ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嬉しい楽しい長期連休。

穏やかな風。

真っ青な空の下。

道に迷ったあたし。







あたし「もしもし、ちょっとちょっと。」





はるか「あ、おねーちゃん?着いた?」





あたし「いや、なんかさ、着いたみたいなんだけど(正確にはナビが着いたって言ってんだけど)、

なんかさ、見渡す限り田んぼで、釣堀がなくて、田んぼしかないんだよね。」





これさ、





はるか「え。」






絶対にさ、











はるか「違くない?」










そうだよねー。

違う場所だよねー。





はるか「ちゃんとあたしが送った住所、入力した?」





あたし「うん、入れた入れた。」





住所に間違いはない。





でも。

田んぼしかない。








はるか「えー、今どの辺にいるのー?」





あたし「・・・・・田んぼの真ん中・・・・・?」





というか、どこにいるのか分かっていたら、

君に電話なんかしないよ。





はるか「あたし達、結構走ったよ。10分とか20分とか30分くらい走ったけど。」





そうだね。

うん。

10分と20分と30分ではね、

走れる距離がかなり違うと思うんだ。

うん。





あたし「ねえ、どの道通ったの?」










はるか「山道。」










うん・・・

日本ではそういう場合、

国道○号線とか、

県道○号線とか、

そういう答え方するんだけどね。

うん。

山か。

うん。

山ね。





はるか「あたし達、結構上ったみたいだからさ、おねーちゃんも適当に上りな!待ってるからね!」





あたし「え・・・!」





プー、プー、プー、プー・・・








ワタシ、

結構と長く生きてますけど、



今までかつて。





こんなにもテケトーすぎる道案内を、

してもらったことがあっただろうか。









(はるか式道案内=適当に上れ)

清らかに流れる川の隣には、








断崖絶壁かな。

ってくらいの壁があり、

車一台がギリギリ通れるような細い細い道を、

訳も分からず、ひたすら上るあたし。

(↑くやしいけど、妹の言ったとおりのことをしてしまう悲しい性)











ガードレールはなく、

右に揺られ、

左に揺られ、

真上の緑は、美しく恐ろしい。



車が一台、ギリギリで通れるくらいの細い道。



対向車が来たら、

待ちポイントまで鬼バック。



ガードレールもない中での鬼バック。



軽自動車でも勘弁してほしいくらいの運転技術しかないあたしに、

ダンプが向かってキタ時は。







オワタ。

と、思った。

なのに。


老体にムチ打つこの表示。





ただでさえない道幅をこれ以上削って、

もう、あたしにどうしろっちゅーねん。

もう、無理やろ。

これ以上細い道なんか、走れんて。

落ちるて。

落ちる。

落っこちる。








と、思ったら、

だんだん、だんだん、




腹がたってきて。










目の前にあった休息ポイントに車を停め、

すぐさま携帯を取り出した。





あたし「ちょっとちょっと、もしもし?もしもし?全然着かないんだけど。怒」





で、そっこー電話。





おかん「え?今、どこら辺なワケ?」





あたし「これからさらに細くなりますっつー看板の前。」





おかん「は?」





目の前には看板。





おかん「他に目印ないの?」





あたし「左に川。右に断崖絶壁。」





おかん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





おかん「・・・・・え?で。来れそうなワケ?」









あたし「申し訳ないけど、全っ然。たどり着ける気がしない。」










おかん「え。上るんだよ?上ってる?細い道を上るんだよ?」





おかんもはるかも上れ上れと言うけれど、

この山の中に、






上り以外の道などない。


(オール上り道どえーす)








あたし「ってかさ、「上り」とか「細い」以外の道しるべはないワケ?」











おかん「・・・・・・・・・・・・帰る時は下りだよね。」








はるかとしゃべってラチがあかず、

おかんとしゃべってさらにラチがあかず。





あたし「もーいいから、さぶろー山だしてくれる?」





少しでも話のできる人間を、

道の分かる人間を電話口に。

と、希望すれば。





おかん「・・・・・・・・・・・・・・・釣り・・・・してる。」





あたし「は?釣りしててもいいから代わってよ。」









おかん「・・・・・・釣りしてんの。すっごい遠くで。釣ってるみたい。」









さぶろー山はすっごく遠くで釣りを楽しみ、

しかも、さぶろー山の携帯はつながらず、

はるかはてんで話にならず、

おかんはもっと話にならず、

そしてあたしは。






迷子也。











あたし「なんで最初っから止めないのー!!!」(←キレた)





あたし「喜多方ラーメン食べに行くとか言って、家を出てんのに、なんでいきなり釣りなの。」





なんであたしは上ってんの。





あたし「釣堀に行ってる時点でおかしいでしょが!ちゃんと止めなさいよ!!!」





おかん「そんなん、無理よ。無理。あたしに止められるワケないじゃない。」





あたし「止めてよ!釣堀行くって言った時点で全力で止めて!!!」





おかん「・・・・・あんた、相手が誰だか分かってんの?」





釣ることしか頭にないさぶろー山。

あーんど。

もはや日本人の域を超えた自由人、はるか。





あたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





あの二人を止められる人がいたら、







会ってみたい。








あたし「・・・・・・もう、いい。走るから。」





おかん「うん、道が続く限り走ってみて。」

たかだか日帰り旅行にどんな試練かと思いました。













ご清聴ありがとうございます。

自由だなぁ、と思った方は、どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





家族全員、自由人。















母の日におすすめスイーツレシピはこちらからどぞ♡