新刊発売中です。

美味しいには理由がある! うちごはんのゆる基本 

価格/1,300+税 →こんな本です①。こんな本です②。



IMG_8998-1
ジャージャー麺・もやしと姫皮のナムルサラダ・茹でアスパラ・ワンタンスープ










久しく水まんじゅう粉との日々を綴ってきましたが、

よろっと晩ご飯の画像が溜まってきたので、

今日は久方ぶりの晩ご飯でも。
IMG_9006-1
いつぞやの晩ご飯でジャージャー麺。



相変わらずたけのこ仕事(今は瓶詰め製作が主です)に精を出す日々ですが、

なぜか瓶に詰めたくなるのは穂先ばかりで、

何かと余りがちなのは根本部分。



しかし、根本には根元の良さがあり、

あの食感に勝るものはないので、

そこを存分に生かして。
IMG_9018-1
ひな「たけのこ、カリッカリー!」



さぶろー山「やっぱ、ジャージャー麺には根元だよな。この食感がジャージャー麺の肝。よりいっそう美味しくしてる!」
IMG_9024-1
おかん「餡が絡まって薄汚れた麺も最高!」



ひな「ツヤテカの餡もいいし、添えられたきゅうりのニクイっ!」
IMG_9016-1
さぶろー山「このひやあつ感もたまらんね~!」



ピリっと辛く、ややこってり感の溢れるジャージャー麺には、

さっぱり酸っぱいナムル風のサラダを合わせて。
IMG_9008-1
さぶろー山「お、こっちは姫皮入りか!」



ひな「いいねいいね、もやしと姫皮のコラボレーション!」



おかん「やっぱりたけのこが入ると味がいいよねえ。」



さぶろー山「そらそーだ!だってうちのたけのこはブランドたけのこなんだぜ!」



ひな「え、何のブランドなの?」
IMG_9012-1
さぶろー山「36ブランド。」



ひな「あ、うん、アスパラ美味しいわ。」



おかん「うんうん、この茹で具合がまたいいわね。」



ひな「添えられたマヨネーズもニクい。」



さぶろー山「え、ちょっと待って、ちゃんと聞いて。

うちのたけのこは36筍って言って、それはもう貴重に貴重を重ねた超貴重品の一級品で、世界各国からこの筍を求めて人が流離う究極の一品。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことにつかひけり、山から掘り出しそのまま湯あみさせることから常に鮮度満点。その味は至極最高と評判で、よろっと皇室に献上す」



ひな「スープはワンタンだね!」
IMG_9013-1
おかん「いいね、いいね、このトゥルントゥルン感!」



さぶろー山「お、おう。めっちゃおいっしーな!」











などという会話は。
IMG_9003-1
一切なく。



誰一人言葉を発さぬ中、

葬式状態で食べました。







ご清聴ありがとうございます。

がんば!の応援はこちらをぽちぽちぽちっと。

人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ 

人気ブログランキング
 に参加しています
レシピブログランキング に参加しています
にほんブログ村 に参加しています

ありがとうございます。ぺこりぺこり。






今の我が家は南極以上のブリザード。





\リアルタイムで更新情報が届きます/