ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「クリームチーズ」




国産もの、輸入もの・・・と、各種さまざまなクリームチーズがありますが、

メーカーによってどれだけ味に差があるのか。

どのクリームチーズが一番美味しいのか。

チーズケーキにするにはどのクリームチーズが最高か。

すっごく気になったので、

はるかと2人で、クリームチーズを食べ比べてみました。









まだはるかがいる頃に。(←カレコレ2週間ほど前の話)

どこのメーカーのどのクリームチーズを食べ比べるか、

すっごく迷ったんですが、

とりあえず、手に入りやすいもののほうがいいかな。と思って。右上から、よつ葉、キリ、リュクス、フィラデルフィア、左トップバリュ。

と。

cottaさんとスーパーがあれば手に入る5種類をセレクト。











とりあえず、箱を開けてみますと。

こんな感じになっておりまして。






クリームチーズを包むフィルムは、




青色が多いんだな。




ってことが分かりました。








(トップバリュだけ箱がありませんが、本当は箱に入ってます。うっかり捨ててしもうてすいません。)














パッケージについては、

リュクスとキリの箱に使われている材質がちょっと固くて立派かな。

ということと、

リュクスだけ箱に切り込みが入っているので(←蓋が閉まる感じで)出し入れしやすいかな。

というくらいのもんで、

特に、これがいいだのあれがいいだのはないように感じましたが、

強いて言うなら。

フィラデルフィア(200g)には、レシピがついているので、

ちょこっとだけお得感があります。

ハイ。










とりあえず、こんな感じでお皿にのせて。

どこのチーズか分からなくならないよう、小汚い字で書いた旗も立てて。





「いただきます♡」




















ハイ、結果はこちら。



















フィラデルフィアクリームチーズ


200g 572円/2kg 4,150円(cottaさんより



わりと硬さがあって、しっかりとした感じのフィラデルフィア。

塩気も強く、味も濃く、全体的に重厚な感じ。

5つのクリームチーズの中では、

一番いいお値段のフィラデルフィアですが、

これぞクリームチーズ!って感じで、バランスもよい感じ。



フィラデルフィアクリームチーズ


固さ:★★★☆☆

酸味:★★★☆☆

塩気:★★★★★

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★★☆☆☆

マイルド:★★★☆☆














キリクリームチーズ


1kg 2,130円(cottaさんより



キリを口に入れたあたし達が、

同時に叫んだ言葉はこれでした。




「マイルド!」







一口食べて分かるくらいマイルドなキリ。

5つのクリームチーズの中で断トツのマイルドさ。

フィラデルファより随分と柔らかいクリームチーズですが、

もっともっと濃厚な感じがして、

他メーカーさんにはない濃厚&マイルドさでした。

塩気はちょっと多めで、酸味はあんまりない感じで、

とりあえず、マイルド。

個人的にはこの濃さ、すっごく好きです。



キリクリームチーズ

固さ:★★☆☆☆

酸味:★★☆☆☆

塩気:★★★★☆

白さ:★☆☆☆☆

ミルキーさ:★★★☆☆

マイルドさ:★★★★★














リュクスクリームチーズ


1kg 1,925円(cottaさんより



5つのクリームチーズの中で一番柔らかかったリュクス。

マイルドさや酸味、塩気や甘さとのバランスがよくて、

舌触りがすっごくなめらか。

そして、すっごくクリーミー!(←も、チーズケーキみたい!)

他のクリームチーズより軽く、食感はふわっとした感じ。

このふわっとした食感は、5つの中でリュクスにしかなく、

クリームチーズだけ食べ続けても、全然くどさを感じません。

クリームチーズなのに、チーズケーキのような味わいを持つリュクスは、

クリームチーズだけ食べるとしたら、断トツの美味しさでした。



リュクスクリームチーズ

固さ:★☆☆☆☆

酸味:★★★★☆

塩気:★★★☆☆

白さ:★★★★★

ミルキー:★★★★☆

マイルド:★★★★☆














よつ葉クリームチーズ


1kg 1,717円(cottaさんより



よつ葉は、上3点に比べると、随分固さがあります。

焼いたパンだったら塗れると思うんだけど、

生パンだったら、塗るという行為自体難しいかも。(ってくらい、固いです)

ただ、ピンチョスにしたりスクエアにカットしたりするには、これくらいの固さが必要だと思います。

(上3点は、多分、スクエアにカットなぞできないと思う)

お味のほうは、酸味も塩気もないんだけど、ちょっとミルクっぽさがあります。

はるかが、

「さすが乳業メーカーが作ってるチーズだね。」

って言ってたんだけど、

ホント、そんな感じ。

牛乳ちっく・・・というか、バター風味なクリームチーズ。



よつ葉クリームチーズ

固さ:★★★★☆

酸味:★☆☆☆☆

塩気:★☆☆☆☆

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★★★★★

マイルド:★★☆☆☆













■トップバリュ(200g 298円)


200g 298円(全国のイオンにてお買い上げください)



5つの中で一番お値打ち価格のトップバリュ。

イオンに行けば売ってるし、最近ではマックスバリュにも置いてあるので、お求めやすさはNO,1かなと。

ただ、他のクリームチーズに比べると、味も風味もちょっと頼りない感じ。

そのまま食べるにはあんまり向かないかなーと思うんだけど、

味に奇抜な感じがないので、

前菜や、お料理にするなら扱いやすいかも。

しっかりした硬さがあるので、カットもしやすいし。

うん。



■トップバリュ

固さ:★★★★★

酸味:★☆☆☆☆

塩気:★☆☆☆☆

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★☆☆☆☆

マイルド:★☆☆☆☆







色については、一応★で書いておいたんですが、

リュクスが断トツで色白さん。

キリが、パッと見て分かるくらい黄色がかってるかな。

ってくらいなもんで。

あとは似たり寄ったりな感じです。
















とまぁ、一通りいただいてみて。





はるか「わー!こんなにクリームチーズ食べたの初めてー。お腹いっぱいだねー!」





と、満足したところで。


ハイ、パン登場。

今度は、「パン×クリームチーズ」の相性をみていこうと思います。










準備したパンは2種類。

角食&カンパ。








ほらほら、見て見て。

このカンパ、すっごくいい具合に気泡が入ってるでしょう。

パン屋です。




近所のパン屋ですから。

あたしじゃ空きませんから、こんな気泡。












じゃ、パンにクリームチーズをたっぷり塗って、いただきます。

いただきました。







結果



















フィラデルフィアクリームチーズ


200g 572円/2kg 4,150円(cottaさんより



わりと硬さがあって、しっかりとした感じのフィラデルフィア。

塩気も強く、味も濃く、全体的に重厚な感じ。

5つのクリームチーズの中では、

一番いいお値段のフィラデルフィアですが、

これぞクリームチーズ!って感じで、バランスもよい感じ。



フィラデルフィアクリームチーズ


固さ:★★★☆☆

酸味:★★★☆☆

塩気:★★★★★

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★★☆☆☆

マイルド:★★★☆☆














キリクリームチーズ


1kg 2,130円(cottaさんより



キリを口に入れたあたし達が、

同時に叫んだ言葉はこれでした。




「マイルド!」







一口食べて分かるくらいマイルドなキリ。

5つのクリームチーズの中で断トツのマイルドさ。

フィラデルファより随分と柔らかいクリームチーズですが、

もっともっと濃厚な感じがして、

他メーカーさんにはない濃厚&マイルドさでした。

塩気はちょっと多めで、酸味はあんまりない感じで、

とりあえず、マイルド。

個人的にはこの濃さ、すっごく好きです。



キリクリームチーズ

固さ:★★☆☆☆

酸味:★★☆☆☆

塩気:★★★★☆

白さ:★☆☆☆☆

ミルキーさ:★★★☆☆

マイルドさ:★★★★★














リュクスクリームチーズ


1kg 1,925円(cottaさんより



5つのクリームチーズの中で一番柔らかかったリュクス。

マイルドさや酸味、塩気や甘さとのバランスがよくて、

舌触りがすっごくなめらか。

そして、すっごくクリーミー!(←も、チーズケーキみたい!)

他のクリームチーズより軽く、食感はふわっとした感じ。

このふわっとした食感は、5つの中でリュクスにしかなく、

クリームチーズだけ食べ続けても、全然くどさを感じません。

クリームチーズなのに、チーズケーキのような味わいを持つリュクスは、

クリームチーズだけ食べるとしたら、断トツの美味しさでした。



リュクスクリームチーズ

固さ:★☆☆☆☆

酸味:★★★★☆

塩気:★★★☆☆

白さ:★★★★★

ミルキー:★★★★☆

マイルド:★★★★☆














よつ葉クリームチーズ


1kg 1,717円(cottaさんより



よつ葉は、上3点に比べると、随分固さがあります。

焼いたパンだったら塗れると思うんだけど、

生パンだったら、塗るという行為自体難しいかも。(ってくらい、固いです)

ただ、ピンチョスにしたりスクエアにカットしたりするには、これくらいの固さが必要だと思います。

(上3点は、多分、スクエアにカットなぞできないと思う)

お味のほうは、酸味も塩気もないんだけど、ちょっとミルクっぽさがあります。

はるかが、

「さすが乳業メーカーが作ってるチーズだね。」

って言ってたんだけど、

ホント、そんな感じ。

牛乳ちっく・・・というか、バター風味なクリームチーズ。



よつ葉クリームチーズ

固さ:★★★★☆

酸味:★☆☆☆☆

塩気:★☆☆☆☆

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★★★★★

マイルド:★★☆☆☆













■トップバリュ(200g 298円)


200g 298円(全国のイオンにてお買い上げください)



5つの中で一番お値打ち価格のトップバリュ。

イオンに行けば売ってるし、最近ではマックスバリュにも置いてあるので、お求めやすさはNO,1かなと。

ただ、他のクリームチーズに比べると、味も風味もちょっと頼りない感じ。

そのまま食べるにはあんまり向かないかなーと思うんだけど、

味に奇抜な感じがないので、

前菜や、お料理にするなら扱いやすいかも。

しっかりした硬さがあるので、カットもしやすいし。

うん。



■トップバリュ

固さ:★★★★★

酸味:★☆☆☆☆

塩気:★☆☆☆☆

白さ:★★★☆☆

ミルキー:★☆☆☆☆

マイルド:★☆☆☆☆












上記結果と全く同じ。です。  ~全コピペより~










多分。

パンを足したところで、

パン自体、クリームチーズを左右するほど味が濃いワケでもないし、

クリームチーズが化学変化を起こすワケでもないので、

同じってことなんでしょうね。

うん。




ただ、「塗りやすさ」という観点から見たら、

リュクスやキリ、フィラデルフィアくらいなら、柔らかい生食パンでも塗れるけど、

よつ葉やくらいの固さになると、焼かないと難しいかも。

トップバリュは「塗る」という行為を諦めたほうがいいような気がするくらい固かったです。














そして、デザート代わりに試した、はちみつ×パン×クリチのコラボ。


はちみつ自体、結構濃い味の食品なので、

クリームチーズを塗ったところで、味が消えちゃうかなーとも思ったんですが、

これが意外にも甲乙つけられる結果となりまして。





一番美味しかったのがこれ。

キリ。



これはもう、断トツの美味しさ。

マイルドで濃厚だったキリは、はちみつにも負けない味を持ってて、

実にいいコラボでした。







2位以下はこちら↓

2位:リュクス

3位:よつ葉

4位:フィラデルフィア

5位:トップバリュ












その後もあたしとはるかのクリームチーズ談義は続き、

何度も何度もクリームチーズが継ぎ足され、

もはや、晩飯なぞ食えるか。

ってくらいまで食べ続けたクリームチーズでしたが、

美味しさのほどは、これを見ていただければ分かるかと思います。

残り少ないもの=美味しい。

残っているもの=イマイチ。






まぁ、一目瞭然かと思いますが、

まとめておきますね。








■そのまま食べて美味しかったものランキング

1位:リュクス

2位:キリ

3位:フィラデルフィア

4位:よつ葉

5位:トップバリュ







■はちみつ×パン×クリームチーズが美味しかったものランキング

1位:キリ

2位:リュクス

3位:よつ葉

4位:フィラデルフィア

5位:トップバリュ









「クリームチーズそのものを食べる」という点では、

多少の好みはあれど、

リュクスとキリが圧倒的に美味しく、

ちょっと間を空けて、フィラデルフィアとよつ葉。

さらに間を空けて、トップバリュという感じです。

今回のことでよーく分かったのは、

リュクスの美味しさと、

キリの濃厚さ。



ずっと柔らかいと信じていたよつ葉の固さと、

固いと信じていたフィラデルフィアの柔らかさ。



そして、そう信じ込んでいた自分の舌のあいまいさと、

自分の記憶のアテにならなさ。



以上、6点でした。









【使用資材】
キリクリームチーズ
リュクスクリームチーズ
フィラデルフィアクリームチーズ
よつ葉クリームチーズ


お菓子・パン作りの総合サイトcotta










そして、このクリームチーズ談義は、

チーズケーキを作るならどのクリームチーズが美味しいか。に、続きます。






が。






それはまた今度にさせてください。

今、一生懸命焼いてるんで。











ご清聴ありがとうございます。

クリームチーズの食べ比べ、お役に立てましたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





これを書きあげるまで、500g食べました。ブヒブヒ。