IMG_5338-1
ショコラシューケット










さて、素敵な週明けがやってまいりました。

こちらは相変わらず雪がモサってますが、

私の心は桜色。

だって、
IMG_5354-1
ティファニーはすぐそこ



おかげさまでティファニーの「テ」を見るだけで笑顔がこぼれます。

ウッハウハ~!



決戦は火曜か水曜か木曜ということで、

私のうきうきもクライマックスですが、

同時にバレンタインも近づいておりますんで、

今日はバレンタイン用のレシピでも。
IMG_5376-1
ショコラシューケット。



シュークリームの生地に大粒の砂糖を散りばめた焼き菓子で、

一見岩っぽいけど、岩ではなくお菓子です。



生地はシュークリームとほぼ同じですが、

シュークリームとの違いはこれ。
IMG_5431-1
/スッカスカ\



シュークリームのようにクリームを入れないので、

一見ケチくさく見えるかもしれないけど、

クリーム無しにはクリーム無しなりの良さがあって、

クリームがないことにより、生地は香ばしく、サックサク。

お砂糖のジャリジャリ感もより生き、

軽く食べれちゃう。

ついついつまんじゃって、それが止まらない。

あと、常温で保存できるのも個人的に嬉しい。



特に面倒な作業もなく、作業時間は30分程度ですが、

いくつかポイントがありまして、

大事なのは、

「生地の温度を下げないこと」

「焼成中はオーブンを開けないこと」

この2つ。



特に後者はめちゃくちゃ大事で、

焼成中にオーブンを開けると、その時点で生地が萎み、二度と戻らないので、

焼きあがるまでは絶対にオーブンを開けてはいけません。

絶対に。



また、生地の温度が下がると、生地が絞りにくいうえ萎みやすくもなるので、

卵を加えたら、全力で混ぜて絞って砂糖つけてオーブンへ。

時間がかかりそうな時は、生地を湯煎で保温するなどして、できるだけ生地の温度を保ってください。





レシピショコラシューケット

【材料】30~35個分
薄力粉・・・・・35g
ココア・・・・・4g
バター・・・・・30g
グラニュー糖・・・・・8g
水・・・・・70g
塩・・・・・1g
全卵・・・・・80~90g(85g)
チョコレートパールシュガーあられ糖ざらめでも)・・・・・15~25gくらい
コーティング用チョコ(スイートでもホワイトでも/チョコペンでもOK)・・・・・20g
塗り卵(全卵でOK)・・・・・10gくらい

【作り方】
1:卵は室温に戻して溶きほぐし、薄力粉とココアは合わせてふるう。塗り卵用の全卵も溶いておく。オーブンを200℃に余熱する。
IMG_5210-1


2:鍋にバター・水・塩・グラニュー糖を入れて中火にかけ、中心まで沸騰させる。
IMG_5220-1


3:火からおろし、ふるっておいた薄力粉とココアを一度に入れる。ゴムベラで混ぜ、ひとまとめにする。
IMG_5224-1


4:再び中火にかけ、鍋底に薄い膜がはるまでゴムベラで混ぜる。工程2でちゃんと沸騰してれば、10~15秒くらいで膜ができます。
IMG_5231-1

IMG_5228-1
(膜はこんな感じ↑。テフロン加工の鍋を使うと膜ができにくいので、テフロン加工されてない鍋がおすすめ)


5:火からおろし、卵を4~5回に分けて加え、ゴムベラで力強く混ぜる。
IMG_5235-1

IMG_5237-1
(生地の温度が下がると膨らまない原因になるので、できるだけ急いで)


卵の量は工程2の沸騰具合で異なり、80gでちょうどいい場合もあれば90gでちょうどいい場合もあります。
「ゴムベラから生地がゆっくりと流れ、生地がキレイな三角形で留まって落ちる」くらいを目安に入れてください。参考までに私は85gでちょうどいい感じでした。
IMG_1969-1
(これはバニラ生地を作った時の画像ですが、「生地がキレイな三角形で留まって落ちる」の参考に)


6:絞り袋に生地を入れ、袋の先を少し切る(口金はあってもなくてもどちらでも)。
IMG_5242-1


7:鉄板にシルパットやクッキングシートを敷き、直径2cm程度に生地を絞る。
IMG_5246-1
(倍くらいに膨らむので間をあけて絞ってください)


8:生地の凹凸を潰すように塗り卵を塗る(刷毛でも指でもOK)。
IMG_5252-1


9:パールシュガーをのせ、軽く指で押さえる。
IMG_5255-1
(焼成時に多少落ちるので、パールシュガーは多めに)


10:余熱したオーブンの温度を190℃に下げて18分、120℃に下げて14分焼く。
IMG_5274-1
焼成中は何があってもオーブンを開けないこと


11:ケーキクーラーにのせて冷ます。
IMG_5284-1
(これでできあがりにしてもOK)


12:チョコレートをかける場合は、50~60℃くらいの湯銭にかけ、溶かす。
IMG_5293-1


13:コルネ袋にチョコレートを入れ、袋の先をほんの少しだけ切る。
IMG_5297-1


14:チョコレートをかける。
IMG_5302-1

IMG_5301-1
(チョコはスイートでもホワイトでもお好みで)


ショコラシューケットできあがり。
IMG_5375-1
デコレーションはスイートチョコとホワイトチョコの2色を使いましたが、

どちらでもいいし(スイートだとほろ苦に、ホワイトだと少しミルキーに仕上がります)、

チョコペンを使ってもOK。



シューケットにのせたお砂糖は、「チョコレートパールシュガー」というもの。

チョコレートパールシュガー



お砂糖をカカオでコーティングしてるので、食べるとほんのりチョコレート味。
IMG_5289-1
焼いても溶けないので、シャリっとした食感が楽しめて、

チョコレート風味の強いシューケットができます。



チョコレートパールシュガーは、cottaさんに300円くらいで売ってるんですが、

手に入らなければあられ糖でも。
IMG_5288-1
チョコレートパールシュガーをまぶしたものよりチョコ感はなくなりますが、

チョコレートパールシュガーよりあられ糖のほうが粒のサイズが大きいので、

よりジャリっとした感じが楽しめます。

ただ、粒が大きいゆえに焼成時にとれやすいので、たくさんまぶしてください。



チョコレートパールシュガーあられ糖も手に入らない場合は、

ざらめや、クリスタルシュガーなんかでもOK。

上白糖やグラニュー糖、粉糖などのお砂糖は、粒が小さく、加熱時に溶けてしまうので、

それなりに粒が大きく、加熱しても溶けないお砂糖がおすすめ。
IMG_5396-1
上記分量で焼くと、直径4cmくらいのシューケットが30~35個くらいできます。



この分量なら、鉄板1枚にのるので、1回で焼けるんですが、

倍量で作る時は、こちらのフリーザーバッグを使った方法がおすすめ↓

生地が冷めると絞りにくい&焼成後萎みやすいので、フリーザーバッグに入れた生地を湯銭で保温しながら焼く方法です。



材料はcottaさんであらかた揃うし、

楽天店でも。




本店では今なら4,000円以上のお買い上げで送料200円だけど、

楽天店では3,980円で無料(いずれもクール便は別途)。

本店ではバターがお一人様1個限り590円だけど、

楽天店では3個2,100円だったり、

本店では7,000円以上のお買い上げでドライイーストが貰えるけど、

楽天店ではポイント5倍だったり明日からマラソンだったりして、

どちらも違ったお得さがある模様。





少ない材料で、

思い立った時にすぐ作れるシューケット。
IMG_5401-1
日本ではさしてメジャーなお菓子ではないんですが、

メジャーではないがゆえに他とかぶることがほぼない。

それがこの子の魅力!







ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしにこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






ささ、ティファニーのHP見ようっと(←毎日見てる/毎時間見てる/でも飽きない/超幸せ)!





\リアルタイムで更新情報が届きます/