IMG_1676-1
牛肉と筍のしぐれ煮。










うっかり9回も旅行記を更新してしまい、

久々すぎるご飯記事で、若干書き方を忘れている部分もあるんですが、

とりあえず。



週末の作り置きコーナーです。
IMG_1681-1
/牛肉と筍のしぐれ煮\





去年は、忙しさと不作という事態により、

ほんの1~2回しか口にすることができなかった36筍。



今年は去年の雪辱を果たしてやろうと、

神に祈り、山に赴き、すべての予定を空け、準備をしていた4月末日。



あたしは、来る筍シーズン(豊作)に備え、

こんなものまで買っていた。
IMG_1540-1
野田琺瑯レクタングル深型LL





縦25.5cm。
IMG_1542-1
横16.0cm。

※比較対象ふぉん太郎

高さ12.0cm。
IMG_1547-1
容量3.2L。





巨大保存容器。
IMG_1544-1
野田琺瑯レクタングル深型LL





毎年、巨大ジップロックかボウルに入れて筍を保存していたのだけれど、

ステンレスのボウルはたまに凍ることがあるし、

ジップロックは切れて冷蔵庫の中が水害に見舞われることもあり、

何かいいものはないかと徘徊していた時に出会った野田琺瑯レクタングル深型LL



縦25.5cm、横16.0cm、高さ12.0cm、容量3.2Lというサイズは、

筍の保存にベストなサイズでもあり、

我が家の冷蔵庫にもちょうどいいサイズだった。



コイツに筍を入れて冷蔵庫で保存しよう。と。

茹でた筍をコイツに詰めよう。と。

ひとつで足りるかな。と。

ふたつ・・・いや、3つくらいいるんじゃない?

去年は不足に不測を兼ねた事態だったけど、

今年は5つくらいいるかもね・・・!と。



期待に胸を膨らませ、

どんだけ活躍できるかと思えば。
IMG_1550-1
入れるものがない。


一向に動けない野田琺瑯の寂しそうなこと、寂しそうなこと。







あたしと社長は祈った。



日夜、筍山を見つめ、

竹に向かって吠え、

熊出没のニュースをもろともせず、

山に、神に、筍に、

祈った。





結果、生えた。
IMG_1554-1
3本だけ。



注:毎年この時期は一日30本とか掘れるのに、

掘っても掘っても掘り切れず、しょうがないから明日に持ち越しとかしちゃうのに、

大鍋を3つ並べて、一日5回のあく抜きとか平気で余儀なくされるのに、

鍋2つしか並ばないこともおかしければ、

3本とかいう数字も笑えない。







HAHAHAHAHAHAHA。












いや、ぶっちゃけ、マジで笑えないんだけど、

とりあえず、期待の野田琺瑯は日の目を見ることができた。
IMG_1597-1
本当はこれが3つも4つも並ぶハズだったのに・・・!くそう・・・!



いささか無念さが残るけれど、

とりあえず今年最初で最後になるかもしれない筍の常備菜レシピです。







レシピ牛肉と筍のしぐれ煮 @レシピ


【材料】野田琺瑯レクタングル深型M(0.85L)1個分

牛肉(しゃぶしゃぶ用など薄切りのもの)・・・・・200g
筍・・・・・250~300g
生姜・・・・・15g
◎醤油・・・・・大さじ4
◎みりん・・・・・大さじ4
◎酒・・・・・大さじ4
◎砂糖・・・・・大さじ2~3


【作り方】
1:筍は薄切りに、牛肉は細切りに、生姜は千切りにする。
IMG_1606-1
牛肉は薄切りであれば、バラでも小間でもロースでもお好きな部位でどうぞ。


2:鍋に◎印を入れて煮立てる。
IMG_1611-1
お砂糖の量はお好みでどうぞ。


3:筍を入れて2~3分ほど煮る。程よく色が染まってきたら、牛肉を入れ、汁気がなくなるまで煮る。
IMG_1614-1
蓋をせず、汁気を飛ばしながら煮る。



牛肉と筍のしぐれ煮できあがり♡
IMG_1691-1
汁気もなく、しっかり味なので、冷蔵庫で4~5日くらいは大丈夫。





筍は足が早いからね。

あく抜きして、冷蔵庫で4~5日保管したら、

食べきれない分は、濃いめの味付けにして冷蔵庫で保存。
IMG_1680-1
そうすれば、保存期間がちょっと伸びます。




 
食べきれない分を調理する時は、

できるだけシンプルで、アレンジができるような味付けにしておくと、さらにヨシ。
IMG_1677-1
明日の自分に役立ってくれること、請け合い。








この牛肉と筍のしぐれ煮の場合、一番定番の食べ方はこれかな。
IMG_1704-1
ほかほかご飯のっけ。



あったかいご飯にのせるだけで、ご飯がもりもり食べれます。

朝ご飯とかね、これがあるだけで、ものすごい楽。





しっかり味なのでお弁当にもおすすめ。
IMG_1804-1
牛肉と筍のしぐれ煮と卵そぼろのっけ弁当。



この他、筍を細かく刻めば、おにぎりの具としてもイケるし、

ご飯に混ぜれば、混ぜご飯。

調味料をちょっと足せば、炊き込みご飯にもなります。





もちろん、このままご飯のお供としても。
IMG_1697-1
辛いのがお好きな方は七味をかけても美味いし、

マヨネーズと和えてもうんまいです。





定番甘辛醤油味なので、ワリと何と合わせてもイケるんですが、

この他のアレンジイロイロは、また明日とか、明後日あたりに。









そして、野田琺瑯レクタングル深型LLの使い心地ですが、

いいです。

すごくイイ。
IMG_1597-1
容量的には、筍3本くらいなら余裕で入ります。(まぁ、筍のサイズにもよりますけど)



そして、ステンレスのボウルのように、凍らない。

琺瑯は熱伝導が良いと言われているので、凍るかなと思いきや、全然。

2~3日入れっぱなしにしても全然余裕。



あと、スクエア型なので、冷蔵庫にピッタリ収まるのもイイ。



ジップロックの時は水の入れ替えもしにくく、筍も超出しにくかったけど、それもナシ。

形がしっかりしてるので、水の入れ替えもしやすく、出し入れ自由自在。



そして、何より嬉しいのが、水漏れの心配がいらないこと・・・!

今年は、冷蔵庫の水害ゼロです。(ひゃっほう!)








まぁ、うちみたいに筍をアホみたいに食べるご家庭がどんだけあるかって話なんですけど、

とりあえず、野田琺瑯は10%OFF。(~19日まで)

お菓子・パン作りの総合サイトcotta









そんな感じで、たいして食べてもいないのに、今年最後かもしれない筍料理を楽しんでいる我が家。
IMG_1700-1
筍、生えてクレ・・・!
 








ご清聴ありがとうございます。

読んだよー。のしるしに応援クリック1、2、3!

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

応援ありがとうございます。ぺこりぺこり。






生えろ・・・!











\リアルタイムで更新情報が届きます/