ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おじゃがのカレーチーズ焼き・お粥・味噌漬け・鶏そぼろひじき・おひたし・キャベツと椎茸の味噌汁













月曜日の晩ご飯。

おじゃがのカレーチーズ焼き



あたしが一泊でお出かけしてる間は、

はるかが食事当番をしてくれているのだけれど、

今回は、「具なしカレー」なるものを作ってくれたらしい。




「具なし」と言っても、カレールゥを水で溶かした「具なしカレー」ではなく、

スンドゥブでコトコトと煮込んだお野菜を、すべてミキサーにかけるという、

大変手の込んだ「具なしカレー」。





あたしが作る、愛のかけらもないカレーより、

ひと手間もふた手間もかかった、

はるか様、渾身の一作。















を。















ひな「・・・おいしくない・・・」







と、一番娘が言ってしまった時。





隣で聞いていたおかんは、

心の底から焦ったそうな。







その後、

一番娘が自らじゃがいもを煮はじめ、

それをおもむろにカレーの中に突っ込んだ時。





隣で見ていたおかんは、

逃げ出したい気分になったそうな。














さらに、次の日の夜。

そんないきさつなどなーんも知らないあたしが、

冷蔵庫にあったカレーの残りを茹でたじゃがいもにかけ、

チーズをのせて焼いた時↓↓↓

はるか「喧嘩売ってんの?」






イヤ。

ソンナ。

トンデモナイ。







インド人もびっくりなほど美味しいカレーでございました。

ハイ。

モウシワケアリマセン。


そして、メインはカレーのチーズ焼きですが、

テーブルの中央にはお粥なんぞも添えられておりまして。






大麦入りのお粥は。

FUKUKO家御用達の激うま味噌漬けと共に。















あとは、ひじきの煮物。


鶏そぼろ入りのひじき。



あたしが、出かける前に仕込んでおいた鶏そぼろ。

ちょこっとだけ残っていたので、ひじきの煮物に混ぜたところ、

これが。





ばかうま。







いつも作るひじき(干し椎茸のお出汁で作るひじき)より、我が家では人気で、

これはまた作ろうと思うので、

レシピは、しばしお待ちを。














そして、なんかの菜っ葉のおひたし。


はるかが産直で買ってきた菜っ葉。

聞いたこともないようなものすごい長い名前の菜っ葉だったけど、

美味しかった。











そんなワケで、

疲れMAXだった月曜日の夜。

我が家の晩ご飯は、

好きなものを好きなように食べるスタイル(ようは、手抜きってこと)

でございました。















ご清聴ありがとうございます。

全国のお母様お疲れ様です。ついにGW突入ですね。

いろんなご予定があるかとは思いますがよろしければこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。我が家はNO予定。






さぶろー山、仕事。ひな、部活。あたし、課題。

なんの予定もございません。ハイ。