ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ズッキーニの田楽@舞茸味噌のっけ・春雨サラダ・きゅうりのうま辛漬け・わかめとネギの味噌汁








えー、三連休最終日となる今日。

連休中はずっと江戸でヒーコラヒー!な予定となっておりますので、

本日も例によって、予約投稿の記事となります。





多分今頃のあたしは、

心から米を欲し、

味噌汁に焦がれていることでしょう。

ズッキーニの田楽






いつかの晩ご飯シリーズより、

多分先週のいつだったかに食べた晩ごはんをお送りしているのですが、

これは、今日のあたしが間違いなく食べたいであろう献立。








レシピズッキーニの田楽@舞茸味噌のっけ


【材料】3~4人分
ズッキーニ・・・・・3本
サラダ油・・・・・適量
舞茸・・・・・1/2パック
味噌・・・・・大さじ3
酒・・・・・大さじ2
みりん・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・大さじ1~


【作り方】
1:舞茸は細かく刻む。

粗みじん切りくらい。


2:フライパンにサラダ油を熱し、舞茸を炒める。
しんなりしたら、◎印を加え、ふつふつっとしたら舞茸味噌できあがり。


お砂糖の量はお好みでどうぞ!


3:ズッキーニは縦半分に切り、裏表共に、格子状の切り目を入れる。


切り目を入れるのは、火の通りが早くなるように。


4:フライパンに少し多めのサラダ油を熱し、3のズッキーニを中火で焼く。
こんがり色づいたら火を弱め、蓋をして蒸し焼きにする。

火が通ったら油を切り、舞茸味噌をかける。



ズッキーニの田楽@舞茸味噌のっけできあがり~♡

ズッキーニ。

茄子みたいな味だけど、茄子ほど油がハネないのが嬉しい。






ズッキーニ。

茄子みたいな味だけど、茄子ほど油を吸わないのが嬉しい。

ズッキーニ。

今年は豊作なのか、妙に安い。

(代わりに茄子が高い。。。)













ズッキーニの他には。

水菜のサラダ 豚バラのっけ。





もちろん、豚バラは、こうやって焼いてます。


(ズッキーニと共に)



火を使う時間は少しでも短いほうがいいし、

洗い物はひとつでも少ないほうがいい。~夏~












あとは、大好きすぎてどうしようもない春雨サラダ。


できることなら、これをタッパーに詰めて江戸に行きたい。。。












で。











なんだりかんだりで、月に1~2回は江戸にいるあたし。

新宿で迷って10km歩いてみたり、

渋谷で迷って15km歩いてみたり・・・

と。

地下鉄には乗れるようになったけど、

今度はグーグルマップとも仲良くしたい今日この頃。





なにせ、移動の多い旅なもので、

滞在時間より移動時間のほうが長いんじゃないか。

ってくらい、東西南北を駆け巡っています。







先日、そんな江戸で地下鉄に乗っていた時のこと。







あたしは西新宿へ向かうべく、新幹線を降り、丸ノ内線に乗っていたのですが、

休日の午後ということもあり、電車はそこそこに混雑。




国会議事堂前を過ぎた辺りかな。

一人のお姉さんが電車に乗りこんできた。




ちょうどあたしの視線の先に立ったお姉さんは

白いミニスカートに、

ピタっとしたビスチェを着て、

真っ赤なハイヒールの装いで、

よく見ると、ものすごい抜群のスタイルの持ち主。




ピッタリとしたビスチェからのぞく腕は、長く細く、そして白く。

きゅっとしまった二の腕に、

ぷりっぷりなヒップ。

真っ白なミニスカートからは、細く長い美脚がこんにちは。



でるとこはしかと強調され、

ひっこむべきところはがっつりとひっこんだそのスタイルは、

まるでモデルのよう。




どんな美人なん?

と、一目お顔を拝見しようとたくらむも、

死角になって確認できず。

嗚呼、惜しい。





でも、こんなスタイル抜群の人は初めてみた。

あのハイヒールに踏まれたいな。マジで。

と、女ながらに興奮しまくるあたし。




しかし、ここは東京。




たくさんの人が行き来する東京では、

抜群のスタイルなんて珍しくもないのかな。

とも思ったけれど、

よくよく見れば、

あたしの隣に座っる男子高校生も、

斜め前に座ってるサラリーマン風のおじさまも、

誰もがお姉さんに目を奪われているようだった。






やっぱり、こんなスタイル抜群の人は珍しいんだ!

そうか、東京でも珍しいほどのスタイルなんだ!

きっとモデルさんだな。

これはモデルさんか。








モデルさんだ!!!!!









と。

お姉さんをモデルさんだと信じたその時。

電車は新宿駅に到着し、

みんなの目を奪いまくったお姉さんが、ふと、こちらを振り返った。












ら。












髭の生えたおっさん。


であった。














たくさんの人が住む東京。

東京の人はこれくらい慣れているのかな。

と、思ったけど、

さすがにこれにはみんなビビッてました。








ご清聴ありがとうございます。

こんなオジサマに遭遇したい方は、どうぞこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





江戸の電車は面白い。