。

一応、アレルギー対応菓子として、

「豆乳生クリーム」なるものを使ってますが、

豆乳生クリームって、あんまり「豆!」って感じがないので、

「これぞ豆乳!」って感じはしません。




今回使った生クリーム↓

スジャータさんからでてる豆乳ホイップ。

ちょっと大きなスーパーで180円くらいで売ってます。

新潟なら、イオンとか、アピタあたり。











チョコレートも、ちょっとカカオ分高めのものを使っているので、

なおさら「これぞ豆乳!」な感じはありません。

まったり濃厚でクリーミーなチョコプリンです。

アレルギーではない方も美味しく食べていただけます。




今回使ったチョコレート↓

「カオカ」の「ラミティエ」という、オーガニックチョコ。

カカオ分55%のものを使用。









あたし、この「カオカラミティエ」ってチョコ、

今回、初めて使ったんだけどさ。








すっっっっっっっごい。

美味いの。








もうね、びっくりするほど美味い。

腰がぬけるほど美味い。

ほっぺたは500回落としたほど美味い。




あまりにも美味しくてさ、

毎日食べてる。



製菓用じゃなく、おやつとして、

毎日食べてる。



なのに、太らないから不思議。(←オーガニックチョコだから??そんなことあるの???)








板チョコよりは、ちょっとお値段がはるチョコレートだけど、

これはね、本当に美味しくておすすめ。



ニキビもできないし、(あ、吹き出物って言ったほうがいいですかね)

ちょこっとだけで満足できるし、(味も風味も濃いのでほんのちょっとで満足感)

オーガニックだし。(あたしには無縁な)





自分がセレブなロハスになった気すらします。

(ジャージにちょんまげ、毛糸のパンツに毛糸の靴下2枚履きの現実でも。)















そして。

何より大事なラッピングは、

今回、ラブリーな感じにしてみました。

バレンタインって、シックなラッピングが多いのだけれど、

今回のイメージが、

「小麦&卵アレルギーの息子に送るバレンタイン」だったもんで。





(え。いつから?)

(今から)








お母さんにとっては、いくつになっても、かわいいかわいい息子。

たとえ、彼女ができようが、嫁ができようが、

永遠の恋人はお母さんだよ。

ってことで。



レースのおりぼんとレースのタグでめっちゃぶりぶりにしましてん。












うん。ま、ぶっちゃけ。

あたし、「息子」っていないんですけどね。

(うちは、娘1人+1匹)




多分、多かれ少なかれそんな気持ちだろうな。と、いう想像の元で。

すいません。

勝手に想像して。

すいません。

そんな気持ちがなかったら、ちり紙に替え、りぼんはビニールテープにしてください。







ちなみに、レースとりぼんのラッピングは、

プリン瓶の蓋を閉め、12cm正方形に切った不織布をかぶせ、輪ゴムなどで固定。

輪ゴムを隠すようにリボンを結び、タグをかければできあがりです。

もちろん、ちり紙とビニールテープに変えてもOKです。











使用資材はこちら↓

プリン90(ポリ蓋付)
カオカ ラミティエ 55%
板ゼラチン
グラニュー糖
生クルミ
バニラエッセンス
不織布テーブルクロス(←ピンクの不織布、安かったのでクロスを切りました)
ハートレースピック
レースタグForyou(←もちろんビニールテープでも)
レースりぼん(←もちろんちり紙でも)
さしあげる彼氏(←残念ながら欠品中)



全てコッタさんで揃います。









バレンタインまであと23日。

ちょいちょいとチョコ菓子をUPしていこうと思います。








ご清聴ありがとうございます。

生チョコプリン、食べたくなったらこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。あいらぶバレンタイン。





あいらぶチョコレート!!!
















バレンタインレシピ。

あたしは「アレルギー対応 生チョコプリン」の監修をさせていただいております。