ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【私信】

去年の4月11日にコメントをくださったまるるさん&asaさん。

ひとつ、ふたつ、お願いしたいことがございます。

もし、このページを見ていらしたら、

5月18日までに、コメント、FB、メッセージetc・・・、どこからでもいいのでご連絡がいただきとうございます。

大変お手数ですが、よろしくお願いします。

ぺこりぺこり。DOGEZA。











で。











長らく書いております「会津旅日記~義兄の気持ち~」。

本日はその⑤です。

はるか「あー、お腹すいたー!」





誰もが腹へらしな午後2時。

やってきた坂内は、超長蛇の列で。





あたし「どうする?他のラーメン屋さんで食べる?」






さぶろー山「ええっ・・・?!」(←え。坂内を諦めるの?という顔)





はるか「どこでもいいよー。早く食べたいー。」





さぶろー山「そそそ・・・そうだよね。早く食べたいよね。」(←俺は坂内の肉そばが食いたかったのに。という顔)





やぎ子「オナカスイタヨー!!!!!」





さぶろー山「じ・・・じゃ、俺、あそこのラーメン屋さんに聞いてくるっ!」





と。

坂内近辺のラーメン屋さんに行ってみれば。













「今日はもう終わりでーす!」












ほらね。

やっぱりね。






GWの喜多方。

100%混雑するって分かってる5/5(こどもの日)の、

それも午後2時すぎに。





さぶろー山「どどど・・・どうする?あっちのラーメン屋さんにも聞いてこようか?」





喜多方でラーメンが食べれるとか。





はるか「いや、もうどこでもいい。ラーメンじゃなくてもいい。お腹すいた。お腹すいた。お腹すいた。」





思ってはいけない。













やぎ子「オナカスイター!!!!!」











ハイ、

じゃあ、喜多方出ましょうね。





さぶろー山「・・・俺・・・俺っ・・・!坂内のラーメン食べさせてあげたかったのに・・・・!」





うん。

だったらさ。







釣りなんてしてんじゃないよ。







っつー話よね。

うん。





はるか「あー、早くいこいこ。喜多方でよでよ。」





さぶろー山「はるかちゃんに坂内のラーメン・・・・・」





はるか「ちょっと、さぶろー山くーん、早く運転してー!」





さぶろー山「うわあああああああーん。」





義兄の気持ちが伝わらぬまま、喜多方の街を出発。
















GWの観光地、喜多方。

どこに行っても混んでいることが身に染みたので、

もう、そのままばーちゃん家に行っちまおうと。

そして、ばーちゃん家で何か食おう。と。

縦貫道を目指して走っていたところ、





さぶろー山「ラーメン屋さん発見!!!!!」





縦貫道手前でラーメン屋さん発見。





あたし「ああ、すがいさんじゃん。ここ、美味しいんだよ。」





はるか「じゃ、ここにしよ。ここで食べよ。」





ちょうどのれんを下ろしているところだったけど、

まだ作ってもらえるか聞いたら、

ラーメンだったら作ってくださるとの事で。










さぶろー山「喜多方ラーメン♡」



ようやく。



ラーメンにありつけたのでした。








はるか「あー、体に染みわたるー。」





おかん「ホント、超おいしー!」


餃子の代わりに注文したモツ煮。






あたし「あー、これこれ。この味!」





おかん「これこそ会津のモツ煮よね~♡」





モツの臭みは茹でこぼすことで取って、

生姜もにんにくもほぼ入れず、

お味噌だけで煮る会津のモツ煮は、

あたし達にとって、故郷の味で、

ここに辿り着くまで、長い長い道程でした。













そして、

予定していた時間をはるかにオーバーして辿り着いたFUKUKO家では、


FUKUKO「なんだべま。おめだつ、どこまでいっつまったのがと思っだべした。」

訳:どうしたの?みんな、どこまで行ったのかと思ったわ。







首を長くしたFUKUKOが、

大量の揚げ餅と共に待っておりました。





あたし「うー、なんだべま!まったばーちゃん餅揚げだの?」

訳:あらやだ。ばーちゃんまた餅揚げてくれたの?


FUKUKO「おめがすぢだっつーがらいっぺ揚げで待っただー。」

訳:お前が好きだっていうから、いっぱい揚げて待ってたよ。





あたし「うー!なんだべま!」

訳:まー、なんてこと♡





FUKUKO「やんだおら。おがすもいっぺーあんだがらいっぺーくってがんしょ。」

訳:あらやだ。お菓子もいっぱいあるから、いっぱい食っていきなさい。





あたし「うー!やんだおら!」

訳:あらやだ♡どうしましょ♡


こよなく愛する太郎庵菓子♡




「太郎庵」って会津のお菓子屋さんでね、

お土産用のお菓子なんかもいっぱい販売してるとこで、

何食べても美味しいん。



太郎庵名物「会津の天神様」は、

基本のチーズが最高だと信じて疑わなかったけれど、

最近チョコが美味しすぎることを知り、さらに太郎庵が大好きになりました。





FUKUKO「あど、ほら。すみもづも揚げでんだ。」

訳:あとほら、凍み餅も揚げておいたから。





あたし「うー!なんだべま。やんだおら。どうすっべか!!!」

訳:えー。どうしよう、どうしよう、嬉しすぎるんですけど!



ラブ凍み餅♡








おかん「なんだべま。ラーメン食ったばっかでこんなに食わんにべしたー。」

訳:えー、ラーメン食べたばっかりなのに、こんなに食べれないじゃーん。





FUKUKO「なんだべま!くっちげま。くわれっから。」

訳:なんてこと!食べていきなさいよ、食べれるから。





あたし「やんだおら。豚になっぺしたー!」

訳:やだー、豚になっちゃうじゃーん。





はるか「・・・・・・ねえ、なんでお母さんとお姉ちゃんは、こんなに会津弁がペラペラなの?」





あたし「え?あんた、分かんないの?」





はるか「いや・・・ニュアンスで何言ってるかくらいの想像はつくけど・・・そんな風にしゃべれないよ・・・」


妹は、スペイン語がペラペラになった代わりに会津弁を忘れ、

絶対食べきれないと思われたFUKUKOの凍み餅は、10分で完売しました。












FUKUKO家では、お茶を飲んだり、筍を茹でたり、隣んちからじゃがいもを分けてもらったり・・・と、

2時間ほどの時を過ごし、帰路へ。





もちろん、帰り道も車2台で出たのだけれど、

FUKUKO家を出て5分ほど走ったところで、

ふと、忘れ物をしたことに気づいたあたしは、

再びFUKUKO家に戻り、

忘れ物を取ってから、

国道49号線を走って新潟へ。








2時間ほど車を走らせ、

自宅に到着すると、





さぶろー山「もう着いたの?」





と。

びっくり顔のさぶろー山に出迎えられ、





あたし「へ?着いたけど?」





と、言えば。





さぶろー山「どこ走ってきたの?高速?」





なんだか険しいお顔つき。





あたし「へ?49号線だけど?」





さぶろー山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





あたし「え。どうしたの?何かあった?」





と、あたしが聞いても、





さぶろー山「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」





だんまりなさぶろー山。





あたし「・・・あ、疲れた?もう寝る?」





と、適当なことをしゃべりかけたところ、





はるか「あ、おねーちゃん達、もう着いたんだ。」





あたし「ああ、そうそう、今着いたよー。」





はるか「意外に早かったねー。」





あたし「うん。あんたたちも着いたばっかりなの?」





はるか「うん、あたし達もさっき着いたんだー。」





あたし「へえ。」





まぁ、

あたしだけ忘れ物を取りに戻って、10分のロスがあったし、

はるか達が先に着いて当然っちゃ当然・・・







はるか「あたし達、高速できたんだけどね。」






あたし「は?」





はるか「あたし達ね、



高速道路を。



走ってきたの。ね、さぶろー山くん。」








さぶろー山「俺・・・俺・・・・・・!

はるかちゃんとやぎ子が乗り疲れるかと思って・・・

2000円払って・・・

高速走って・・・

新潟着いたのに・・・








なんで10分しか違わないんだよーーー!!!!!」












新潟←→会津間を結ぶ磐越自動車道(高速料金がかかります)と、

国道49号線(無料です)は、




10分。しか違わないようです。


さぶろー山「・・・・・・・・・・・・ううっ・・・・・うううううっ。泣」

(↑これは、泣きながら食べた5月5日の晩餐。たらこご飯とウオロクのたこ焼き~たらこはタッパーのままで~)












義妹にフライを・・・と、思えば、

坊主で。

(それも、余計な時間使って、次の予定を全部ダメにして)








義妹に坂内を・・・と思えば、

長蛇の列で。

(釣りなんかするから。フライなんか求めるから)








義妹のタメに高速へ・・・と思えば、

国道とほぼ同じ時間で。

(2000円も払って。無駄なお金使って)








はるか「さぶろー山くんさぁ・・・








ほんっとダメダメだったね。」


















義兄の気持ち・・・




ひとつも届きませんでした。














ご清聴ありがとうございます。

空回りしまくったさぶろー山への応援は、こちらをポチポチポチっと♡

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています



レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





義兄さん、ふぁいと!













これだYO!