ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーン焼売






焼売の下味には、

すりおろした生姜や、中華スープ、オイスターソースなんかを入れると美味しいんですが、




今回は諸事情により。




醤油・酒・ごま油。




の、3点のみ。








ひょっとしたら中華スープがないおうちもあるかなーと思ったのが20%。

残り80%は、





うちになかったから。です。




(そんな人間でゴメンナサイ)







でもね。

確かに、中華スープを入れたほうが、深みのある味に仕上がって美味しいんですが、

なくてもできます。

なくても美味しいです。

と、いうか。









なくても誰も気づきません。






(そんなもんナンダッテ)










レシピコーン焼売


【材料】30個分(1個が結構大きいので、4~5人で食べれます)
◎豚挽き肉・・・・・350~380gくらい
◎酒・・・・・大さじ1
◎醤油・・・・・大さじ1
◎片栗粉・・・・・大さじ2
みじんぎりの玉ねぎ・・・・・1個
ごま油・・・・・大さじ1/2
コーン缶・・・・・130~150gくらい(水気を絞った状態で)
焼売の皮・・・・・30枚
蒸す時に敷くキャベツや白菜・・・・・好きなだけ


【作り方】
1:ボウルに◎印を入れ、ねばりがでるくらいまでよくこねる。
みじん切りの玉ねぎ、ごま油を入れ、さらにこねる。

しっかりお肉をこねると、ジューシーな焼売ができるよ。


2:水気を絞ったコーンを入れ、全体が馴染む程度にざっくりと混ぜる。

これでタネできあがり。


3:蒸篭にキャベツや白菜などを敷く。


我が家では、焼売の旨味を吸ったお野菜がすっごく人気なのでたっぷりお野菜を敷きますが、
葉物がなければクッキングシートでもOK。


4:焼売のタネを皮で包み、キャベツの上に置く。

包み方はこちらを参考にどうぞ。
焼売を置くときは少し離しておかないと、全部がくっついてどデカい一枚ものの焼売ができちゃうのでご注意を。


5:鍋やフライパンなどにたっぷりのお湯を沸かし、上に蒸篭を置き、強火で10~15分蒸す。

リビングがあんまり綺麗じゃないのは、そっと目をつむって、スルーして。



コーン焼売できあがり~♡

うちは蒸篭があるので蒸篭で蒸してますが、

蒸篭がなければ、鍋でも蒸せるし、フライパンでもOK。

(鍋やフライパンに1cm程度の湯を沸かし、その中に焼売を並べた耐熱皿を置いて、蓋をすれば蒸せます)







それすら面倒な方は、ごま油を熱したフライパンに適当に焼売を並べ、

底面に焼き色がついたら、水を入れて、蓋をして蒸せば、

蒸し焼き焼売のできあがり。です。

あと、あたしはよい思い出がないので絶対しませんが、

レンジでチーンでも蒸せるようです。









そして、このレシピには、400g入りのコーン缶を使ってますが、

400g入りのコーン缶だと半分くらい余ります。

そしたら、缶汁ごと取っておいていただいて。





こちらの春色ご飯にするのがおすすめ。

缶汁ごと炊き込んで、



捨てるとこなし♡















まぁね。

分かってたことですし、

決めたのも自分ですし、

今さらこんなことを言うのもナンですが。



結構、圧迫してるんですよね。

我が家の財政を。












あたしの学費が。














今年も頑張って節約しようと思いマス!










ご清聴ありがとうございます。

節約は心の友。この気持ちを分かっていただけたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。そうだそうだ、オー、心の友よ。





どうせだったら諭吉と友達になりたいけど。