ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本編とは何ら関係のない画像「いつかのお弁当」

2014年12月15日の弁当らしい。













ここ数日間、ID乗っ取り事件の一部始終を書かせていただきましたが、

ネット犯罪というものは、一筋縄ではいかないうえ、

立証が難しい犯罪でもあり、

そのうえ、捕まってもたいした罪にならないのがもどかしいところ。



ここに書くと、犯罪の促進になってしまう恐れがあるため、詳しくは書けないのですが、

「〇〇なんかされた日には、もうお手上げなんです。」

と、刑事さんが頭を悩ませていました。

(それでもがんばってくれ・・・・・!)







自分のものは自分でしか守れない今。





少々の対策と、万が一犯罪に巻き込まれた際にやるべきこと。

あたしのように迷子にならず、スムーズに事を進められるよう、まとめておこうと思います。









極論:インターネットをしない。




めちゃくちゃ極論のうえ、いきなり完結のような書き方ですが、

インターネットをしなけりゃ巻き込まれる心配もないので、それにこしたことはないと思います。

(ちなみに、「ネットショッピングをしなけりゃいいんじゃ・・・?」と思われるかもしれないけれど、

残念ながらネットショッピングをしなくても同じような犯罪にあわれた方はいらっしゃいますし、

インターネットというものを使っている限り、誰しもがリスクを背負っているそうです。)



インターネットは使わない。スマホも使わない。クレジットカードは持たない。と、

そんな生活ができる方でしたら、絶対安心ですし、それでヨイ。というか、それがヨイ。と思います。







ただ、このご時世、クレカなし、スマホなし、ネットなしってのも困ると思うんですよね。。。

(ちなみにあたしは生活ができないレベルで困ります)



なので、できることから。



どれもこれも当たり前のことなんですが、できていない方もたくさんいらっしゃるようなので、

これをお読みになられた方くらいは・・・!

是非とも実行してください。ひとつ残らず。












【日頃から気を付けておきたいこと】



①IDやパスワードに電話番号や生年月日、住所等の予想されやすい数字を使わない。

(今時こんなんしてる人いんの?とお思いになるかもしれないけれど、あたしの友達はみんな誕生日や電話番号を使ってたのでそっこー書き換えさせました)





②パスワードは4ケタ、6ケタと言わず、できるだけ長めの英数字を組み合わせたものにする。

(今時こんなん常識でしょ。とお思いになるかもしれないけれど、結構最小限の数時で設定してる人が多いらしいです。4ケタ、6ケタと言わず豪快に20ケタくらい設定してください。必ずアルファベットと数字の組み合わせで。間違っても1を20個で20ケタとかヤメテ)





③二段階認証ができるものは二段階認証を設定。

(三段階認証という制度があるならぜひともそれを。もう、できるだけ面倒なほうがいいし、個人的にはショッピングサイトに指紋認証&顔認証&おケツ認証くらいの精度を求めます)





④ウィルスソフトは必ず入れる。

(もはや常識かと思いますが、結構多いらしいです。何の対策もせず、まっさらな状態で使ってる方・・・。ちなみに知り合いの専門家は毎日アップデートをし、毎日スキャンをしてからインターネットを開くそうで、あたしも今そうしてます)





⑤怪しいアプリは入れない。

(とりあえず、アプリが日本製以外の場合、気を付けたほうがヨイそうです。ちなみに携帯はアンドロイドよりあいふぉーんが安全とのこと)





⑥変なメールは開かない&変なサイトには立ち寄らない。

(もはや常識かと思いますが、それでもやっちゃう人がいる。。。もしオカシイナ。と思ったらすぐさまスキャンを・・・!)





⑦注文確認のメールはスマホで受け取るようにする。

(あたしはうかつにもパソコンで受け取りをしていたので犯罪がおきていたことに気付くのが遅れ、膨大な被害をだしてしまいましたが、携帯ならすぐに気づくと思いますし、被害の小さいうちに食い止められると思います。でも、メルマガとかくるとウザイんですよね。。。)





⑧不特定多数の人が使う端末は使わない。

(漫喫ですとかネットカフェ的な場所にあるパソコンからは、個人情報の分かるページにアクセスしないほうがよろしいかと・・・。会社のパソコンなんかも気を付けたほうがヨイようです)





⑨限度額は最少に、キャッシング枠は0円にしておく。(設定できる場合&使わない場合のみ)

(クレジットカード情報が盗まれるということは、いつキャッシングされてもおかしくないですしね・・・使うことがないなら0円にしておくのがヨイと思います。クレカ機能に関しては、限度額設定ができるものでしたら、自分が使うであろう金額の最少額に設定しておくのがヨロシイかと)





⑩パスワードの共有はしない。

(もはや基本中の基本ですが、いろんなサイトのパスワードを全部同じにしてる方も多く・・・大変危険ですので、別々に設定されたほうがよろしいかと。覚えるのが面倒な気持ちはすっごく分かるんですが、紙に書いてパソコンに貼るとかもダメですよ。それでエライ目にあった子を知ってるんで。もちろん誰かに教えるのもナシで・・・!)







上記10点は刑事さんと専門家に教えてもらった対策ですが、

読者さんからは「ネットショッピングをする時は、すべてのウィンドゥを閉じてからする」

「必ずログアウトする」

「パスワードの管理にアプリを使わない」

などの対策を教えていただきました。(教えてくださった方、ありがとうございます!)







じゃあ、あたしはどこまでできてたんだね。

という話にもなるんですが、

あたし、こう見えてもワリと慎重派でして。



どちらかと言えば、「石橋を叩いて渡るタイプ」だと思ってたんですが、

友人に言わせれば、

「石橋は叩きまくって破壊して、丸太でいかだを作って渡ってそう」

だそう。



さすがにそれはどうなん?と思いましたが、まぁ、遠からず。

多分、オールとビート版も作ると思います。







つまり。












全部できてた。

(強いて言うなら⑦のメール設定がパソコンになってたくらいのもんで、後は普段から全部やってんです。こう見えても)













じゃあ、なんでそんなことになんねん・・・という話ですが、

個人的にはサイトのセキュリティーに問題があったのではないかと。

私情(10万円の恨み)99%入りでそう思ってます。






でも、このブログの読者さんでも同じような犯罪にあわれた方が多く、

超有名ショッピングサイトから聞いたこともないようなマイナーショッピングサイトまで、見事なほどにさまざまだったので、

これは読んだ方の判断にお任せしたいところなのですが、

個人的には、ネットショッピングをするなら、

マイナーサイトより有名サイトのほうが安心な気がします。





やっぱ、でっかいところはセキュリティーもしっかりしてんですよね。。。





とは言え、読者さんの中にはでっかいところで同じような犯罪にあわれた方がいらっしゃるので

一口にお勧めはできないんですが、

あたしがでっかいところは安心だと思う体験談も一応書いておきます。
















1ケ月くらい前、

かの有名な超巨大ショッピングサイトから、

「あたしではないあたしから注文があったので阻止しておいたぜ。今すぐパスワード変えてちょろりーな!」

的なメールをいただいたことがありました。



でもさ。

普段、注文確認のメール(それも自動メール)か、

メルマガでしかやりとりをしたことがないのに、(というか、これはやりとりという言葉に値するのか・・・)

いきなり「あたしではないあたしから注文があったので~」なんか言われても怪しいを通り越してキモチワルイ。

(っつか、あたしではないあたしとか言ってる時点で怪しすぎるわ・・・)



なにせあたしは、石橋は叩いて割っていかだを作って渡るタイプなので、

書いてあったURLは開かず、

サイトにログインもせず、

電話で問い合わせてみたんです。

(バカデカいサイトがゆえに、電話番号を探すのはすっごく大変でしたが。。。)



サポートセンターの方に調べてもらったら、本当にこのサイトが出したメールだったようで、

「おかしいと思ったので注文はキャンセルさせていただきました。」

と・・・!



なにせ、石橋は叩いて割っていかだ~略~なもので、この電話すら疑わしくて食ってかかったんですが、

食ってかかったところで「電話」ですし。ね。

対人間ですし。

やっぱ、本物でした。



どうやってあたしではない注文だと分かったかは今でも不明なんですが、(でも、本当にあたしではない注文だった)

このシステムはすごいなーと思いました。









そんな経緯から。

でっかいところは乗っ取られる前に阻止できる。

という利点があることも申し上げておきます。












あと、このブログの読者さんの中でも同じような被害にあわれた方が多いことは何度も書いているんですが、

ほとんどの方が被害金額10万~20万程度。

キャンセルなどの手続きにかかった時間1~2時間。

ご自身の金銭的被害はゼロで終わっているようです。

(あたし、被害金額100万円オーバー、8日間ぶっ続けでモシモシの刑、ご自身の金銭的被害10万円)




そして、そんな方はみなさん、でっかいサイトで被害にあわれた方ばかり也。

(まぁ、金銭的被害がゼロだったら許せるかって言われたらそうでもない問題だと思うんですが、

買ってもいないのに10万円の請求は派手にイタイ。心が折れそうデス・・・)




あたしと同じように、一名だけ金銭的被害を被った方がいらっしゃいまして(嗚呼・・・心中お察しします。。。)

その方はあたし同様、めっちゃマイナーショッピングサイトで被害にあわれたそうです。

(だから絶対、あたしじゃなくサイトのセキュリティーに問題が・・・10万円よ・・・)




多分、保障の大きさとか会社の規定とかそういうのがあるんだと思うんだけど、

あまりの対応の違いに涙デタわ。こんちくしょう。











まぁ、そんなこんなを踏まえて、

少しでも安心と保障のあるでっかいところのほうがいいんじゃないかなーと思うんですが、

大事な大事なお金様の絡むことですので、ご自身で判断なさってください。






そして、ここまで書いておいてナンですが、

インターネットを使う以上誰しもが背負うリスクだし、

相手もあることですし、

こちらがどんなに頑張っても防ぎきれないこともありますので、

個人的には。

「万が一に備えた対策」よりも

「万が一巻き込まれた場合どうしたらいいのか」を知っておいたほうがいいように思います。










ご清聴ありがとうございます。

少しでもお役に立てましたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





「万が一巻き込まれた場合どうしたらいいのか」はまた明日。





まだ、なんやかんやの後処理があるので、いつものようにべったりとからめないかもしれないんですが、

チョット人恋しいので開けておきます↓















 AD