ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鮭のムニエル・茹でアスパラ・かぶのそぼろあんかけ・冷奴・アスパラとコーンの春色ご飯・具沢山汁













今日の朝、ちょこっとだけ臨時収入をGETしたさぶろー山。





さぶろー山「あー超うれしー。俺、これで何しよっかなー♪るん」





と、とっても嬉しそう。





あたし「よかったねー、大事に使いなよー。」





と、サクっと声をかけ。





さぶろー山「うんっ♪」





と、返事を聞いたところで。

あたしが聞きたいのは。





あたし「で。」





これ。












あたし「何に使うん?」







そう、大事。











基本的には、

さぶろー山がもらったお金だし、

あたしに半分くれ。だの、

そのお金で何か買ってくれ。だの、

あたし、首飾りが欲しいんですけど。だの、

そんな厚かましいことは、





これっっっっっっぽっちも。






思わないけれど。






よろしければ、

皿の一枚くらいは恩恵に預かろうかな。と、

思わないことがないこともないような気がしないでもない。











(ようは、買ってもらいたいのです)















そんな妻の気持ちを知ってか知らずか、





さぶろー山「うーん・・・そうだなぁ・・・」





と、首をかしげて考える旦那。





さぶろー山「とりあえずは・・・そうだな。」





そうですね。

こちら、14年。

妻歴14年。




尽くして尽くして尽くし続けて虐げられ続けて14年。




ここから先の話を聞かずとも、

君が何をしたいと思っているか知っている。











あたし「酒か。」

さぶろー山「飲みにいこうか。」













あたし「酒か。」

さぶろー山「飲みに行こうか。」













あたし「酒。」

さぶろー山「飲みに。」














ほーら、やっぱり。




酒・三・昧。













さぶろー山「なんなの?悪いの?お酒じゃダメなの?」





あたし「べっつにー。」





いいですよ。

悪くないですよ。



酒屋さんもうるおいますし、

焼き鳥屋のマスターも大喜びでしょうし、










悪かないです   け ど 。














妻は、

ここで「お酒」じゃなく、

「妻の首飾りを・・・」

とか

「妻の春用パンプスを・・・」

とか

「妻の春色バッグを・・・」

なーんて、

サラっと言えちゃう、








気の利いた男性が。





ええ。

好きです。

めっちゃ好き、好き。

首ったけ。












た・だ。













そんなことができる生物は。






漫画の中でしか見たことがなくて。











本当にいるんかな、そんな男性。

くらい思っちゃうんですけどね。


ああ。

あれは、

天然記念物ですかね。



なるほど、絶滅危惧種。



そうかそうか、

自然保護団体保護対象種でしたか。







そら、お会いできませんわな。











ということで、アスパラとコーンの春色ご飯、@レシピです。










レシピアスパラとコーンの春色ご飯


【材料】3合分
米・・・・・3合
アスパラ・・・・・4本
コーン・・・・・100~150g
コーンの缶汁・・・・・1缶分(まぁ、どのくらいでも。あるだけで大丈夫ですんで)
酒・・・・・大さじ1
水・・・・・コーンの缶汁、酒と合わせて3合の目盛りまで
塩・・・・・小さじ1強
干し海老・・・・・大さじ2くらい


【作り方】
1:米は洗って浸水させておく。
アスパラは根元を落として、根元の固いところ(根本から3~4cm程度)だけ皮をむき、塩茹でする。
7~8mmの小口切りにする。


アスパラは、茹でたらすぐ冷水にくぐらせて色止めを。




2:鍋や炊飯ジャーに、1の米、コーンの缶汁、酒、水、コーン、干し海老、塩を入れ、炊飯する。


アスパラ以外の材料は全部入れちゃってOK。
コーンの缶汁は計量カップで計ったりせず、ある分だけで大丈夫。
炊飯は、炊飯ジャーでも鍋でもどちらでも大丈夫なのでお好きなほうでどうぞ~。


3:炊き上がったら1のアスパラを入れ、さっくりと混ぜる。


アスパラを炊き込んじゃうと色が悪くなるので、アスパラだけ最後に混ぜて。



アスパラとコーンの春色ご飯できあがり~♡


昨日の残りコーンを使って、

ほんのりピンクな春色ご飯。







春色の正体は、干し海老。

乾燥した小さい海老であれば、桜えびでも干し海老でも、どちらでも大丈夫。

少し赤く着色してあるものを使うと、綺麗なピンク色になります。







干し海老や、コーンからも美味しいお出汁がでるし、

コーンは缶汁ごと炊き込んじゃうので、

味付けはお塩と少量のお酒だけで十分美味しい。


春色ピンクに黄色とグリーンの差し色がかわいいご飯。





今さらすぎて申し訳ないんだけど、

これ、お花見弁当なんかに入れるとね。

すっごいかわいん。




桜のピンクとね。

ご飯のピンクがね。

うん。









もう、咲いてないよね。







ホントごめん。

よかったら来年のお花見弁当の候補に・・・

そして、いつものことだけど、もうちょっと早く言えって言っておくね。















メインのおかずは、鮭のムニエル。


岩手、あわび’s実家からのいただいた鮭は、

パラパラっとお粉をまぶして、

ささささっとソテーして、

ポン酢入りのバターソースで。












あとは、かぶのそぼろあんかけ。


サラダにするか焼きにするか迷ったけど、

やぎ子が煮たかぶマニアなので、

煮てさしあげました。

作り置きのそぼろを入れて。











お味噌汁は具沢山。


大根、人参、ごぼう、玉ねぎ、しらたき、油揚げ、じゃがいも、長ネギ。

冬がすぎ、春になっても、具沢山のお味噌汁が大好きです。

一番好きなのは芋煮だけど。














で。
















さぶろー山「何に使おっかなー♪るんるん」





冒頭の続き。

喜び悩むさぶろー山とおかめの物語。





さぶろー山「どうしよっかなー♪るんるん」





まぁ、ね。

いいんです、いいんです。

別にいいんですよ。

酒を飲もうが、

焼き鳥を食おうが、

今以上に太って、

5段腹はおろか、

このまま土俵入りすることになっても、

彼の自由。





あたし「でもさー。」





そうですよ。

あたしはまわしを縫うだけですよ。





あたし「たまには何か残るものでも買ったら?」





だって、これ以上豚になってどうする。

臨時収入で大きなお腹をさらに大きなお腹になるのではなく、

大きなお腹を少しでもなくすものを買ってくれ。





さぶろー山「えー・・・でもさ、お買いものってさー・・・。買いに行くのも面倒くさいっつーか、なんつーか・・・」













ハイ、楽天。








ホイ、アマゾン。









ほれ、ヤフー。












ん?

もっと紹介しよか。

東急。






高島屋。







ギルト。







グラムールセールス。







アウトレットピーク。








ん?



ん?



ん?










何でも売ってますけど。





お指一本でお買いものできますけど。

お布団の中からでもぽちぽちできますけど。








さぶろー山「まー、俺的には、銀行に預けるっつーのもアリなんだけどなー。」






そうか、そうか。

今までのくだりに行数、





全部無駄。










さぶろー山「でもなー、銀行もいいんだけど、はんこ押すのも面倒だし、書類書くのも面倒だし、

預けに行くのが面倒なら、解約するのはもっと面倒なんだよなー・・・」





あ、でもね。

そういうことならば。





あたし「あたし、いい銀行知ってるよ!」





さぶろー山「え?マジで?」





あたし「うんうん。預入、お引き出し、契約、解約、すべてにおいて、ノー手数料。」





さぶろー山「へー。」





あたし「しかも、わざわざ銀行に出向かなくてもよくて、サインもはんこもいらなくて、書類なんて顔パス、顔パス。」





さぶろー山「へー。」





あたし「しかも。しかもっ。

一言言えば、自宅まで行員がやってきて、預入からお引き出しまで、





すべてご自宅で。









さぶろー山「へー。」






あたし「さらに、今なら新規入会キャンペーンにつき、粗品も貰いたい放題。」





さぶろー山「それって、なんて銀行?」





あたし「うん。





おかめバンクって言うんだけどね。」










さぶろー山「ふざけんじゃねーよ。いらねーよそんな銀行。」





頭取あたし。

行員あたし。

ATMあたし。




素晴らしき銀行「おかめバンク」。

(注:おかめを保存する施設ではありません)





さぶろー山「今すぐ潰れろ。」





まー、なんてひどい言われよう。





さぶろー山「だって、アレだろ。銀行のくせに、使いたい時に引き出せなくて、勝手に定期とかにされてて、

あれ?っと思えば、不正に出金されてて、

おやっ?っと気づけば、なーんもなくなってる。みたいな。」





あたし「そんなことしないもん。銀行だもん。増えるものだってあるもん。」





さぶろー山「じゃー、何をどうやって増やしてくれるんだよ。」





あたし「えっと。











皿を。









楽天で買い続けて、

増やしてあげます。












ご清聴ありがとうございます。

おかめバンク、興味のある方はこちらをポチポチポチっとどうぞ♡

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています



レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。






おかめバンク、

新規入会キャンペーンにつき、

ポケットティッシュ(ソフトバンクのロゴ入り)が貰いたい放題!(~5/20まで)