ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日。

朝3時起床。(就寝2時)

仙台までひとっ走りし、なな(いとこ)の結婚式に出席。



感動の挙式に家族全員涙を流し、

パー子もドンビキなくらい写真を撮りまくり、

ついでに、

アロンアルファは本当に何でもくっつけることを再認識し、

夜11時すぎ、新潟到着。

1時すぎ、就寝。





日曜日は、朝5時半からどぶ掃除に精を出し、

その後、3本の実習をこなし、

這う這うの体で辿り着いた帰りの電車では、

どこの駅でもやたら花をオシてることに気づき、

今日は花曜日か。

と思えば、










母の日。








だったんですね。

(へえ!)







だけれども。

忘れたものはどうしようもないね。

と。

諦めの早いところはあたしのよいところ。

母の日コーナーを背にし、

おかんの作ったカレーを食し、

0時すぎ、就寝。









今、起きました。





/よく寝たー!\














ここんとこ、大好きな昼寝とはトンとご無沙汰だったし、

こんなに寝たの、いつ以来だろうってくらい寝れてなかったので、

気分爽快。

元気溌剌。




むちゃくちゃ満足です。

/ひゃっほい\

















ななの結婚式については、

時間のある時にでもゆっくり書かせていただくとして♡

とりあえず、会津旅の続きから。









数々の試練を超え、

ようやくたどり着いた釣堀。

あたし「はぁ。」





疲れ切った顔で車から出ると、





はるか「おねーちゃーん!見て見て~。やぎ子が釣ったの♡これ、やぎ子が釣ったお魚なの♡」





はるかとやぎ子は、



むちゃくちゃ楽しそうに。



やぎ子が釣ったというお魚を焼き、





おかん「ねえ、もう一匹釣るとフライにもしてくれるらしいよ。」





はるか「えー!フライ食べたーい!」





おかん「じゃ、さぶろー山さんに釣ってもらおっか。」





釣りなんてしなくてもよかったのに。

と言っていたおかんは、



むちゃくちゃ楽しそうに。



焼けた魚にかぶりつき、


おかん「あ、あんたも食べる?」





あたし「・・・・・・イラナイ・・・・・」





なんだか涙がでました。





あたし「ってか・・・あれ?ひなは?」






はるか「ああ、虫が怖くて車で寝てる。」





そして一番娘は車でフテ寝。





あたし「で、うちの旦那は?」





はるか「あっちにいるわ、あっち。ちょっと遠いけど、行ってみて。」





喜多方ラーメン食べに行こうとか言いだしっぺのくせに、

こんな遠くの釣堀までみんなを連れてきて、

(あたしを迷子にさせて、困らせて)、

一言、文句言ったろ!

と。

意気込んで釣堀まで行ってみれば、

そこにあったのは、




むちゃくちゃ楽しそうに。




魚を釣るさぶろー山。


























しょんぼりと肩をおとし、

今にも釣堀に落ちそうなさぶろー山の姿。

でした。





あたし「ちょっと。もう行くよ。ラーメンなくなっちゃう。」





さぶろー山「ああ・・・はるかちゃん達、どうしてた?」





あたし「みんなで魚食べてたみたいだけど?」





さぶろー山「俺さ、はるかちゃんとやぎ子に食べさせてあげたかったんだよね・・・」





いや、だから。





あたし「もう焼いてたし、食べてたみたけど?」





さぶろー山「ここに来てさ、最初にやぎ子がポロっと一匹だけ釣って。

そしたら、はるかちゃんが超喜んで、その魚を奪って、焼きに行っちゃって。」





うん。

で、その魚をおかんとはるかが食べてたワケね。

↑これ。





さぶろー山「この釣堀、釣れた数によって調理法も選べるシステムになっててさ、一匹だと塩焼き、

二匹以上だとお刺身、たくさん釣れるとフライにもしてくれるみたいなんだけどさ。」





うんうん。





さぶろー山「はるかちゃん、フライが食べたいってゆーんだ・・・」





うんうん。





さぶろー山「なのに、俺・・・・・・




一匹も釣れなくて。




ううっ。うううううー。泣」





ああ。

坊主なんだ。。。





さぶろー山「なのに、はるかちゃんがフライって・・・!フライが食べたいって・・・!」





あたし「いや、もういいって。もうフライはもういいから。」





さぶろー山「俺だって・・・俺だって・・・義兄として・・・!

かわいい義妹にフライが食べさせてやりたいのにー。

うわあああああーん。」





あたし「分かった、分かった。はるかも満足だから。その気持ちも伝わってるから。すっごく喜んでたから。

もうお腹いっぱいって言ってたから。」




と、

さぶろー山を慰めつつ、

半ば強制的に釣り竿を片付けさせ、

はるか達と合流すれば。





はるか「さぶろー山くん、何匹釣れたー?」





さぶろー山「・・・・・・・・・・ゼロだけど・・・・・・・・」





はるか「え?あんなに長時間頑張ってたのに?ゼロなの?一匹も釣れなかったの?」





さぶろー山「・・・・・・・・・・・・・・・・」





はるか「さぶろー山くんさぁ、





超ダメダメだね。」








さぶろー山「もっかい釣るー!もっかい釣りに行くー!」





はるか「あー、フライ食べたかったなー。」





さぶろー山「俺がエサになるーーーー!」





あたし「分かった、分かった!分かったから!気持ちだけで十分だからっ!!!

もう釣りはいいから!はるかもフライが食べたいって言わない!!さっさと車に乗るっ!!!!」





なんだか、さぶろー山が少しだけ哀れになりました。















そんな釣堀を後にし、

出発から約4時間。



午後2時すぎに喜多方到着。







そうですね。

予想もしてましたし、

分かってたことですし、

当たり前の話なんですけど、





喜多方の街は大渋滞で。

30分待って、ようやく、駐車場着。





さぶろー山「はるかちゃーん、義兄さんが美味しいラーメンを食べさせてあげるからね!」





と。

はりきる義兄を横目に、

お目当ての坂内を見て見れば。

敷地内どころか、




道路を挟んで隣にある公園のお稲荷様前(ようは、一目で諦めたくなるくらい人が並んでるっつーことです。)



まで長蛇の列がうねり、





さぶろー山「・・・・・・・・・・・こんなハズじゃ・・・・・・・・」





はるか「さぶろー山くん、










超ダメダメだね。」











坂内、グッバイ。











ご清聴ありがとうございます。

さぶろー山がかわいそうな気がしたら・・・どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。まだ続きます。その⑤もあります。





義兄の気持ち、はるか様には伝わらず。