ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本編とは何ら関係のない画像。

ひなちゃんのお弁当(2014年12月19日らしい)。












昨日から再開させていただいた乗っ取り事件@まとめ。

昨日書いた日頃の対策ももちろん大事だと思います。

でも、個人的に「万が一巻き込まれた場合の対処法」のほうが大事だと思う由縁は、









どうしようもないから。











どんなに気を付けていてもカマを掘られることがあるように、

どんなに気を付けていても巻き込まれることがあります。



車に乗らなきゃ事故を起こさないけれど、

そうそう生活スタイルが変えられるワケでもないように、

ネットをしなけりゃ安心だけど、

そうそう生活スタイルが変えられるワケでもない。




多分そんな方のほうが多いと思う。

少なくともあたしはそう。






なので、もし犯罪にあってしまった場合は、

もらい事故にあったと思って存分に怒り狂ったら、

早急に正しい対処をするのが一番よろしいかと思います。









【うっかり犯罪に巻き込まれてしまった場合】




①まずは落ち着いて。

(これを読んでいる皆様は多分大丈夫だと思うんですが、いきなりクレジットカード会社から「乗っ取られました!」とか言われても相当焦ると思うし、相手が言ってる意味も分からないと思うので、とりあえず落ち着いてください。何気にこれ、一番大事です)





②何はともあれ、ID&カードをストップ。

(なんせヤツラはストップするまで買い続けますから・・・ショッピングサイトは営業時間が決まっているところもありますが、クレカは365日24時間どこかしらの窓口があいてますし、ストップすることができるハズなんで)





③パソコンをスキャンする。

(万が一ウィルスが入っていたりすると、どんどん情報を抜かれ、場合によってはネット銀行の送金などもされてしまう場合があるので、すぐさまパソコンに異常がないか調べてください。ウィルスが入っていたりすると、それは自分の非となり、あまりにも非が多い場合は支払う義務が生じる場合もあるそうなのでここの対策だけはしっかりと・・・!)





④口座を確認する。(ネット銀行を使っている方のみ)

(パソコンやスマホからも確認できると思いますが、あたしはコンビニに走って残高を確認し、その後、銀行に電話して本当に送金がないか教えてもらいました。それが一番安心で安全なようなので)





⑤すべてのメールをチェックする。(使用状況をメールで教えてくれるサービスのあるクレカのみ)

(クレジットカードが止まっているので大丈夫と思っても、稀に宙に浮いているようなものがあるので、メールはよくチェックしたほうがいいです。あたしもメールをチェックすることにより、クレジットカード会社すら知らない犯罪を見つけることができました。いつもならいらんサービスだと思っていたメールサービスが初めて役に立った瞬間・・・!)





⑥注文をキャンセルする。

(たいていの場合、クレジットカード会社やサイトが通達を出してくれるので発送はされないようなのですが、こちらからの電話がないとキャンセルには至らないようなので、ひたすら電話をかけまくってください。くじけずに)





⑦宅急便に電話して発送を止めてもらう。(すでに出荷手続きが済んでしまったものがある場合のみ)

(お店にもよると思いますが、すでに出荷がかかっている場合は、伝票番号と業者を教えてくれる店舗もありますので、すぐさま電話をして止めてください。事情を話すとそっこーで止めてくれますし、場合によっては回収してくれることもあるので)





⑧警察に相談をする。

(金銭的な被害がでていない場合は被害届にすらならないのですが、自分の証言が犯人検挙に役立つこともあるので是非とも行ってください。ただ、お金は戻ってきませんのでそちらも忘れずに。ちなみに相談は電話でも大丈夫な模様)











⑨犯人の死刑を願う。

(毎日、太陽と月に向かって祈りをささげています。なう)










あと、これは個人的に今回超お役立ちだったのが、

クロネコさんのメンバーズ登録。

これは、集荷の依頼や再配達の依頼などがネットで依頼できるサービスなのですが、

登録しておくと、自分宛に宅急便があった際、メールで知らせてくれるサービスがあるんです。

あたしは、たまたまこのサービスを利用してたので、

出荷されてしまったものをすべて食い止めることができました。

(基本的にこういった犯罪はクレカ決済で行われ、

クレカ決済の場合、金銭的な被害はクレジットカード会社が被ることになるので

通常であればこちらに被害はないハズですが、時と場合によっては一部支払い命令がでることもありますし、

その「時と場合」は、すぐに判断できないものなので、

万が一に備えて、食い止められるものは全力で食い止めたほうがヨイかと思われます)

一応、こちらから登録できます。興味のある方がいらしたらどうぞ。










まぁ、ざっくりこんな感じです。




あたしの場合は、いろんな意味で稀すぎて、ものすごい時間がかかりましたが、

通常であれば、1~2時間程度で終わる作業のようです。

ええ。

本当に嬉しくない大当たりをいただいた模様。





一口にネット犯罪とは言え、本当にいろんなケースがあるらしいので、

すべてがこれに当てはまるワケではないと思うのですが、

少しでもこんな犯罪がなくなるよう、

少しでも被害が少なくなるよう、

せめて皆様の元には1円の金銭的被害がでないよう、

お祈りしております。

(犯人の死刑と共に)













そして、このID乗っ取り事件連載を見て、

警察の意味は・・・?

と、不安に思われた方がいらしたようなので(あたしの書き方が悪くて申し訳ありませんー!)少し追記しておきます。





うちは今回、ID乗っ取りという被害にあったけれど、

10年ほど前、泥棒に入られたことがあり、

その時、少額ではありますが、現金が盗まれました。



盗まれた金額は、たったの25,050円だったにも関わらず、

電話一本で、刑事、鑑識一同がやってきて、

ありとあらゆる捜査をしていただきました。



刑事さんに至っては、

何日も連続で来てくれたし、

夜の見回りもしてくれた。



鑑識さんに至っては、

犯人のものと思われる眉毛一本、まつ毛一本までをも持ち帰り、

何日もかけて捜査をしてくれた。



そしてその後、数か月は経過したであろう頃。



うちから遠く離れた地であるにも関わらず、

犯人を捕まえてくれた。

(確か、鳥取だか島根だかそんなトコロで)





たった25,050円を盗んだ犯人をここまでして捕まえてくれるのか。

と、思ったことは、今でも忘れていません。

(ただ、残念なことにお金が一円たりとも戻ってこなかったことについても忘れていません)





決して何もしてくれないワケではないのです。

一生懸命捜査してくれるんです。

被害者の安全も守ってくれるんです。

犯人も捕まえてくれるんです。

ただ。

お金のことだけがどうにもできないだけなのです。





(がんばってくれーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!)













ただしかし。

インターネットというものが普及して、

まだまだ10年足らず。

爆発的な普及に反して、

法がついていっていないんだろうなぁ、と思います。



ストーカー法なんかがいい例だと思うけれど、

実際に被害がでないと全く整備されない法律に関しては、

もっと頑張ってくれ・・・と、思うし、一刻も早く整備されることを願います。




(もちろん犯人の死刑も)













まぁ、そんなワタクシではありますが、

先日、やっとこさ、キャンセル手続きが終了しました。



例の10万円問題だけ残っておりまして、それに関しては待つことしかできないらしいので、

胸のモヤモヤとムカムカが最高潮ではありますが、

来月請求されるであろう膨大な電話代は国際電話をしたと思ってしょうがないと思うことに。

新幹線や宿泊費のキャンセル料などなどは直前にインフルエンザにかかってしょうがなかったと思うことに。









本当にしょうがなかった!!!







と、涙ながらにケリをつけ、

とりあえずモシモシから始まるイライラが消えただけでもヨシとして、

前向きに、いつも通りの生活を楽しんでます。








(すいません、みんなに気をつけろ、気をつけろとか言いながら、ちゃっかり参戦してました↓てへ)

(SALE時期に便乗した犯罪も多いと読者さん(しらす屋さん)に教えてもらったので、参戦される方は気をつけて)









それと、あたしが被ることになりそうな10万円事件の詳細を教えてほしい。と、

多方面からご連絡をいただいているのですが、

それに関してはこちらに記述したとおり、犯罪の促進になってしまう可能性、人様にご迷惑をかける可能性、

それに、万が一このスタイルが流行ってしまったら・・・!と思うと、

あたしの一存ではどうすることもできない現状を分かっていただければ幸いです。

本当に本当に申し訳ないです。

(一応、伏字でイケるか考えてみたんですが、暗号文並みの文章ができあがり、解読不可能でした)









そんなこんなで、乗っ取り事件のお話はこれで最後となります。

もし、何か急速な展開があればまた書こうと思いますが、(特に10万円の行方については絶対書こうと思う)

この手の犯罪は、今、激熱らしいので、

みなさんも本当に本当に本当にお気を付けください。









ご清聴ありがとうございます。

少しでもお役に立てましたら、こちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





10万円・・・戻ってくるといいなぁ。(遠い目)

















 AD