新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



家族からコロナがでた時、
一家で濃厚接触者になってしまった時。
村二十分を避けるにはどうするか(私は玄関から出ない)
田舎CIAの目をどうやって逃れるか(絶対出ない)
その間の食事をどうするか(一歩も出ない!)。
 
間違いなく不足するであろうお野菜は宅配に頼らせていただき、
そのお野菜でどこまで食べれるか&どんなものが作れるか、やってみました。暇すぎて。
そうなった時に自分が焦らないよう、練習も兼ねて。

使うお野菜はこちら↓

野菜はこちらのみを使いますが、野菜以外の肉や魚、豆腐や乾物などなどは家にあるものを使う感じでよろしくお願いします。さすがに野菜だけでは生きられん。



4日目の献立はこんな感じで。
IMG_7063-1
親子丼・なんでもかんでもフリッター・パプリカと新玉と人参のピクルス・サラダ・えのきと油揚げの味噌汁・グレープフルーツ&オレンジ&ストロベリートマト、の、一汁三菜+丼+フルーツ。



よだれ鶏にサムギョプサル、パスタにピクルス、チヂミにサラダ、揚げびたしにチーズ焼き・・・と、いろんなものを作ってきましたが、

お野菜も随分残り少なくなってきたというか、微妙に残ったお野菜がゴロゴロしてますんで、

それらを使い切って進ぜよう。



メインは、淡路島の新玉ねぎ×龍のたまごで贅沢親子丼。
IMG_7058-1
淡路島の新玉ねぎ3/4個と、龍のたまご5個と残った三つ葉全部を使った贅沢親子丼。



かの龍のたまごに淡路島の新玉ねぎとか、どんな贅沢なのか。

あり得ぬ贅沢さに、手がちょっと震えましたが、

それを払拭するような鮮やかさを見てくれ・・・!
IMG_7100-1
おかん「なんなの、この黄身が濃さは!」



あたし「すごいよね、この色!これがたまごかと思うような色だけど、龍のたまごって本当にオレンジ色なんだよね。」



ひな「うん、ぶっちゃけ、溶いてある卵を見た時、キャロットラペかと思った。」



あたし「ああ、確かに似てる!すっごい鮮やかなオレンジだもんね!」



ひな「そうそう、たまごなのに人参色。」



だって、産直で買った茶色の1パック200円くらいするちょっといいたまごと比べてもこの色の違いだもの。
IMG_7041-1
(上:産直で買ったちょっといいたまご 下:龍のたまご)



でも、決して見かけ倒しではなく、

食べてもめっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ濃くて、

ちょっと食べただけでものすごい満足度。

たまご5個を濃縮して1個にまとめたような濃さで、ものすごい充実感。



あたし「たまごうまっ!」



龍のたまご、すごい美味しかった。

お世辞ではなく、震えるくらい美味しかった。



私、大人になってから生卵アレルギーを発症したタイプなんだけど、

カレコレ20年もお付き合いしてるし、随分慣れたし、

「生卵食べたいな~」とか思うこともなかったけど、

龍のたまごでTKGをしたらどんなに美味しいんだろう。と思ったら、

自分を呪いたくなったよ。



生卵食べたい・・・

生卵食べたい・・・(´;ω;`)ブワッ

(初日に私を差し置いてTKGをしたさぶろー山は大変美味しいと申しておりました。くそっ!)





で、初日に1個だけ使ってそのままの椎茸や3日目に2/3だけ使ったズッキーニなどなど、

メインでは使うほどは残ってないけど、ほんのちょっとだけ残っちゃった半端もののお野菜は、

衣をつけてフリッターに。
IMG_7075-1
こうすれば半端もの感もないし、いろんなお野菜を個々に味わえる。

そしてうまい。



6個ほど残ってた椎茸は、切らずに丸ごと揚げて、

1/3本のズッキーニは厚さ1cmの輪切りでサクジュワうまい。
IMG_7079-1
半端もののお野菜の他、冷凍庫で冬眠してたこれまた半端もののむき海老とほたても揚げて、

こちらもサクジュワうまい。



人気のじゃがいもは、軽くレンチンして火を通してから衣をつけて揚げれば、カラっとホクホク。
IMG_7083-1
あと、埋もれて見えないけど、そら豆もあって、

このそら豆がすごい美味しかった。



そら豆、すっごい青々っとしたべっぴんさんで、

思わず写真を撮ったほどだったんだよなぁ。
IMG_6829-1
サクサクホクホクなべっぴんそら豆、美味しかったー!



衣のレシピはここに↓

メレンゲなし&ベーキングパウダーで作る簡易タイプのフリッター衣。

メレンゲで作った衣みたいなふわふわ感はないけど、

サクっとカリカリで口当たりが軽く、我が家で人気の衣。



ってか、そういや、最近粉類が品薄と聞きまして、

昨日お買い物に行った時、粉コーナーを見たら、

薄力粉&強力粉はいっぱいあったんだけど(田舎だからか大量にいらっしゃいました)、

いっつも端に追いやられてるイーストはおろか、

ベーキングパウダーすらなくて、

思わず転売ヤーには、クリームパンに一生クリームが入ってない呪いをかけた。



まぁ、うちはどれもこれも在庫があるので当分大丈夫なんだけど、

それでも、いつも当たり前に買ってたものがなくなるというのは、

それなりの不安を感じるワケで、

意味不明などうしよう感に駆られるワケで、

思わずcottaさんを見たら、cottaさんにはまだあって、ものすごいホッとした。
現在、イーストは赤サフと金サフのドライのみだけど、他のタイプも入荷はしてるっぽいので(つい2~3日前はイーストも売ってた)、

欲しい方は再入荷メールの設定がおすすめで、

転売ヤーは今すぐ階段ですねを打て。そして泣け。





で、話を戻して、

レタス3枚と水菜1/2袋、ミニトマト4個とちょっとだけ残しておいたパプリカ全部を使ったサラダ。
IMG_7072-1
残った生野菜はしれっとボウルに突っ込んで。





あとは、初日に作り置きしたピクルスも。
IMG_7091-1
淡路島の新玉ピクルス、あまりにも人気すぎて、

実はこれが食べ終わった後、2回作り足した。





お味噌汁は、じゃがいも1/2個と、えのき1/2袋で。
IMG_7094-1
ついでに油あげも入れたった。





〆のデザートは、グレープフルーツ1/2個と、オレンジ1個と、ストロベリートマト3個の3種。
IMG_7069-1
グレープフルーツ1/2個は前日残しておいた分。

ストロベリートマトは、私も初めて聞いた&食べたんだけど、これのこと↓
IMG_7111-1
食用ほおづき!



ストロベリートマトっていうくらいだから、ちょっとフルーティーなトマトかな~と思いきや、

トマトというより、ライムというか、スウイーティーというか、パイナップルというか、

なんというか南国。

風味が完全に南国で、南国をそのまま口に突っ込んだような味。



おかん「これは今までに体験したことのない味・・・!」



すっごいトロピカルで、確かにこれはちょっと日本にはない味。



ひな「へー、おもしろーい。トマトなのにすっごいフルーティーなんだねえ!」



もし機会があったら食べてみて。

日本のフルーツにはない独特の風味で、めっちゃ香りがいいから(そのままの状態で香る香りではなく、食べた時に鼻に抜ける香りがすごい!)





そんなこんなで、最終日のお野菜使い切り献立。
IMG_7107-1
と言いたいところですが、

実はそうでもなく。



とりあえず、この日使った野菜から見とく?(黄色で囲ってあるのがこの日使った分)
IMG_6460-5
淡路島の新玉ねぎ:3/4個
えのき:1/2袋
そら豆:3本
ズッキーニ:1/3本
三つ葉:1/2袋くらい
水菜:1/2袋くらい
レタス:3枚
ミニトマト:4個
椎茸:6個
パプリカ:残り全部
レモン:1個
ストロベリートマト:3個
グレープフルーツ:1/2個
オレンジ:1個



いい感じに使ってきて、全部使い切る予定だったんですが、

そうは問屋が卸さず、

ちょっとだけ残っちゃったものがこちら↓
IMG_7169-1
レタスと龍のたまご。



レタスについては、

「予想以上に巻きのよいレタスだった」ので、まぁしょうがないし、次の日の朝全部食べたんでもういいんですが、

問題は龍のたまご。

あんなに楽しみにしてたものをなんで残したーーー!

って感じですが、違うの、違うの。




勿体なくて使えなかったの・・・(´;ω;`)ブワッ




でも、ちょっと待って。

身分不相応なほどいいものって思い切って使えなくない?使う時にもったいないとか思わない?めっちゃ惜しくならない?

私、若い頃から培ってきた貧乏性が肌に染みついてて、たまごを見るたび喉から手がでるほど惜しくて、結局最後まで使えなくて、後生大事に眺めてる。今でも。

もう、この貧乏性捨てたい・・・(´;ω;`)ブワッ



しかし、よろっと使ってあげねばたまごの命が終わってしまうので、

そろそろ勇気を出そうと思います。頑張れ、私。






ご清聴ありがとうございます。

頑張れ!の応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






さて、たまご様をどうしようか・・・





\リアルタイムで更新情報が届きます/